2017年08月14日

報告 山形遠征①

皆様こんにちは。それでは今回の遠征の主目的であります「四ヵ村棚田 ほたる火コンサート」の報告記事を始めてゆきます。

IMG_20170804_075436.jpg
群馬を出発したときにはとても良いお天気。

IMG_20170804_083540.jpg
また節約モードのコンビニ朝食でいよいよ山形を目指します。今時コンビニにはちゃんと食べるところがあって、お湯から机と椅子まで何でもそろっているんですね。進化ぶりがすごいですが、これまでと同じ労力でそれらを実現するのは本当に大変なことだと思います。
頭が上がります。

IMG_20170804_094303.jpg
IMG_20170804_102001.jpg
IMG_20170804_124642.jpg
いくつも立ち寄りながら休憩し、無理なく向かうように努めました。
でもご覧の通りすっかり曇り空。本番は大丈夫なのだろうかと心配しながら移動を続けていました。

IMG_20170804_132445.jpg
IMG_20170804_132531.jpg
IMG_20170804_132923.jpg
しかし更に進むと、どんどんお天気回復。現地は良いお天気になっていそうです。

IMG_20170804_144434.jpg
IMG_20170804_144027.jpg
最後に立ち寄った目的地付近の「道の駅 尾花沢」はなんかものすごいスイカ押し!まずはテントが・・・。

IMG_20170804_141302.jpg
IMG_20170804_143547.jpg
IMG_20170804_143530.jpg
IMG_20170804_143754.jpg
ここまでやられると、なんかもうこの七夕飾りもスイカカラーを意識しているようにしか見えません。四ヵ村の棚田がある大蔵村まで、あと少し・・・。
優しい気持ちにさせてもらえる景色にしばし癒されながら、あと少しの移動です。

IMG_20170804_150728.jpg
IMG_20170804_150917.jpg
IMG_20170804_151310.jpg
とそこに突如として険しい景色が乱入してきました。

IMG_20170804_151124.jpg
IMG_20170804_151131.jpg
IMG_20170804_151429.jpg
地層のようになっているこのすごい景色の正体は、翌日会場にて教えて頂くことになりました。
そしてこれは今から考えると、遠出演奏に少し浮かれている僕への山形の「山の神」様のある意味洗礼だったように思えてならないのでした。

IMG_20170804_153104.jpg
IMG_20170804_153139.jpg
IMG_20170804_161155.jpg
一挙に下るループ橋のようなところを降りると、ついに現れました肘折温泉街・・・。

IMG_20170804_161333.jpg
IMG_20170804_161346.jpg
趣のある郵便局の建物にも、お祭りの案内がしっかり掲示されています。そこに自分の写真があることが、他人事のように見えてなりません。
そういう気持ちでいるものだから、穏やかな水の音もヒグラシの声も、涼やかで温かく出迎えてもらっているような感覚でした。

IMG_20170804_161716.jpg
IMG_20170804_161724_1.jpg
IMG_20170804_161726.jpg
IMG_20170804_161731.jpg
ちょうちょが飲みにやってくるほど、ここの水はおいしいということなのでしょうか?
こんな美しい姿を僕の目に見せてもらえたことに、本当に感謝できました。

この日の夜、泊めて頂いた宿で合流した小林さんと宿の主さんりょうこさんと、お食事をいただきました。

地元の本当においしいものを目の前に、目の前で話の花が色とりどりに咲き乱れています。そう、僕はそれを少し離れた場所で見ている感じ・・・。
そう、このブログでは感じたことや学んだことは「包み」はするけど「隠さず」に記してゆきたいと思っているのです。そして本当に幸せに満たされるはずのこの食事と空気感が、僕には重い重い「演奏に対する期待感」として感じられるようになってきたのです。

それは良いことなのでしょうか?悪いことなのでしょうか?続きはまた次回・・・。
posted by えんじろう at 18:59| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

最近の記事