2017年07月06日

無駄なことが多すぎる自分

色々なことをしていて最近思うことがある。
「えんじろうはものすごく無駄が多い男である!」と・・・。

世の中をできる人とできない人に二分するならば、間違いなく後者に当たるのが自分であると断言できる。
気が付くと苦労した分だけ得られるはずの「達成感」を求めてしまっているのだと思う。達成感はある。でもそれは人から評価されない位置にあることも多いのです。

でも無駄なことをすることが悪いとも思っていないからたちが悪い(笑)
多分これからもあとからそう思うことはたくさんあるのだろう?でも(特に自分で)それに気が付いた時には、なるべく自分から軌道修正を考えるようにしようかなって、そんなことを思うひと時であります。

外ではカラスたちが笑っています。こんなに効率の悪い人間でも、生きていられることに感謝です。
そんな僕でも唯一皆様に喜んでいただけるチャンスが、演奏の場。だから15日も精いっぱい心を込めて演奏させていただきます。
posted by えんじろう at 17:20| Comment(2) | Real Time | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えんじろうさんは「出来る人」だと思います。
だってオカリナの虜としてちゃんと生活できてるじゃないですか。会社に属してれば給料が自動的に支給されるのと違って、自分で仕事を作って稼いでやりがいも得られてるってすごいことだと思います。
上にはもっと上がいて、下にはもっと下もいて、基準が違えば上下もひっくり返り、人の事を気にすればするほど疲れる世の中だなあと思います。

人からの評価を得るって難しいことだなと私も悩んでいます。
世間体的に美徳とされること、イコール自分の目指すことだったら普通に生きてるだけで評価されまくりなのに、私の場合、そことはちょっとずれた位置に自分にとって心地よい生活があるので生きてるだけで見下される事が多く、モヤモヤします。
もてはやされてる人が羨ましいですが、評価だけを求めてやりたくもない事をやるのは違うかなと思うので、自己満足の気持ちをもう少し大切にしていきたいです。
Posted by もも at 2017年07月07日 15:03
ももさん すごいなぁと思いながら読ませていただきました。

そうですね。特に「自己満足を大切に」と言うのは、大事な部分でもあるのですよね。
自分のしていることの要領の悪さにきっいてしまうと来、愕然となることがあるんです。でもその手段しか選べなかったのが当時の自分なんだし、今なら更に良い方法を考えつくと言うことに喜んで感謝すれば良いんですよね。

つい欲張っちゃいますね。姿勢を正していただけた感じでしょうか。また一歩一歩の気分でがんばります。
Posted by えんじろう at 2017年07月08日 10:15
コメントを書く
コチラをクリックしてください

最近の記事