2016年11月01日

11月です

あっという間に11月。今年も残すところ後2か月となりましたね。

11月になるやたちまち冬を感じる寒さがやってきた気がしています。
ついこの間までは半袖で暑い暑いと言っていたのに・・・。今では毎晩雨戸を閉めて少しでも冷えないようにという形。布団もタオルケットからあっという間に毛布の登場へと歩みが進んでいます。
庭の草木たちも、成長スピードが一挙に落ちて、お手入れ不要な季節になってきているのを実感します。そんな中、実りの秋を思わせる美しい実が。

20161030_122300_HDR.jpg

20161030_122158_HDR.jpg

見事においしそうな実を付けた植物が庭にいました。でもこれ、調べてみると毒草だそうで、ヨウシュヤマゴボウというのだそうです。
なんと根も茎も葉ももちろん実も、みーんな毒があるのだそうです。実なんかつぶれて汁を被るとかぶれるのだそうです。

20161030_122139_HDR.jpg

というわけで、先日除去しようとしたのですね。一見除去したように見えるのですが、根がとれていません。信じられないほど深くしっかりと根を張っているらしく、周りを掘り返しても行き着く気配もなくびくともしませんでした。
結局釜で切ることに・・・。

20161030_122115_HDR.jpg

20161030_122053_HDR.jpg

切った後の姿もこんなんですよ。まるで爆弾処理で赤い線か青い線かって気分がする真っ赤な茎です。いかにも割るそうです。

ただとる時にふとよぎりました。風の谷のナウシカのワンシーン・・・。
猛毒の植物たちで覆われる腐海は、実は人間が戦争で汚した土を浄化するために、その身に毒を覆ったのだという話。正常な空気と水では毒を出さないと・・・。
このヨウシュヤマゴボウがここら辺の毒成分を一手に引き受けて吸い上げてくれたのではないだろうか?とか考えてみたり。

どちらにせよ、根が残っている以上はまた生えてくる可能性は高いようです。見張っておかなくちゃ。
で、何の話でしたっけ?今日から11月って話でしたね。皆様どうぞ、寒くなりますので体調にご用心ください。
ラベル:季節 自然
posted by えんじろう at 22:45| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

報告 プレンティアの森

皆様こんにちは。11月に入って涼しくなったり暖かさが戻ったり。今はどんな温度変化でも臨機応変に対応できる格好が重要ですね。

IMG_3407.jpg

さて、我々音心は先日、森の中でのコンサートをして参りました。えんじろうが作曲者として携わらせていただきましたプレンティアの森 テーマソング「Power to the forest」を携えて、プレンティアの森のメンバーが集まるイベント活動でランチブレイクタイムにて演奏させていただきました。

IMG_3409.jpg

この日は1日がかりのお仕事。電源なしでの最小装備にて8:30には集合し、楽器は別便で移動。我々はひと足先に森に移動し山道を歩いてゆきます。
人の踏み入れている場所とそうでない場所。そんな違いを拝見しながら、山道を会場まで移動してゆきます。

IMG_3410.jpg

プレンティアの森の方々は、林業で人の手によって家畜化した末に放置されてしまった森を、森本来の自活できる自然な姿に戻すお手伝いをしている人たちでございます。
日の光が届かないほど林業の木ばかりになってしまった森は、土がやせ雨水を止めおくこともできなくなり、虫も寄り付かなくなる環境になってしまうのだそうです。
そんな森に再び人が入り、木々を間引きしてそれを材料に小さな枠組みを作り、葉などをかぶせて水がとどまれる環境を作るそうです。

IMG_3401.jpg

やがてそこから微生物が肥えた土を作ってくれて、虫や動物たちが住めるようになって森の生態系が復活してくる。
間引きされた木々の間からは火の光が差し込むようになり、森は土を中心にずっしりと活性化してゆく。

すると、その森から食べ物などの財産が頂けるようになり、昔の里山のような人と森が程よく共生する関係を取り戻すことができる。
そんな森は子供たちにとっても最高の自然体験施設となり、心が豊かな人々が増える・・・。

そんな構想の下で活動していらっしゃるのがプレンティアの森の方々です(もしも誤解がございましたら訂正宜しくです)
続きを読む
posted by えんじろう at 21:35| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

報告 豊田市福祉施設

皆様こんにちは。先日の浜北の森での演奏翌日の音心は、愛知県の豊田市にございます福祉施設に訪問しておりました。
施設主催のイベントにて、メインゲストとしてステージの部の締めを担当させていただきました。

IMG_3420.jpg

昨年もお邪魔した場所でしたが、今年はステージの方向を変更しての演奏。カラフルに飾られたステージですが、結構上品な色遣いで長く見ていても暖かな鮮やかさという感じで素敵です。

IMG_3418.jpg

物販ブースも作らせていただき、地元のお客様もお見えになるとプレミアムショータイムのスタート。
まずはヴィオリラとフルートの演奏。僕は実際にヴィオリラを拝見するのが初めてでした。大正琴を改良された楽器ですが、おはしで叩く奏法があることに驚きました。
続いてマジックショー。プレミアムだけあって様々な楽しみが飛び出してきます。

IMG_3421.jpg

そして最後が我々音心。この日も少々涼しい空気でしたが、日差しはとても暖かいもの。オカリナは袋越しに日向ぼっこさせて、自然に温めるように努めました。
続きを読む
posted by えんじろう at 11:18| Comment(2) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

僕の音楽活動

IMG_3422.jpg

IMG_3423.jpg

四季桜と言うそうです。

IMG_3427.jpg

演奏の後は時間があったので、帰り道にあったりょうこさんがお気に入りの公園でひと休み。大きな池がありお散歩の人もたくさん。夕焼けに照らされる公園は、不思議な空間でした。

IMG_3430.jpg

IMG_3431.jpg

たくさんの水鳥さんたちが夕日に染まってすごい色してます。・・・と思った写真ですが、後から帰ってパソコンで見てみると、なんと中央にカメさんが陣取っていた。しかも夕日に黄昏ていてたまらん雰囲気を出してます。もしかして五七五とか作っているのかも。

IMG_3437.jpg

鴨の羽の一部、とても美しいグリーンで輝いていました。

ではまだまだある写真と共に、今回は僕が音楽と生きている理由についても、考えてみたりしていきます。多分僕がオカリナと奏でる音色の根源のお話なんだと思ってます。・・・そして今回発売する「九十九神」こそ、その象徴的なCDなのだと確信してます。
続きを読む
posted by えんじろう at 07:59| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

九十九神 Newアルバム

すっかり毎日が寒くなりました。ストーブにしがみつく季節ですね。庭の植物たちもすっかりおとなしくなり、虫たちの気配も薄くなりました。
ここにいると「身を潜める季節」なんだなというのがとても自然に判ります。

ですが芸術の秋、まだまだ終わってはいませんよ。いよいよ残すところ10日を切った、えんじろうのニューアルバム「九十九神」の発売日が迫っています。
ところがまだCDは到着していません。今できる準備をひたすら進めている状態です。

そんなわけで、少しの間ですが、九十九神の話題でブログを盛り上げてゆこうと思います。ぜひご覧くださいね。

構想は1年以上前から(もう少し前からかも)始まっていました。僕がいつも楽器に対して思っていたこと、それを象徴するような演奏がしたい。うまく伝えられなくて歯がゆかったもの、真っすぐ伝えられるような音色が似合う音楽を作りたい。
そして1曲ごとにちゃんと伝えたいことをはっきり込めて、今までよりももっともっと感情を込めた演奏をしたい・・・。
そんな思いで積み上げてきた新曲たちを、ようやくアルバムにまとめ上げることができたのです。

ところでタイトルの意味は何でしょう?
続きを読む
posted by えんじろう at 13:53| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

九十九神 その2

さて、本日も「九十九神」に関するお話、書いてゆきます。

ENJR-003 九十九神.jpg

今回は1番大切な中身のお話です。九十九神に収録されている曲たち。こんな風になっております。

01 春を呼ぶ声
作曲:えんじろう

02 萌(も)ゆる結晶
作曲:えんじろう

03 SLの逃避行(とうひこう)
作曲:えんじろう

04 主(あるじ)を待ちて - 九十九神(つくもがみ)
作曲:えんじろう

05 タタンタンのタン - ローカル線は行く
作曲:えんじろう

06 えんじろうのかぞえうた
作詞・作曲:えんじろう

07 障子(しょうじ)の影
作曲:えんじろう

08 命・三千十(さんぜんと) - 釜の底より
作曲:えんじろう

09 小鳥たちの朝
作曲:えんじろう

10 Power to the Forest
作曲:えんじろう

11 ほたるこい
わらべうた

12 星への旅路 - 鼓動
作曲:えんじろう

実はブログ右上のメインメニューからDiscographyへと進んでいただくと、販売中のCD一覧と共に九十九神のタイトルも既に並んでおります。
えんじろうのオリジナルアルバムですので、当然知らない曲名ばっかりかと思います。それでも10月からのコンサートに足をお運びくださっている方には、見覚えある曲もありますよね。

今回の内容はCD内の音楽に触れているため、ここから先はある意味ネタバレ要素になります。昔の僕のように、何の知識もなくその人のオリジナルを聴くことがうれしいと感じる人種の方(いらっしゃいますか?)は今は読まないで、CDを聴いた後から読んでいただくのがベストかもしれませんよー。
続きを読む
posted by えんじろう at 14:08| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

九十九神 その3

それでは、またまた続きでございます。今回もCDの音のお話です。

ENJR-003 九十九神.jpg

前回えんじろうが出したソロアルバム「心のすみか」同様に、今回も風景音を取り入れています。題材となっているものの音を採取したり、生き物の声を採取したり・・・。

そんなネタバレでもないと思いますから、今回は安心してお読みください。
続きを読む
posted by えんじろう at 15:58| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

報告 森の演奏その2

皆様こんにちは。音心はついこの間のプレンティアの森さんでの演奏に続き、関連企業様主催の森の再生活動にもお呼びいただいて、演奏してまいりました。

IMG_3407.jpg

元々は10月末日に予定されていたのですが、前日の雨で森内の移動が厳しい状況だったため、延期となっていたのです。今回は無事に晴天に恵まれ、前日の雨の予報もその前の日に早まってくれたため演奏できることになりました。

前回同様にプレンティアの森のテーマソングタイトルにもなっている「Powre to the Forest」の横断幕を通って森に入ります。

IMG_3490.jpg

森を外から見ると、青空に緑があってとても美しい姿に見えます。
続きを読む
posted by えんじろう at 00:23| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

12/24 大社の杜みしま

皆様こんにちは。これが今年最後になるかもしれない、暮れも押し迫った12月末の演奏告知でございます。実は音心はありがたいことに12月22日23日と演奏のお仕事が入っており、静岡まで足を延ばしております。その勢いでもうちょっと足を延ばして24日のクリスマスイブに、大社の杜みしまにてコンサートをすることになりました。

「音心 オカリナミニコンサート」
日付:2016年 12月24日(土)
時間:①13:00 ②14:00
料金:無料(投げ銭フリーチャージ)
天候:雨天中止
場所:大社の杜 みしま Link
住所:〒411-0853 静岡県三島市大社町18−52
地図:Googleマップ Link / Yahoo!地図 Link
TEL:055-975-0340

九十九神 コンサートチラシ 上書印刷.jpg

とても冷え込んでくる季節です。日中の暖かい時間帯に行わせていただきますが、是非暖かな格好でお越しくださいね。確か大社の杜さんには柱のように見える強力なストーブがたくさん立っていたはずです。

九十九神のCDを携えて、そのあたりを中心にじっくりと45分のコンサートを2回行います。今回は投げ銭フリーチャージ方式に挑戦いたします!気合入れて頑張りますので、是非暖かくして暖かな気持ちで楽しんでいただけますと嬉しいです。

こちらのコンサートはお天気に左右されます。良く晴れる音心ではありますが、万が一の時にはこちらのblogにてお知らせいたします。
世の中クリスマスイブではありますが、三島大社を向かいにしたこの大社の杜さんで、音心が物に宿る心の存在を音楽にして奏でます。ぜひお立ち寄りください。
posted by えんじろう at 08:28| Comment(0) | LIVE Information | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

生まれて初めて割った

僕はついに、やってしまったのです。

20161115_171902_HDR.jpg

大切なオカリナを、自分の不注意が原因で割ってしまったのです・・・。ほんの一瞬の出来事でした。

練習中にこのオカリナで吹いたらより合うだろうか?そんなことを思って吹いてみたのですが、ちょっとイメージと違ったりしてやっぱり元に戻そうとしたとき・・・。
手がもつれて・・・あっいかんいかん。多分ジャンバーの袖に引っかかったような気がするのですが、定かではありません。割と冷静に落下するオカリナを受け止めようとしたのですが僕にそんな運動神経はなく、数回接触したものの下30cm程度のところで離れて落下。

20161115_171928_HDR.jpg

地面からたったの30cm・・・それでも割れるときは割れる。多分もっとも強度の低いタイプのオカリナだとは思っていたのですが、割ったのは紛れもなく僕。

悔みました。何せこのオカリナこそが、今回の九十九神の中でアルバムタイトルになっている曲を吹くためのオカリナだったから・・・。
続きを読む
posted by えんじろう at 00:39| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

九十九神 その4

九十九神の制作エピソードもその4を迎えました。その2と3では肝心な音の部分について触れてきました。今回はCDの顔として大切なジャケットについてです。

ENJR-003 九十九神.jpg

今回もジャケットは音心の「ClassicTime」と「空の調べ」を作ってくださった(有)エポックスタジオさんに依頼しました。

ちゃんと顔を合わせて自分が抱くCDの構想をしっかりとご説明させていただき、そのうえでデザインに取り掛かってくださいます。
最初に2つのコースから自分の思い描く雰囲気に近いものを選ばせていただけるので、とてもスムーズに進んでゆきます。
続きを読む
posted by えんじろう at 17:51| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

九十九神 その5

えんじろうのオリジナルニューアルバム「九十九神」の連載記事も、いよいよ5回目を迎えることとなりました。

ENJR-003 九十九神.jpg

もうこのジャケット画像もだいぶ見慣れたものになってこられたのではないでしょうか?実物を手にしても、もうなじみの物を見ている感覚になったりして(笑)

今回はCD「九十九神」オリジナルキャラクターのご紹介でございます。

今回のCDは「物に宿る心」や「命」をテーマにしています。どちらも形がないもので、デザインをして下さる方の頭を相当悩ませてきた原因でもありました。だって形のないものを描けってむちゃくちゃな要求ですよね?
僕が思う九十九神とは、大切な物に対して人が抱いた愛着が積み重なって、それが物自体に宿り心が備わるというストーリーです。つまりすべての原因は人間にある。ということになります。

それをどんなふうに表現したら、判りやすくなるんだろうなーと、色々考えてきました。そして・・・。
続きを読む
posted by えんじろう at 10:53| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

明日の雨について

明日の「なゆた・浜北 まちかどLIVE」ですが、天候が芳しくないようですね。

確認したところ、当初雨天中止としておりましたが、同じ駅前広場の屋根のある建物側の通路を利用して決行するということでした。
少し小ぢんまりとなってしまうかとは思いますが、出店などもあるようですから、ゆっくりすることは可能かと思います。どうぞお立ち寄りください。

晴れ男としてお天気を祈るように努めますね。詳細はこちらをご確認ください。
posted by えんじろう at 21:44| Comment(0) | Real Time | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

報告 なゆた・浜北

皆様こんにちは。実はコンサートの後すぐに実家に帰っており、今日ようやく落ち着いたところです。
新たなソロアルバムのあおりを受け、ものすごい勢いで駆け抜けてゆきました週末のコンサートの数々。報告して参ります。

IMG_3534.jpg

IMG_3535.jpg

土曜日の昼下がりは、なゆた・浜北におりました。お天気があいにくで、駅前広場の奥の屋根のある範囲での開催となってしまいましたが、活気はありました。

15178121_1187745924634692_5217231071767373149_n.jpg

15171279_1187745731301378_8988244467112681445_n.jpg

出演者もものすごい数になっていた今回のまちかどLIVE、僕が出演させていただくのは本当に久しぶりでした。
永井さんの素敵な笑顔がなんだかとてもほっこりした空気を生み出します。良い人に恵まれているなあと、つくづく感じます。
続きを読む
posted by えんじろう at 18:40| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

報告 Car-Denホール

皆様こんにちは。昨日に引き続き、報告記事を書かせていただきます。
えんじろうの新譜「九十九神」発売日に開催させていただきました、Car-Den 音心ホームコンサート。アットホームではなくここが音心のホームの地であるという気持ちから、名乗らせていただいております。実質アットホームになるのですがね(笑)

20161120_084920_HDR.jpg

前日の浜北の後でしたので、Car-Denは事務所から車での移動でした(実は浜北の後も猛練習・・・)
向かう途中強力な霧に遭遇。なんだかとても不思議な雰囲気でしたが、いやな感じではなかったので安心して移動していました。

20161120_092233_HDR.jpg

Car-Denさんには朝のうちに近づいて、その向かいにある愛知牧場でモーニングを頂きました。夕飯はCar-Denで食べましたよ(笑)

20161120_121714_HDR.jpg

Car-Denに到着すると、なんとステージにいつも敷いてある絨毯が真っ白に!前の日までは普通の黒だったのですが、この日からクリスマスバージョンだったそうです。なんかうれしくなりますね。

午前中に行われていたりょうこさんのお知り合いの方の演奏を聴かせていただいた後は、いよいよ準備開始!
今回はいろいろとお伝えしたいこともあったので、念入りに準備です。音心スタッフ(実質)さんも続々とお集まりくださり、手際よく支度を進めてくださいます。

15203171_1190560777686540_7644302764257120207_n.jpg

我々はステージ側に専念するのみ。この辺はすべてスタッフさんがやってくださいました。左上のお手製看板には「待望の新譜」ですって。感謝してもしきれません。

マイクチェックやバランスチェックなどを入念に済ませ、いよいよ上にあがって着替え。
Car-Denの館長さんのご挨拶が始まると、僕は緊張もピークでした。いつものことです。

いよいよ本番の報告に入る前に、この日もお客様にアンケートを実施させていただきました。
お答えいただいた中から、この日の雰囲気を漢字一文字でのご回答を発表させていただきます。

2票ずつ「愛」「心」「和」「安」「癒」
その他は「然」「想」「優」「祈」「湯」「楽」「懐」「温」

今回はなんと、5文字もペアで重なった漢字がありました。もしかしてご縁のある方々が5組いらっしゃるのかな?皆様ご協力、ありがとうございました。

では改めて、本番の報告です。
続きを読む
posted by えんじろう at 14:08| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする