2017年09月12日

行き止まりの謎解けた!

用事で実家に帰っていたえんじろうでございます。

今日はその実家の父と色々と出回ったりしていたのですが、父は全盲です。もちろん白杖を持って移動しています。僕は弱視です。当然のように白杖を持って、全盲の父を誘導しています。
盲学校のころには当然の光景ですが、これを一般の人が見たら結構滑稽なことになるのでしょうね。白杖持った人が白杖持った人を手引きしてうろついている・・・。もしかしたらちょっと距離を開けたくなるかも。

IMG_20170912_124812.jpg
そんな父と、電気屋さんを目指して移動していたのです。
駐車場を避けて分かりやすく点字ブロックの誘導に従って歩いてゆくと、なんとこのブロック壁に向かって最後に途切れているんです。そこに入り口はありません。
「なんだよー、これじゃあ壁に誘導してぶつかれって言っているようなものじゃないか?」

でもそこに何やら貼り紙が・・・。

IMG_20170912_124721.jpg
そして父はそこに書かれている点字を読上げました。
どうもその上にあるインターホンを使って定員さんを呼び出したら、案内してくれますよっていうことが書かれていたようでした。そういうことだったのか・・・。

僕は以前にも別のお店でこの誘導をしているブロックを見て、注意書きを見つけることもないままこれはどういうことだって思ったことがあったのです。
今度行くことがあったら、もう一度インターホンや注意書きがあるか確認してみます。

障害者でも自分たちのためにある工夫の数々を知らないまま生活している場面ってたくさんあると思います。良いデザインや決まりごとがあったら、それを共有して広げてゆかないと、その恩恵をしっかりと受けることができないから・・・。

僕ももっと知らないとなあって思った、昼間のひと時でした。
posted by えんじろう at 22:01| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

最近の記事