2014年06月02日

報告 Car-Denホール 音心

皆様こんにちは。6月になりました。音心ホームのCar-Denさんでの演奏報告からさせていただきます。

移動風景

移動風景

とはいえ、僕が移動開始したのは前日の土曜日から。愛知県で走っているリニアモーターカーのリニモに乗って、クラシックのコンサートを聴きに行ってきました。

移動風景

移動風景

移動風景

自動運転でなんと運転手がいないのです。でも車掌さんはいて、これでもワンマン電車と言って良いのでしょうか?ホームには安全柵があり、なんか近未来的。
電車は揺れることがないのかと思いきや、Gはちゃんと感じます。縦揺れは確かに少なめかなぁという程度。

コンサートを聴きに

コンサートを聴きに

小編成のオーケストラによるクラシックコンサートなので、おっきな音で驚かされるようなこともなく、お城で流れている演奏を聴くような、そんな感覚で聴ける音楽でした。ひとつひとつの音をしっかり感じ取ることもできる形態、実は昔の人の方が音楽を優雅に楽しめていたのかなと思いました。そして感性や耳ももっときくために努力するような部分もあったのかも知れないって。
現代は音楽があふれすぎていて、リニモじゃないけど常にそれは前自動的になっているものが多い。

移動風景

移動風景

はいそして、そんなリニモに乗ってまた帰ってきました。

さてそしてCar-Den当日。午前中はしっかりと練習をして、いざ会場へ。

会場の様子

会場の様子

到着するとすでにチラシなどを置かせてもらえるブースが出ています。ずっとお世話になり続けてきたCar-Denさん。温かく迎えていただける場所があり、それが増えていくことにとても感謝しています。

会場の様子

会場の様子

準備を進めいざ本番。

演奏風景

演奏風景

演奏風景

この日はガイアトーンの重大な使命がありました。自分も以前共演までさせていただいた小林真人さんと山本晶子さんのCar-Denコンサートを告知するという指名です。社長の力の入りようはすさまじく、前半最後には小林さんのピアノ独奏曲を僕も参加する形で披露させていただきました。
僕は盛り上げ役に徹するため椅子に座っての演奏。椅子での演奏は実は余りなれていません。最初から立って吹いていたし、防音室内では座るスペースがなかったり(笑)ちょっとこれから練習に取り込む必要があるかも

演奏風景

演奏風景

演奏風景

後半ではリクエストコーナーも挑戦。最近何度かやってなれてきたつもりでいたものの、妙に精神がぐらついてうまくできない場面が幾度となく…。ちょっと申し訳ないという感じになってしまいました。
また次回にはもうちょっとましにできるようにしたいなぁと(まだこりてはいません)
最後はアンコールもいただき、皆様と一緒に楽しく終わりました。

ご褒美

Car-Denは投げ銭フリーチャージと言うことで、その中にメッセージと共にこんな素敵なものを同封してくださった方も…。いつも見守ってくださる皆様に感謝です。もっとお返しできるように音心は精進します。

ご褒美

終わった後Car-Denでワッフルというのを食べました。この日はバナナジュースをいただきました。やっぱり僕はCar-Denのリンゴジュースが一番好きなようです。

ただいまのオカリナ

そしてただいまのオカリナ。この日もがんばってくれてありがとう。もっといい演奏ができるようにがんばるからねと言って片付けました。
Car-Den様、聴いてくださいました皆様に、感謝いたします。
posted by えんじろう at 16:03| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

07/12 南風コンサート 音心

さて皆様こんにちは。今回は夏も本番のコンサート告知でございます。
演奏させていただくのは清水にございますホール。障がい者支援施設ゆうゆう舎様の記念イベント「南風コンサート」への参加でございます。

日付:2014年 7月12日(土)
時間:12:00開場 13:00開演
料金:完売しました チケット2000円(5歳以下無料)
定員:300名
天候:雨天決行
場所:清水文化会館マリナート 小ホール Link
住所:静岡市清水区島崎町214
地図:Googleマップ Link / NaviTime Link
TEL:054-376-6856(特定非営利活動法人ゆうゆう舎)

チケットご予約は上記のお問い合わせ先にご連絡ください。なお僕も普段から携帯しておりますので、直接チケットをお求めいただくことも可能です。

パンフレット画像

パンフレット画像

というわけで、実はこのゆうゆう舎さんは、演奏の場で出会った丸ケンこと丸山 研二郎さんと風太さんがいらっしゃる施設です。主催の一員としてこの方々がいらっしゃったご縁から、我々にもお声かけいただけたというわけです。

音心は40分ほど演奏させていただけることになっております。清水のホールに、音心の音が響くように、心から楽しんでいきいきと演奏させていただくよう努めます。皆様のお越しをお待ちしております。
posted by えんじろう at 19:47| Comment(3) | LIVE Information | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

報告 愛知医大病院 音心

皆様こんにちは。今回は愛知医科大学病院の演奏報告です。

デジタルサイネージ 02.jpg

今回から演奏場所が新しい建物に移りました。院内では各所にデジタルサイネージというものがあり、ようはそれは電子看板のことだそうです。そこに流してくださると言うことで、それ用の画像をがんばって作りました。
これ作るので数時間使っちゃいましたが、いろいろ学ぶこともできました。次回はもっとすごいのができたので、それを使うつもりです。良かったらサイネージ探して是非確認してやってくださいね(笑)

IMG_3661.jpg

演奏場所にセッティング完了。今回は初めての場所だったので、控えに機材も用意しましたがまずは観察から。早めに到着して中の響きなどを確認させて頂きました。
以前苦情が出かかったこともあるとのことで、音量部分の配慮にはかなり慎重になりました。といってもオカリナはそっと吹くと音程が下がる楽器。要するに音量調節は不可能な楽器です。にもかかわらず、いくつかの有効な対処法が浮かんできたこと、それこそが音心6年間の歴史のたまものです。

20140605-000434.jpg

20140605-000506.jpg

20140605-000545.jpg

結局デジタルピアノの音は拡声するアンプをひとつ使いましたが、オカリナは完全生音演奏に踏み切りました。目の前にお客様がお座りになると、リハの時とだいぶ響きが変わります。お客様がいらしてくださることで、無事音量の不安は解決。
大きな声でゆっくりしゃべるようにしていたつもりですが、やっぱりちょっと早口だったかな?反省ビデオを見るとそう感じます。
やることはやったので演奏の際には音量の心配はなるべくしないように努めました。でも高音のオカリナ使用時は伸ばす音を短めに切ったりして、やっぱりちょっと遠慮してしまったかな?でも空間を利用した演奏はできたかなぁと感じます。

20140605-000625.jpg

20140605-000653.jpg

20140605-000723.jpg

2回目のステージではビデオを吹き抜けの上の階に設置。後ほど音を確認をしました。良い感じで天然の響きが絡み合い、これならこれからもこの演奏形態で行けると感じました。
初めての場所でもある程度予測して動けるようになったこと。やっぱりこれも6年間経験させて頂いていることのたまものかなぁと思います。最後は自分たちの感。迷いがあれば音に出るから、ちゃんと確かめる時間をいただけて良かったです。

さて音響の話題ばかりになっちゃいましたが、今回も大勢の方に聴いて頂けました。いつも聴いてくださる方がいらっしゃることは、とても励みになります。
ボランティアスタッフの方々もチラシ配布までお手伝いくださり、僕らにもチラシを…これの演奏をするものですと言って笑い合ったりするのも楽しい。お客様からもとにかく「癒やし」というキーワードをたくさんいただきました。
以前からそうですが、病院の皆様からも感謝して頂いたりして、恐縮です。でも人の役に立てていることのありがたみを感じます。

IMG_3663.jpg

ただいまのオカリナです。雰囲気もつかめたので、また次回からも張り切って伺おうと思います。こぢんまりと場所を使っているのに、大きく広がって響く何とも不思議な感覚、また一緒に味わって頂けますと幸いです。
posted by えんじろう at 09:35| Comment(2) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

ときどき、詩を書いています。ブログでも、たまに披露したこともありますが…。それは何とか見せることができる詩。余りに情けなくて人に見せられないような詩も、やっぱり多いのです。
でもこの詩を書く行為も、たぶん自分の精神の安定に必要なことなのではないかな。だから、これからも書き続けるんだと思います…。
posted by えんじろう at 00:12| Comment(2) | Real Time | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

報告 母校での演奏 音心

皆様こんにちは。本日はえんじろう史上初となる学校での生徒さんを対象としたコンサート報告です。そしてその場所は、先日幼稚部卒園式で伺ってきた静岡にある我が母校でした。

IMG_3673.jpg

音心は前日から集合して、1日通して猛練習。

IMG_3674.jpg

IMG_3676.jpg

IMG_3677.jpg

久々にお世話になったのは今年度で閉鎖になってしまうはまホール。練習兼事務所化した室内で、じっくりと時間をかけて煮詰めてゆきました。

IMG_3680.jpg

久しぶりにチャランゴを引っ張り出したせいで、楽器からの怒りの一撃!切れた弦に鞭のように手をひっぱたかれ、なんと皮膚が切られて出血していました。楽器は大事にしましょう。くれぐれも放っておくことは避け、時々触れてあげましょうね…。

IMG_3681.jpg

IMG_3686.jpg

久しぶりの光の写真。練習の後その日のうちに静岡に移動し、会場近くで待機しました。

20140613-171405.jpg

20140613-171436.jpg

ちょっと緊張しながらの母校での演奏。勝手を知っている場所なのでと、演奏以外にもいろいろとパフォーマンスを意識して準備していました。

20140613-171525.jpg

20140613-171555.jpg

20140613-171733.jpg

演奏はしっかりと感じていただけるものを届けられたと思いました。卒園式で伺ったときの子供も覚えていてくれて、卒業式歌はあのときと同じようにみんなが声を出してくれました。
在校生時代の話も交えつつ、現在の活動のお話や夢についてのお話なども組み合わせて、演奏をお楽しみ頂きました。

IMG_3688.jpg

最後はアンコールもいただき、皆様の手拍子で支えて頂きながら終了。各学部の皆様からカラフルなお花やファイルやメダルなど頂き、幸せいっぱいでした。

しかしここは学校。初めての学校の生徒さんを対象にしたコンサートと言うことで、課題もいろいろと浮かび上がってきました。演奏させて頂きながら繊細にいろいろなことを学ばせて頂く。これもやっぱり勉強という一言なのだなぁと痛感しています。
そして反省を次の機会にしっかりと生かしてよりよいステージを作り出せるように、今は経験を積ませて頂くのみです。

IMG_3690.jpg

この楽器たちと共に、音心は次に向かって成長していくようにがんばりたいと思います。貴重な勉強の機会を与えて頂きました母校の校長先生はじめ先生方に、感謝しています。そしてとっても集中して聴いてくださった生徒さん方にも、ありがとうを言わせて頂きます。

卒業生でこんな生き方を選んだやつもいる。それが何かの励みになってくれたら、僕は今の活動に誇りを持たせて頂けると思います。今度はもっと大切な思いの部分もお伝えできるような、そんなステージ作りをできるように目指してゆきます。

IMG_3691.jpg

それにしても、カラフルですてきな花束たち。玄関前に飾ってます。
posted by えんじろう at 19:11| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

報告 プレ葉ウォーク浜北 音心

皆様こんにちは。今回は先日のプレ葉ウォーク浜北での音心 ミニコンサートの報告でございます。

IMG_3701.jpg

IMG_3700.jpg

天候に恵まれた中、相変わらずの荷物を持ってプレ葉入り。といっても今回は少ない方なのです。

IMG_3702.jpg

IMG_3703.jpg

我々のようなまだまだ発展途上のアーティストに対しても、こんなに立派な看板で平等に告知してくださるプレ葉さん、本当にいつも感謝しております。

IMG_3704.jpg

IMG_3708.jpg

自分たちの前の時間に演奏されていたのは人+人(にんじん)という方。モダン歌謡というジャンルだそうで、なるほどという雰囲気の曲がたくさん。演歌もフォークも好きな自分にはとっても心地よいひとときでした。
この日はハーモニカの子供たちによる演奏もありました。

10336670_491495800981718_3334046817734657387_n.jpg

10354678_245748118966830_3231483217342156238_n (1).jpg

10368409_245748158966826_2323364293659738709_n (1).jpg

そして我々です。今回とってもありがたいことに、わざわざ見に来てくださったミュージシャンから写真を頂いちゃいました。ビデオから抜き出す写真と違って、角度が変わってうれしいです。ありがとうございます。

10432975_245748128966829_6435440146400947528_n (1).jpg

10466700_485669788230289_142473950_n.jpg

10469569_485669731563628_982955312_n.jpg

このプレ葉で出会った数多くの方と、すてきな関係を築けています。

たまたま音響を担当して頂くことになった人と出会ったおかげで、CD制作時にも信頼ある音作りをお願いすることができました。

たまたま東北から見えていたカップルさんに「雪の予感」を気に入っていただき、そのままずっと応援して頂けていたり。そのお二人は今回で音心の音を直接聴けるのが最後。故郷に帰られるのだそうです。さみしいけれど、お二人のうれしそうな雰囲気に、故郷という言葉を強く感じました。

IMG_3717.jpg

この日のお月様は不思議な感じ。ぼーっとしていましたが、確かにそこにいる。音心も例えぼわっとしててもいつまでもそこにいて、たまに見たくなるような存在であり続けたいなぁって思います。

CDも買って頂くことができ、ちゃんと活動としても前進できている今に感謝しました。

IMG_3718.jpg

本日のオカリナたちです。時間に追われる本番も、いつも落ち着いたきれいな音を奏でてくれる楽器たちに、感謝です。そしていつも気にかけてくださるばかりか、見に来てくださる方がいることに本当に感謝しています。

また少しずつ前進してゆけるように、がんばります。
posted by えんじろう at 22:40| Comment(2) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

報告 アトラクション演奏

皆様こんにちは。音心は昨日愛知にてクローズのお仕事をさせて頂きました。演奏を仕事とさせて頂けること、夢の実現そのものなので本当に感謝してひとつひとつをつとめさせて頂いています。

IMG_3725.jpg

IMG_3730.jpg

本日の荷物はこんな感じ。前回の合流の後の荷物移動をしくじったため、たくさんの荷物で移動することになってしまいました。自業自得なのですが、これでこりて今後は計画性を持って行動することでしょう(人ごと的言い方)
というわけで、昼間のうちに亮子さんと合流。夜の本番に向け練習や今後の準備をがんばりました。

IMG_3732.jpg

IMG_3733.jpg

先日からがんばって作り上げた「音心 活動案内」の資料が印刷会社から到着していました。とっても満足なできばえ。これで音心の活動を形として残る状態でお配りすることができます。

IMG_3735.jpg

IMG_3734.jpg

さて会場はこんな場所でした。事前にステージでリハーサルもさせていただき、安心の自前機材を通して施設側の機材から音を出して頂く。会場の方ともスムーズに音合わせが進み、とても気持ちよく仕度を調えさせて頂きました。テンションもしっかりと最良の状態に持って行ける。音楽するには一番大事って最近つくづく思います。

IMG_3736.jpg

IMG_3737.jpg

ちょっと恐縮してしまいそうなステージで、でも演奏するときにはどうどうと音を楽しんで頂けるようになってきました。

IMG_3740.jpg

物販もしっかりさせていただき、こんな立派なブースまで。本当に感謝です。

IMG_3744.jpg

様々な場面での演奏を体験させて頂いているからこそ、親切なお心遣いをしみじみありがたいと感じられることも多々あります。ひとつひとつの演奏を、丁寧にやらせて頂くと、すべてが自分たちの経験として財産になるんだなぁと本当に感じられるようになっています。
正直今のお仕事をするようになってようやくこのことに気がつかせてもらったえんじろうです。

IMG_3745.jpg

ただいまのオカリナたちです。本当はこれに加えてチャランゴも参戦したのですが、次回に向けて愛知に待機してもらっているので写真は撮れませんでした。

これからもひとつひとつの演奏の機会を感謝して活動続けていきたいなぁと改めて思った、昨晩の演奏でした。
posted by えんじろう at 12:53| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

息抜きの紫陽花便り

皆様こんにちは。今日はちょっと息抜きに、先日実家に行ったときに撮影した紫陽花の写真たちをお届けします。

IMG_3783.jpg

IMG_3784.jpg

IMG_3788.jpg

移動中の大井川鉄道本線車窓から撮影しました。

IMG_3789.jpg

IMG_3790.jpg

IMG_3791.jpg

肉眼で先を見て、視野に入ったら数瞬遅れでカメラの視野に入る位置に来るのでシャッターを切る。そんな感覚重視の当てずっぽ戦法でも割と撮れましたよ。

IMG_3794.jpg

IMG_3795.jpg

IMG_3796.jpg

IMG_3800.jpg

ひとつひとつが個性を豊かに表現する紫陽花たち。とっても引かれます。生きてるって感じます。

IMG_3803.jpg

この紫陽花もとってもきれいですね。そして昨日は父の付き添いで島田に出かけていたので、ここに来てしまいました。

IMG_3804.jpg

2度演奏させていただいた島田の煎茶茶房 えんさん。バスと徒歩でうかがったのは初めて。そして父親と共に演奏経験のある場所に伺ったこと自体も、今回が初めてでした。
お互いちょっと緊張しながら、でもこうして父親が今の活動を認めてくれて、そのゆかりの場所に一緒に足を運んでくれたことは、とても大きなことのように思えました。

1煎目はとても濃厚で不思議な味。一瞬これは本当に緑茶なのかと感じるほどのインパクトです。
そして2煎目になると、今度は同じ葉と思えないほど甘い味がにじみ出ていました。
3煎目にようやく普通のお茶の感じになってゆく。

IMG_3805.jpg

何度味わっても不思議。抹茶とも違うお茶の楽しみ方を教えてくれるお店だと思います。そしてこういう体験は、人が本来持っている「ものをより深く感じ取る能力」を引き出してくれます。僕はオカリナからも同じ感覚を味わっています。人が本来持っている感覚は、それはそれは精度の高いもの。たまにはそんな感覚を呼び覚まし、養ってみませんか?
あーちなみに、音心の演奏もきっと、そんな雰囲気を醸し出せると思いますよ(宣伝もがんばる)

今回はつゆの時季と言うこともあり、虹のかかったお茶請けが登場していました。父親も喜んでいました。ごちそうさま。
店内には音心のCDがしっかり流れていましたとさ。是非皆様も穏やかにくつろげる特別なひととき、大切にしてくださいね。
ラベル:紫陽花
posted by えんじろう at 15:33| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする