2017年07月20日

守り神がやってきた

夜中にブログ更新したのは、ちょっとうれしいことがあったから・・・。お風呂の支度をしようとしたとき、思いがけないお客様に出会いました。

IMG_20170720_231847.jpg
IMG_20170720_231905.jpg
浴槽から出られずにくるくる隅を循環していました。手を近づけると尻尾切りの準備なのか?まさか喜びの表現ではないと思うのですが、尻尾をふりふりしていました。

これは井守?家守?
判らずに調べたりしていたら、家守と判明。なんだかとても幸せな気持ちになってきました。

IMG_20170720_233510.jpg
手の上にのせても慌てもせずにじっとしているので、ちょっと疲れてしまったのか心配になってきました。我が家は蚊をやっつけるスプレーを使ったばかりなので、浴びると死んでしまうかもしれません。

IMG_20170720_233517.jpg
というわけで、慎重に廊下を急いで家の外の壁際に連れてゆきました。
急に元気が出て自分からひょこっと飛び降りて、あっという間にどこか判らなくなりました。そして一句・・・。

この家を、いいねと君が、言ったから
7月20日は、家守記念日。

すみません、盗作ですね。失礼しました・・・。
posted by えんじろう at 23:52| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

宗次郎さんの生音

報告したいことがたくさんあります。えんじろうは土曜日、りょうこさんと共に神奈川県藤沢市に行って参りました。

IMG_20170708_074909.jpg
IMG_20170708_074459.jpg
目的はこちら。あのオカリナ奏者宗次郎さんのコンサートでございます。

先日千葉さんから教えていただき、大急ぎで購入したのです。なんと宗次郎さんの生音でのコンサートということで、かなりの期待をもって購入しました。

IMG_20170708_121124.jpg
最近ずっと2食の生活を続けているえんじろうですが、この日はちょっと贅沢にお昼なんぞを頂いちゃいました。
実は朝から鈍行乗り継ぎだったため、ちょっと疲れていたのもありました(何やってんだか?)

IMG_20170708_134029.jpg
IMG_20170708_134045.jpg
藤沢駅から歩いて15分ほど。会場の藤沢市民文化会館に到着しました。

IMG_20170708_135013.jpg
ここでFifty-Fifs集合(笑)千葉さんと合流して、いよいよコンサート会場へ。

でも僕が手に入れたチケットは、本当に後ろの後ろで横っちょでした。千葉さんはかなりの前のお席ということで、これは好機と、後で聴こえ方を意見交換することになりました。こういうのはうれしいですね。
続きを読む
posted by えんじろう at 10:42| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

本日七夕様

皆様本日は7月7日。えんじろうは毎年恒例の簡易七夕祭をやっています(短冊書いてつるしているだけ)

IMG_20170707_083558.jpg
ささやかな喜び。毎年繰り返していると、この地に移動してもまた元気に過ごさせてもらえていることが幸せに感じます。ああまたこの時期を音楽活動しながら迎えられるんだなあって。
毎年活動の継続と繁栄を願っている、その願いを受け止めて下さっているんだなあって・・・。

IMG_20170707_083029.jpg
今年は色付きの紙を用意して、例のごとく3つ願い事を書きました。

IMG_20170705_193859.jpg
これは一昨日撮ったお月様ですが、今夜は十三夜。お天気は良いので空とつながることができるかなあと・・・。
なあんて、本当はいつだってつながっているのですよね。我々が忘れやすい、気付きにくいだけなんだと思うんです。

IMG_20170707_083102.jpg
早速、良いことがありました。この「感動」の文字が上手に書けました。
最初に書こうとしたら墨が薄く、初めて筆ペンのインク交換に挑戦しました。インクが入っている部分の取り方がさっぱりわからなかったのですが、それをできた時には感動でした。
筆の先が汚れていたらしく、押し出した墨が予想外な広がり方をしたので水洗いをしたら元通り。

普通は「そんなのあたりまえだろ」というところにこそ、感動の元が隠れている。それが自論です。
これからも納得のいく生き方が続けられますように・・・。

ヒヨドリさんが
「♪ピヨ、チョッコ、ピッ」
歌う今に感謝です。
ラベル:七夕 短冊 感動 感謝
posted by えんじろう at 10:06| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

記念CD受付開始!

皆様こんにちは。先日は「Fifty-Fifs オカリナコンサート 浜松公演」にお越しいただきまして、本当にありがとうございました。

IMG_20170703_085343.jpg
お陰様を持ちまして、まずは浜松公演ご好評の元に無事終了させていただきました。感謝いたします。

そして、会場にてお知らせさせていただいたのですが、今回の壬生ホールでのコンサートの様子を抜粋して収めましたCD「Fifty-Fifs 壬生公演記念ディスク」を制作いたします。
会場にて予約受付させていただきましたが、更にこちらからもご注文いただけるようにいたしました。本番をお聴きくださった方はもちろんですが、当日来ることができなかった方にも、その雰囲気だけでも感じていただければ幸いです。

「Fifty-Fifs 壬生公演記念ディスク」
収録曲:オリジナル計5曲+トーク
価格:1500円(送料込み)
受付〆切:7月31日まで
お届時期:8月中にお届け
ご予約先:Fifty-Fifs 実行委員会 遠藤
電話:090-4196-1430
メール:info_gaiatone@yahoo.co.jp

あの日の雰囲気をもう一度・・・。またはお友達へのお誘いなど(笑)
トークも含めてコンサートの内容をコンパクトにまとめたようなCDになっております。思っていたよりも生の空気感を感じられそうな音で収録できておりましたので、ぜひ楽しみになさってください。
ご予約・お問合せは7月いっぱいとなります。

そして成田公演も、記念ディスクがございます。ほぼ同じ内容ですが、会場の雰囲気や音の違いなど、お楽しみいただけます。詳細につきましては千葉さんのブログをご覧下さい。
posted by えんじろう at 09:16| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

ミニトマトが語る命

春の出来事だったでしょうか?音心を応援して下さる方が、ガイアトーン事務所の庭の一角に菜園をセッティングしてくださいました。

IMG_20170610_192330.jpg
今回はそんなガイアトーン菜園から、こんなに素敵な命の源に出会えたお話です。これをいただくと、背中に電気のようなものが走って、体が心から興奮して喜んでいるのが感じ取れます。命をいただく時にも、本当はいつもこんなふうに感動と感謝をする方が感謝にもなるし、体にとっても大切なのかもしれないって思いました。

今度の「Fifty-Fifs オカリナコンサート」のソロ演奏の際には、こんなことを思いながら吹きたいなと考えています。では続きをどうぞ・・・。
続きを読む
posted by えんじろう at 19:50| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

紫陽花便り 2017

今年も間もなく6月が終わろうとしています。あちこちで見受けられた紫陽花の花は、今年もなかなかの長持ち。割と優しい梅雨に、美しい色をたたえています。特に今年は鮮やかさが生えているように思います。
そんな紫陽花の写真、たくさん撮りました。写真に挑戦できている喜びに感謝しながら、お届けします。

IMG_20170517_115036.jpg
IMG_20170517_115011.jpg
IMG_20170524_114112.jpg
若かりし蕾の頃の紫陽花から・・・。今年は演奏の中でもお話ししましたが、咲き誇る前の紫陽花を見つけられたのがとても幸せでした。
これからどんな風に咲こうか?そんな気持ちでいるのかな?とてもわくわくする気持ちになりました。

それては、5月半ばからの僕の身の回りで出会うことのできた紫陽花たちの姿、お届けします。続きをどうぞ・・・。
続きを読む
ラベル:紫陽花 季節
posted by えんじろう at 11:43| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

鳥心

おしゃべりな雀が、ガイアトーンのお庭にやってきました・・・。

IMG_3712.JPG
IMG_3715.JPG
あら、今日はまだだれも来てないのかしら。

IMG_3760.JPG
あーら奥様こんにちは。今度天竜二俣の壬生ホールってところで、コンサートがあるそうざますよ。

IMG_3814.JPG
まあ楽しそう、私も混ぜて下さらない。
えーえーどうぞ。

IMG_3818.JPG
何でもオカリナっていう土の笛を吹く人が二人もそろってハーモニーを聴かせて下さるそうですよ。
そうはいってもね。私たちの歌声の方が綺麗に決まってますわ。
そうですわよね。・・・でもちょっと、気になるわね。

IMG_3785.JPG
それならこっそり私たちものぞきに行ってみない?
・・・いいけど、まだ前売券も間に合うという話だけど、私たちチケットもってないわよ。
私たちはいいのよ、鳥だから・・・(笑)

IMG_3718.JPG
そろりそろり・・・。
ふーん、そんなコンサートがあるんだ。ちょっと行ってみようかな?

・・・何々、詳しくはこちらだって。

20170701 flier 表.jpg

ご予約、お待ちしております。
posted by えんじろう at 17:45| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

アマリリス

数日前に梅雨入りしたといわれていますが、良い天気が続いています。

IMG_20170609_181019.jpg
花火にも見えるような、何かに手を伸ばしているような雲。

IMG_20170609_170318.jpg
負けじと道端の花も手を伸ばしています。

IMG_20170605_075847.jpg
5日にはまだこんな感じだった我が家のアマリリス。越して来たときにはその存在感に圧倒されました。

IMG_20170606_114942.jpg
IMG_20170606_132810.jpg
何せ普段はとても小さい花たちに思いを寄せていることが多いので、この規模はやっぱりすごい迫力。ドクダミと平然と共存している様子もなんか気持ちよい。

IMG_20170608_190903.jpg
見る見るうちに、こんなに大量の花を咲かせていました。これから梅雨になると、こういう植物の勢いはますますすごいことになるのでしょうね。

「調べはアマリリス」という歌、ありましたね。イメージだととてもかわいらしいもうちょっと小さいイメージでした。
そんなアマリリスの勢いを見習って、僕も頑張らなくては・・・。
ラベル:アマリリス
posted by えんじろう at 22:00| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

月の光と心

昨夜は満月。蜂が巣を作りにくいように、毎日雨戸の開け閉めをしているのですが、この日はお月様が出る方向の雨戸を開けてみました。

IMG_20170610_010150.jpg
まばゆいばかりのお月さま。カーテンの輪郭まではっきりわかる。

IMG_20170610_005452.jpg
お月様は太陽の光を反射するだけ。いいえ、違います。
太陽の光をアレンジして届けてくれているんです。太陽のまぶしくて見られない一面を、そっと見せてくれているんです。

見えない部分にこそ「本当」があるような・・・そんな気がする。そして自分が何言ってるんだか、判らない(笑)
posted by えんじろう at 21:58| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

Fifty-Fifs オンライン予約

いよいよ来月に迫りました「Fifty-Fifs オカリナコンサート」ですが、今さら素敵なことに気が付きました。

なんと会場である天竜壬生ホールのホームページにて、オンラインでのご予約をすることが可能なようです。ご予約には浜松市文化振興財団への登録が必要なようですが、一度登録すれば以降財団関連のイベントはここからクレジットなどを使ってのお支払いが可能なようです。チケットは決済後に郵送で送られてくるようです。

壬生ホールの経営が財団に移り、その辺のことを知らなかったとはいえ、お恥ずかしいことです。ぜひこちらのページをご覧になってみて下さい。
チケットのご購入は、この他アクトシティの地下にございますチケットセンターでも承っております。センターのホームページはこちらです。

20170701 flier 表.jpg

皆様のご来場、お待ちしております。コンサートの詳細はこちらをご覧ください。
posted by えんじろう at 04:32| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

F-Fコンサートに向け④

千葉さん来訪の記事もようやく終結の時がやってきました。さて、前回の続きからでございます。

おいしい夕飯とゆったりとした夜のだんらんをして過ごした翌朝・・・。というかその深夜は、なんと嵐のような風と雨がガイアトーン事務所を襲っていたのです。

朝起きてりょうこさんから僕らにその話が告げられ、我々はちんぷんかんぷん・・・。
布団に入って即行で眠ってしまっていたようです。嵐どころか雨が降っていたことすらあまりわかっていませんでした。

IMG_1624.JPG
前日の課題もしっかり生かして、この日の午前中も充実した音合わせができました。本当に本番皆様に聴いていただけることが楽しみ。そんなことを話しながら、合わせをしているとあっという間に千葉さんの帰らなければならない時刻が迫ってきました。
お昼をなんと「さわやか」でいただき、そのまま千葉さんをお見送り・・・。次にお会いするのは本番前日でございます。


今回は締めくくりということで、昨年の「Fifty-Fifs オカリナコンサート」からの抜粋プロモーション動画をお知らせして、終了させていただこうと思います。

今年の「Fifty-Fifs オカリナコンサート」は7月1日と15日でございます。詳細はこちらをご覧ください。1日の壬生ホールのチケットは僕への連絡でも構いませんし、演奏会場とアクトのチケットセンターでも取り扱っております。どうぞお気軽にお問い合わせください。

会場で皆様に本当のオカリナの癒しのハーモニーをお届けできることを、楽しみにしております。
posted by えんじろう at 00:45| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

F-Fコンサートに向け③

千葉さんの来訪記、その夜は・・・。

たっぷり音合わせをして、その夜はおいしい夕飯をご一緒しました。

IMG_20170601_180652.jpg
IMG_20170601_180833.jpg
IMG_20170601_180839.jpg
それぞれりょうこさん、千葉さん、そして僕の夕飯です。オカリナをたくさん吹いて、やっぱりお腹が減っていました。みんなしっかりいただきました。

事務所に戻って音合わせの録音を確認したら、ちょっとリラックスタイム。尽きない話題に花が咲いたり、僕が以前携わらせていただいた「撲滅!」というCDを一緒に聴いて爆笑したり・・・。
自然な雰囲気の千葉さんと楽しいひと時を過ごさせていただきました。そんな中、ひとつの話題が・・・。

面と向かってハーモニーを奏でていると、ふたりで音を出したにも関わらず、もうひとつの音が聴こえてくる・・・。第三の音。それをとてもしっくりくる表現で我々の間では「例のおじさん」と呼ぶようになっていました。
ちょうど聴こえてくる音の高さが、おじさんがハミングでもしているかのような音程なのです(笑)

そしてこの音、録音には一切入ってこないんですよね。うーんこれは何とも奇怪な・・・。ふたつの音の波が重なることで感じられる新たな周期・・・。なんかそんな具合なのではないかってあれこれ話題が尽きませんでした。

あっという間に夜も更けて、翌日に備えてお開きとなったのでした・・・。ところでこの日の夜は、嵐のような雨風が吹いていたのですが、続きはまた・・・。

20170701 flier 表.jpg

皆様のご予約、お待ちしております。詳しくはこちらからどうぞ。どうぞ記事の拡散に、皆様のお力をお貸しくださいませ。
posted by えんじろう at 11:08| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

F-Fコンサートに向け②

さて、来月に迫りました「Fifty-Fifs オカリナコンサート」についての記事でございます。先日1日にはるばる千葉県からオカリナ奏者 千葉 稔さんがご来訪くださいました。

千葉さんは旅も疲れも見せず、まずガイアトーン事務所に着いたらこんなことを・・・

IMG_20170601_101004.jpg
IMG_20170601_101023.jpg
りょうこさんの指導の下、なぜかパンの整形作業。さすがはオカリナ作家さん。物作りに対してうずうずしてしまうのでしょうか?とても楽しそうな雰囲気でした。

IMG_20170601_105003.jpg
どれが千葉さん制作のオカリナ(あっいやパン)でしょうか?

IMG_20170601_112208.jpg
おいしいパンになりました。これをお昼に頂いたら、早速打合せと音合わせ。

IMG_20170602_075229.jpg
IMG_20170602_075249.jpg
千葉さんのオカリナケースはまさに「宝箱」です。千葉さんのオカリナと良いハーモニーになるオカリナを選び、僕も音をつむいでゆきます。

とっても良い感じ。4月に千葉県に訪問した時よりも更に一体感が増しています。
お互いが自然体に演奏してぴったりハモリが成立する・・・。これは本当に奇跡的なことです。そしてそれぞれが相手のオリジナル曲を演奏するときにも、それを自分の曲だと思って演奏している感覚なのも、Fifty-Fifsならではの特徴なのではないかと思います。
それは互いの曲を本当によく聞いて、そしてまず大好きになってから演奏しているからなのではないでしょうか?そんなときにだけ現れるオカリナの心のハーモニーを、その感動をぜひ一緒に感じていただきたい。僕らはオカリナに対する感謝と共に、そんな思いでいっぱいです。

20170701 flier 表.jpg

コンサートの詳細はこちらです。生で耳にしていただければ、ご納得いただける音に仕上がっていると思っています。ぜひご予約・お問合せお待ちしております。

次回はその日の夜のお話・・・。お楽しみに。
posted by えんじろう at 10:22| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

F-Fコンサートに向け①

こんばんは。いよいよ7月1日の壬生ホール「Fifty-Fifs オカリナコンサート」まで残りひと月を切りました。本日会場周辺地域に向けて、新聞折り込みチラシを配布していただきました。市や音楽団体のご後援をいただいているので、各文化施設でこのフライヤーをご覧になった方もおられるのではないでしょうか?

でも実はまだ皆様様子見の感じなのか?非常にご予約が少ない状況です。

20170701 flier 表.jpg

本当に聴いて下されば「来てよかった」と思っていただける自信はございます。どうか初めての方も、癒しと温かい空気をお求めな方は是非お友達をお誘いの上、おいで下さい。
穏やかな気持ちでお帰り頂けるコンサートにいたします!詳細はこちらをご覧ください。

これから連載記事書いてゆきます。今はとにかくたくさんの方に、Fifty-Fifsのコンサートがあることを知っていただかねばなりません。どうかこの記事にご興味をお持ちになった方、拡散にご協力願えますと嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。
posted by えんじろう at 22:33| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

くたくた

非常にお恥ずかしいお話ですが、今日はもう朝からずっとくたくた・・・。会場にいらっしゃった方ならお分かりかもしれない「あの曲」をやって、本当に魂を持っていかれるような感覚になりました。精魂使うというのは、こういうことを言うのかなって・・・。

IMG_20170529_102302.jpg
IMG_20170529_102243.jpg
そんな中、美しい色合いで心を和ませてくれている、小さな花とその命。
この「姫松葉牡丹」という花は、地面を這いながらまずまずの勢いで広がってゆきました。面白いのが午前のひとときに一斉に花を広げ、結構短い時間で何事もなかったように閉じています。

この花の周期が、まるでコンサートと同じに思えます。僕も音心も、所詮は人間生き物の一部。魂を込められるひと時に生きる生き方ができるなんて、本当に幸せなことだと思うんです。

IMG_20170529_102057.jpg
こちらのニワゼキショウは日が当たればわさわさと花を広げる意外と現実派タイプ。

IMG_20170527_093318.jpg
昨年以来久しぶりのキキョウソウは、ずーっと花が開いているから、とってきて室内に飾ったりもできます。ずっと開き続けるなんて、どんな信念を持っているのでしょうね。

植物にもいろんな生き方がありますね。あれこれ思った昨日の演奏でしたが、またひとつ自分の生き方や信念に思うところがあったひと時でした。
報告記事は、また後程・・・。
posted by えんじろう at 14:12| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする