2017年08月21日

報告 山形遠征⑤

皆様こんにちは。報告記事本編は④にて完結しておりますが、演奏のお写真をN氏から頂くことができましたので、掲載させていただきます。実はご近所のN氏から山形のお写真、ありがとうございます。

DSCN9782.JPG
DSCN9783.JPG
まだ明るい自分の雰囲気です。

DSCN9785.JPG
DSCN9789.JPG
DSCN9795.JPG
DSCN9810.JPG
DSCN9805.JPG
奮発して買った今回の衣装、なかなかこの景色に馴染んでいて自然の一部になれている気がします。

DSCN9841.JPG
DSCN9851.JPG
徐々に日が傾き、照明に火がともり、周囲にほたる火が輝いてゆきます。そしてサックスの柿崎さんはこんな姿で演奏。

DSCN9881.JPG
DSCN9900.JPG
DSCN9902.JPG
気が付いたらお月様。頭上に輝いてますます力を与えていただきました。

DSCN9907.JPG
DSCN9913.JPG
DSCN9923.JPG
本当に大地と空の力をお借りした演奏になったひと時でした。自然に感謝しています。
26日はこの時学んだものをしっかり出せて行けたらいいなと思っております。小林さんの素晴らしいピアノに自然の力をお借りする僕とオカリナ。そしてあっこさんの素晴らしい打楽器が加わった気持ちの良いステージを、ぜひ多くの方に聴いて頂けたら嬉しいです。

詳しくはこちらをご参照ください。ご予約はCar-Denさんに直接でも結構ですし、主催のガイアトーンにお問合せでもオーケーです。お友達お誘いあわせでぜひどうぞ。

お待ちしております。
posted by えんじろう at 13:49| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

報告 白馬五竜スキー場

皆様こんにちは。今回は白馬での演奏報告となります。

IMG_2639.JPG
前夜の土砂降りがうそのように、この日は青空で始まりました。

IMG_8353.JPG
宿からすぐのスキー場付近で、駐車場に車を止めていると「あっ見つけた!」という声が!

ものすごく驚いたことに、いつも素敵な写真を撮ってくださるH氏が、これまたいつもお手伝いくださる奥様とともに登場!
そういうわけですので、ここからはえんじろうに加えH氏のお写真と同居でお届けいたします。

IMG_20170807_101002.jpg
スキー場なんて行ったこともなかったえんじろうにとっては、ゴンドラも当然生まれて初めて乗るもの。ロープウェイとの違いも判りませんでした。

IMG_20170807_101045.jpg
IMG_20170807_101118.jpg
IMG_20170807_101152.jpg
IMG_20170807_101310.jpg
IMG_3135.JPG
振り向くと分かる「ずいぶん上にまで来たんだなあ」という感覚でした。

IMG_20170807_114746.jpg
IMG_20170807_114753.jpg
さて、こちらが今回演奏させていただく植物園。ゴンドラ到着直後から、リコーダーの音色が聴こえてきました。

IMG_20170807_114726.jpg
IMG_8165.JPG
IMG_4052.JPG
IMG_4051.JPG
白馬の自然の中でギター伴奏に乗せてリコーダーを吹くいがりさんの姿は、とても様になっておられます。
というか今回の写真を見て、僕はいがりさんの足の長さにすさまじく驚いたのでした(失礼しました)

IMG_4107.JPG
IMG_20170807_132933.jpg
植物の知識が全くない自分には、この価値が計り知れないものがあるのですが。

IMG_4072.JPG
IMG_4069.JPG
それでもこうしてトンボさんが穏やかに止まっていられるということは、とても満たされている空間なのではないかなと思いました。

IMG_4054.JPG
霧がかかるいくつもの山々は、やはり威厳のようなものを感じます。しばし景色をどうぞ。

IMG_20170807_114554.jpg
IMG_20170807_114510.jpg
IMG_20170807_114111.jpg
IMG_20170807_114010.jpg
到着していがりさんが一段落したら、僕も早速準備をして吹かせていただきました。

IMG_2648.JPG
続きを読む
posted by えんじろう at 08:32| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

報告 山形遠征④

皆様こんにちは。ほたる火コンサートの夜は、打ち上げでした。

ほっとしたこともあって(いやそれがすべて)本当においしくご馳走を頂けました。前日の振る舞いはある意味(前金)みたいなものを感じ、自分ごときが頂いてよいのかという思いが片隅にあったのですよね。だから終えた後で言ってもらえる(食べていいよ)の言葉には、本当に穏やかな気持ちでごちそうになれました。

そして翌日。

IMG_20170806_092507.jpg
IMG_20170806_092654.jpg
次の演奏場所の白馬に向かうべく、早々に肘折温泉を後にしたのでした。

IMG_20170806_092648.jpg
IMG_20170806_092658.jpg
遠くなってゆく温泉街。ところでどうして「肘折温泉」なんて物騒な名前なのでしょうね。
それも前日に教えていただきました。この温泉で折れた肘が治ったという言い伝えがあってのことだとか。詳しくはこちらをご覧ください。

IMG_20170806_093449_1.jpg
IMG_20170806_093453.jpg
さて、色々教わった山形の地を後にして、次に向かったのは新潟経由での白馬でございます。

IMG_20170806_095733.jpg

IMG_20170809_204144.jpg
そうそう、演奏の後にお土産で頂いたのはさすが山形県。お酒と焼酎のセットでした。家に戻ってからなのですが、すごく久しぶりに少し飲んでしまいました。
原酒だから味も濃くて甘くて、ちびっと飲むだけなら目の痛みも酷くはならずに飲めます。
続きを読む
posted by えんじろう at 09:53| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

報告 山形遠征③

皆様こんにちは。また続きでございます。気持ちを改めて第2部のステージに上がる前に、山の境目に光が目に入りました。

IMG_20170805_190133.jpg
素朴な光を放つのはお月様。ステージの上のオカリナたちが、にこっとしたような気がしました。
僕はお客様にも共演者にも、そして自分にもですが、このオカリナたちにも背中を向けかけていたように思いました。

後半では演歌の熱演があり、それを機に皆様からのご声援も一段と頂けるようになりました。
そしていよいよとなる初挑戦。苦手ではなく「嫌い」なサックスとの共演です。でも前の日に柿崎さんがお話しされていた中に、ほっとするようなうれしいフレーズがありました。会話には付いてゆけずうなづいているのが精一杯でしたが、聞いていてよかったと思う言葉。それが柿崎さんのソロにちゃんと表れているのを感じて、初挑戦となるサックスとの絡みに前向きになれたのでした。
そんなサックスの演奏に小林さんと深瀬さんが影響を受けパワーアップする。これが小林さんたちがやろうとしているものなんだ。僕も何とかそれに応えようと、気持ちだけでなくフレーズも絞り出す・・・(出るものはあったのか?)

IMG_20170805_194225.jpg
この素敵な自然が生きたシチュエーションで、お月様まで登場して最高の環境。行く先々でお天気になってもらえる自分たちは、自然から声援をもらえていると信じています。そんな自然がこんな環境を会場の人々と一緒に作り上げて下さったのだから、感謝するしかない。感謝はこの空気を率先して楽しまなきゃいけない。
絡みましたよ。自分でも信じられないほどに・・・。もちろん音楽界では大したものではないかもしれないけど、僕の中ではできなかったことができたりとたくさん奇跡がありました。

何よりも嫌いだった「サックス」の音を、柿崎さんが出す「サックス」の音に、尊敬しながら吹けたのです(自分ではありえん)楽器の良し悪しも、所詮はそれを吹いていた人の心によるものなのかもしれない。そんな風にも思えたひと時でした。
続きを読む
posted by えんじろう at 08:46| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

報告 山形遠征②

皆様こんにちは。山形でのコンサートの前日。様々な想いに漂いながら、肘折温泉付近の景色を思い出していました。

IMG_20170804_162657.jpg
IMG_20170804_162905.jpg
IMG_20170804_163237.jpg
IMG_20170804_163418.jpg
こちらにはまだ紫陽花が咲き誇っていました。

IMG_20170804_162925.jpg
IMG_20170804_163313.jpg
IMG_20170804_163531.jpg
僕はこの地で、初めてのことに挑戦せねばなりませんでした。きっと音楽家を名乗る人たちなら当たり前のようにできなければならないことのひとつなのでしょう。
今できることだけやっているのなら、自信も持てるし独学でもある程度堂々としていられるかもしれません。でも今回の挑戦では自分の足元の安定感が試されるような・・・。未熟な僕にとっては危険極まりない挑戦なのでした。

それは外のソロ楽器との共演。しかも「サックス」です。実は僕、何を隠そうサックスが嫌いなのです!
続きを読む
posted by えんじろう at 14:20| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

報告 山形遠征①

皆様こんにちは。それでは今回の遠征の主目的であります「四ヵ村棚田 ほたる火コンサート」の報告記事を始めてゆきます。

IMG_20170804_075436.jpg
群馬を出発したときにはとても良いお天気。

IMG_20170804_083540.jpg
また節約モードのコンビニ朝食でいよいよ山形を目指します。今時コンビニにはちゃんと食べるところがあって、お湯から机と椅子まで何でもそろっているんですね。進化ぶりがすごいですが、これまでと同じ労力でそれらを実現するのは本当に大変なことだと思います。
頭が上がります。

IMG_20170804_094303.jpg
IMG_20170804_102001.jpg
IMG_20170804_124642.jpg
いくつも立ち寄りながら休憩し、無理なく向かうように努めました。
でもご覧の通りすっかり曇り空。本番は大丈夫なのだろうかと心配しながら移動を続けていました。

IMG_20170804_132445.jpg
IMG_20170804_132531.jpg
IMG_20170804_132923.jpg
しかし更に進むと、どんどんお天気回復。現地は良いお天気になっていそうです。

IMG_20170804_144434.jpg
IMG_20170804_144027.jpg
最後に立ち寄った目的地付近の「道の駅 尾花沢」はなんかものすごいスイカ押し!まずはテントが・・・。

IMG_20170804_141302.jpg
IMG_20170804_143547.jpg
IMG_20170804_143530.jpg
IMG_20170804_143754.jpg
ここまでやられると、なんかもうこの七夕飾りもスイカカラーを意識しているようにしか見えません。四ヵ村の棚田がある大蔵村まで、あと少し・・・。
続きを読む
posted by えんじろう at 18:59| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

報告 玉村宿

皆様こんにちは。10日も経ってしまいましたが、8月初頭から続いた演奏の報告を順番にさせて頂きます。

まずは浜松の出発から群馬県の道の駅 玉村宿まで・・・。

IMG_20170803_072002.jpg
IMG_20170803_082642.jpg
IMG_20170803_083007.jpg
朝食はサービスエリアで・・・作っておいたおにぎりとおかずでいつもの節約。

IMG_20170803_090050.jpg
朝から曇り空が続いていたので、ちょっと心配していました。

IMG_20170803_095832.jpg
更に進んでゆきますと、ついに到着。

IMG_20170803_121248.jpg
IMG_20170803_121231.jpg
玉村宿に到着すると、既にお天気回復。入り口のとても人通りの多そうな場所に、演奏場所を作らせていただきました。

この初日から、ドラマがありました。
続きを読む
posted by えんじろう at 22:30| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

報告 スカイタウンホール③

皆様こんにちは。1週間を超えて「Fifty-Fifsオカリナコンサート」2公演のフィナーレ記事になります。

IMG_20170716_072022.jpg
コンサート翌日、我々は成田の宿を経ちました。

もう少し余韻に浸りたいような、後ろ髪を引かれる思いがしたのは今回の「Fifty-Fifs オカリナコンサート」が大変納得いく内容にできたと感じたから・・・。
聴いて下さったお客様の喜びのお言葉や空気が、頭に残ってなかなか離れませんでした。

演奏の後スタッフの方々と一緒に過ごしたひとときも「いつまでも終わってほしくない」という気持ちでした。本当に年に1度親戚の子が・・・(ってその話は前回したですね)
その後千葉さんと千葉さんのお兄さんと、4人でゆっくりお話しした時間も、すべて終わってほしくないという気持ちでいっぱいでした。

IMG_20170715_215258.jpg
IMG_20170715_215549.jpg
ホテルに戻っての「ただいまのオカリナ」でございます。

僕は自分のオカリナたちに対する尊敬と愛着を持ちながら吹くことが、たくさんのオカリナ奏者さんがいる中での自分の意味だと思っています。自分の存在を忘れるほどに、幸せと感謝で満たされた時に出てくる音はもう自分の出した音ではありません。オカリナが自分の意志で僕の体を使って歌っているかのようです。僕が「吹くぞー」と思って鳴らす音より数段自然体の美しい音がする。

いつも以上に吹いていてそんな心地が強かったコンサートでした。千葉さんのオカリナとデュエットできて、それを2ステージ延べ350人くらいの人々に生でお届けすることができた。オカリナへの恩返しにもなったと感じる、本当に幸せなひと時でした。
続きを読む
posted by えんじろう at 10:20| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

報告 スカイタウンホール②

皆様こんにちは。前回の続きでございます。

IMG_20170715_074416.jpg
この日は会場のすぐ近くのホテルでしたから移動の遅れなどの心配もなく、快適な朝でした。近くでしっかりと朝食をいただき、会場にまっしぐらです。

IMG_20170715_085553.jpg
心配していたお天気も、きれいな青空で応援してもらえているようでした。
成田駅のすぐ隣、まさに街の真っただ中のホールでございます。

IMG_20170715_085754.jpg
IMG_20170715_085815.jpg
入り口付近を皮切りにいくつかある案内掲示板に、載っていますね。なんかうれしいです。

この日は遠征側の立場ということで、大きな流れは千葉さん中心なので、身を任せる感覚でとても気持ちは楽でした。更に2回目ということもあって、先回気に入ってくださった方にもおいでいただけるのではないかという喜びや安心感も相まって、心が演奏の事だけを考えていられるような気がしました。

この日の写真は自分が撮ったものですが、想像を交えながらお楽しみください。
続きを読む
posted by えんじろう at 09:28| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

報告 スカイタウンホール①

皆様こんにちは。とうとう「Fifty-Fifs オカリナコンサート」が終わってから1週間が過ぎ去ってしまいました。早いような遅いような。あの後リハーサルや片付けや次の演奏の支度などあたふたして、昨日ようやく用事も心も落ち着いたという感じでした。
それでは、そんな2回目の成田公演の報告をさせていただきます。

IMG_20170713_220935.jpg
我々が出発したのは前日の14日。この写真はその前の日に撮りました。荷物を全部準備して、これでオッケーと思った矢先、肝心なこの方々を忘れるところでした。相変わらずの危なっかしさ。オカリナがなければ、えんじろうである意味がないというのに。

IMG_20170714_061749.jpg
IMG_20170714_061419.jpg
この日は千葉さんの所に14時に到着予定。6時過ぎの浜松駅に、荷物の塊が・・・。

IMG_20170714_063746.jpg
今回の旅は「熱海」と「戸塚」と「成田」で乗り換え予定でした。ところがまた、今回も予想を裏切られる珍道中の気配・・・。
続きを読む
posted by えんじろう at 10:01| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

報告 壬生ホール③

皆様こんにちは。今回も「Fifty-Fifs オカリナコンサート」の報告続きでございます。

休憩の後はいよいよFifty-Fifsのステージでございます。

FQCC3140.JPG
とても穏やかな気分でスタートできたのは、きっと本番前の心の精神統一みたいな時間が持てたこと。演奏のことだけに集中することができました。

PYFN8574.JPG
KRIQ0316.JPG
まずは1曲。昨年の僕は、千葉さんのオカリナを多用することでまず「ハーモニーの心地よさ」をテーマにしました。今回僕はあえて千葉さんのオカリナをたくさん持っているのに「ひとつも使わない」という目標で挑んだのです。
メーカーが違っても、ハーモニーは成り立つものなんですという思いをお伝えしたくて・・・。お届けできたかは、皆様のご判断に(笑)

UWJC9199.JPG
YDIF6976.JPG
XFSU0395.JPG
そして僕らの尊敬する方の曲も、演奏させていただきました。

NWUY6641.JPG
DIES9222.JPG
壬生ホールは天然の木材により音響が本当に素晴らしいところ。前の日に千葉さんと急きょ思いついた作戦。「生音での演奏」に挑戦してみました。
当日のリハーサルで試してよかったら・・・ということでやってみたのですが、これがどうも大変ご好評だったようです。

TCUV2230.JPG
ABYW5314.JPG
今回「千葉さんのオカリナは使わない」というルールですが、これは使わせていただきました。おそろいのくまさんですが、これがまた素敵なんですよね。

HIVK1763.JPG
QHNF0961.JPG
千葉さんが「Fifty-Fifsでやってみたい」という意味も込めて作られたという素敵な曲も・・・。

SFDG0601.JPG
りょうこさんはfacebookでの宣言通りに真っ赤なドレスです!

DCVC7460.JPG
GUXF2795.JPG
ありがたいことに「掛け声付きでのアンコール」までいただきました。

FABO4649.JPG
KPAA7829.JPG
HZEN6507.JPG
BHPG9422.JPG
感謝のうちにあっという間の2時間が過ぎて、ホワイエにて皆様をお見送り。
続きを読む
posted by えんじろう at 14:02| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

報告 壬生ホール②

皆様こんにちは。天竜壬生ホールの「Fifty-Fifs オカリナコンサート」報告記事の続きです。

IMG_20170701_130353.jpg
本番前。えんじろうも千葉さんも、控室で待機していました。昨年の反省で僕は演奏者が会場をおろおろしてはいけないということを学び(今頃か?)ました。
そこにはホールの様子が見えるモニターがあり、入ってみえるお客様がどのあたりに座られるかくらいなら見ることができました。

するとなにゆえか中央の仕切りのようになっている所より後ろに座る方ばかり。その図式ができると後から来る方もみんなボーダーラインのように後ろの方だけに座られてゆきます。
うわーちょっと、前の方もお願いしますよと思ったりしていると、勇気ある方が数名で前に・・・。控室から思い切り感謝しちゃいました。そうすると集団心理の不思議ですね。みんな安心したかのように前にも座ってくださいました。

そこからはもう、演奏前のテンション合わせに集中。
演奏直前にこんなにも穏やかに過ごしたことって、実はあまりなかったのです。

TIPE0932.JPG
RTZD4767.JPG
いよいよ本番スタート。

FPDW5091.JPG
まずは1曲、フルメンバーで演奏。そして今回は地元側ということでえんじろう中心でご挨拶させていただきました。

RNGH2664.JPG
あっという間に千葉さんとりょうこさんは退場。ここからはそれぞれのソロ演奏になります。
続きを読む
posted by えんじろう at 07:20| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

報告 壬生ホール①

皆様こんにちは。あの日からもう2週間以上が過ぎました。

先日無事2公演を終えた「Fifty-Fifs オカリナコンサート」は、たくさんの方のお力をお借りしてお客様からのお喜びの声をたくさん頂けるコンサートにできました。

と言うわけで、本当にお待たせいたしました。まずは「Fifty-Fifs オカリナコンサート 浜松公演」のご報告から、連載でお送りいたします。今回もカメラスタッフのH氏のお写真を中心にお届けします。ありがとうございます。

IMG_20170630_135350.jpg
千葉さんが浜松に到着されたのは、前日のお昼過ぎ。無理のない範囲で事務所で最終打合せと音合わせをして、翌日に備えて腹ごしらえ。

IMG_20170630_185612.jpg
浜松以外からお越しになる方には、お勧めしてしまう「さわやか」で、ガッツリ頂きました。

CCBF7003.JPG
そして翌朝・・・。予報では「雨」も出ていたこの日でしたが、晴れパワーが一歩勝り何とか雲を押しのけているせめぎあいの状態でした。
雨さえ降っていなければ、お越しくださる方々も楽になるだろうと、ほっとしていました。

千葉さんと合流して、現地集合のスタッフの皆様とも無事合流。いよいよ支度開始です。
続きを読む
posted by えんじろう at 07:56| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

報告 クリエート浜松

皆様こんにちは。駆け足で日々が過ぎてゆくこの頃、今回は土曜日行ったばかりの(はずの)初の試み「えんじろう オカリナの集い 2017」の報告記事でございます。

IMG_20170613_080612.jpg
梅雨に入ったにもかかわらずお天気に恵まれた当日。事務所にあるサンキャッチャーにはたっぷりな太陽の日差しが入りました。

IMG_20170617_081503.jpg
この日の主役は出演者の皆様。たとえオカリナが同じでも、出演者さんの数だけ演奏が広がるのがオカリナ。加えてオカリナも様々な個体差があるので、この日の演奏はひとつとして同じものにはならない・・・。
だからこの虹みたいにすべての演奏がひとつずつの色をもって奏でられるんだ。そんな風に思うだけで、わくわくしてくる朝でした。

IMG_20170617_103150.jpg
9時には開場に到着していた音心。荷物搬入からスタートです。あらかじめ用意していた小道具も含め、運び終わる頃には、生徒さんが加勢に来てくださいました。こういうのって、うれしいですね。

IMG_20170617_103156.jpg
手作り感いっぱいな看板ですが、あるのとないのでは相当違う・・・はず。

IMG_20170617_124548.jpg
次々と到着した出演者の方々にも手を貸していただき、真っ白なふれあい広場にこの日のカラーが見えてきます。

IMG_20170617_124609.jpg
セッティングを終えて、リハーサルも終えて、間もなくスタートという頃。りょうこさんが設置して下さったタイトル貼り紙の最後に「あなたへ」のCDジャケットを意識したオカリナをセットしたのが僕。

IMG_20170617_124555.jpg
結構これで理想的な姿になりました。お客様も続々といらっしゃり、早くも用意したプログラムが切れてしまう状態です。初回ということで本当に先が見えず、用意した枚数がかなり弱気でした。りょうこさんにコピーに行って頂いたりしつつ、会はスタートです。

この日のスタッフは総合責任者はえんじろう、音響スタッフはえんじろう、司会進行はえんじろう。受付はりょうこ、物販はりょうこ、舞台演出はりょうこ。
という感じになるのでしょうか?とにかくいろいろやりました。特に進行役は得意分野ではないので結構ドキドキでした。主役である出演者さんに気持ちよく吹いてもらえるように、できることはしっかりやりたい。そんな思いで準備しました。

残念ながら、この日の写真はございません。
続きを読む
posted by えんじろう at 22:06| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

報告 カフェ さんぽがてら

皆様こんにちは。今回は木曜日に行って参りました愛知県豊田市の中条さんち「カフェ さんぽがてら」さんでの演奏報告をさせていただきます。

IMG_20170608_080810.jpg
早朝に出発して到着したのは9時前。今回で2回目となる演奏場所なのですが、前回はなんと台風最接近の当日のコンサートになってしまったのです。今回はどうかな?

IMG_20170608_080923.jpg
今回も雨の軽く降る中での移動でした。到着してもまだパラパラしており、お客様が怪我などされずに無事に来ていただけるかちょっと気がかりでした。

IMG_20170608_152235.jpg
でも「カフェ さんぽがてら」さんの玄関横にある美しい紫陽花は、そんな雨の中太陽みたいに輝いているように見えました。

IMG_20170608_095229.jpg
前回同様、手作りの温かい雰囲気の会場で、コンサートの準備を整えてゆきます。
この「カフェ さんぽがてら」さんは、地域に根差したカフェという感じで、この日のお客様のために前日夜遅くにかけて軽食や会場の支度をして下さっていたとのこと。
そういった人には見えない努力の時間というものは、食べ物屋さんでも喫茶店でも我々と同様なのだと感じました。

IMG_20170608_095312.jpg
IMG_20170608_095322.jpg
こんなところ写真撮るなと言われそうですが、今回で2回目になるこの場所は、音の響きの違うフローリングと和室が隣接する特別な空間です。ここに均等に良い感じに音を伝えるために、昨年学習したことを生かす工夫を実行しました。

会場やお客様を人のぬくもりや温かさでつなげられるのが、相方りょうこさんのすごいところ。僕はその演奏会場をよく把握して温かく優しくナチュラルな空間にするための音作りを考える。音心の役割分担の最近の構図です。

いよいよ本番がやって参りました。
続きを読む
posted by えんじろう at 14:38| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする