2013年09月01日

はじまりました

オカリナコンサート始まりました。虫の声ともコラボでいい雰囲気。

現在ステージ脇にて待機中。
なぁんて書いておいて、結構緊張してます。
posted by えんじろう at 18:36| Comment(0) | Real Time | 更新情報をチェックする

ただいま静岡駅

素敵な素敵なオカリナコンサートが終わり、帰路についているところです。
この時間でも電車は結構込むのですね。

まだ余韻を感じています。
本当に気遣いとか一切なしのオカリナのハモリ、すごくすごく気持ちよかったぁ。

また報告記事を書きますね。幸せなひとときでした。聴いて下さった皆様、この記事見て下さっていたらこの場を借りてお礼させていただきます。
posted by えんじろう at 22:38| Comment(0) | Real Time | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

09/01 龍津寺 報告

皆様こんにちは。今日はちょっと気が抜け、眠気とか筋肉痛とかとつきあって過ごしています(おい)
というわけで(どういうわけだか)本当に幸せだった昨晩のコンサート報告でございます。

もう長いこと仲良くしていただいている富士市でご活躍中のオカリナ奏者、古庄 由喜子さんからお誘いいただき、龍津寺さんで行われましたFOMALHAUTのコンサートにゲスト出演をさせていただきました。FOMALHAUTはオカリナ古庄 由喜子さん、シンセサイザー下山 英二さんとで作るインストユニットです。

オカリナ収納の図

7月から2度に渡り打ち合わせに伺い、昨晩の本番を迎えることとなりました。
練習に伺った際にとらせていただいた古庄さんのオカリナケースの写真です。僕のオカリナケースは古庄さんにご教授いただいて、今の状態になりました。それまではケースというものすらなかったのですよねぇ。
いろいろな面において、古庄さんは僕のオカリナのお手本にさせていただいている方です。だからそんな古庄さんと一緒に演奏させていただけることが、とても光栄でした。

出発の荷物

移動中

昨日は朝のうちに出発。まずは古庄さんのところにて最終的な打ち合わせをしました。あれっ打ち合わせからすぐにオカリナ話になっていたような気が…。
下山さんも合流して、いよいよお寺に向けて移動です。移動中に大きく海が見えたので当てずっぽ撮影。3枚中1枚が撮影成功です(笑)

リハ・セッティング中

リハ・セッティング中

リハ・セッティング中

リハ・セッティング中

リハとセッティングをしているところの様子です。撮ってないであんたもやれって話ですね(笑)ちゃんと撮る前にやりましたよ。

演奏風景

演奏風景

あっという間に本番の時間がやってきて、外はもう暗くなってきました。まずはFOMALHAUTさんのみのステージでスタートします。僕はステージ右のふすまの中にて待機中。実はそこから昨日の記事送信していたり…。
緊張はしたものの、FOMALHAUTさんの生音を真横に聴いていると心地よさの方が打ち勝ちます。すでに演奏モードで一緒に体が動く感じでした。

演奏風景

演奏風景

演奏風景

そして自分も入りまずはカナリヤを聴いていただきました。このカナリヤで使用しているオカリナが、実は古庄さんからの頂き物。このオカリナに僕のところに来たことを後悔されないようにという思いで関わってきた結果が、今に生きていると感じています。

演奏風景

演奏風景

演奏風景

演奏風景

演奏風景

ステージ後半もまた途中から登場という形で、楽しい時間があっという間に過ぎてゆきました。古庄さんの考え出された熱帯雨林のコーナー、様々な音を重ねて熱帯の空間を演出するという試みが斬新でした。次から次へといろいろな楽器を使い、音のスターマインといった感覚でした。

しかし本当に古庄さんとのハモりが心地よかった。言葉はいらないという言葉のはよく聞きますが、それをまともに感じることはそうそうないと思うんです。
ましてそれぞれがそれぞれの見方をしている同一楽器では、なおのこと難しいと感じるのです。それが古庄さんとでは何も考えない方が自然にぴたっと合うから不思議です。目で合図というのができない自分がそう思うんだから、自信もっていえます。本当に気持ちよく楽しいハーモニーだったと感じます。

それから演奏の背景を見てください。後半からは障子が開かれ、ライトアップされたお庭が堪能できます。網戸から涼しい外の風…は入ってきませんでしたが、演奏終了後はそれが入ってきてとても心地よかった。
秋の虫たちの合唱も、心地よく共演してくれていました。

帰り道

帰り道

さてこのコンサートのすてきな雰囲気は帰り道まで続いていました。帰り道にろうそくの灯籠が並べられ、ほのかな明かりで道を照らしているのです。こういう心遣いってすごいなぁって思います。ろうそくの揺らめきは1/fゆらぎを含んでいると聞いたことがあります。自然界の持つごく自然な揺らぎ。オカリナに吹き込まれる息にも同じ揺らぎがあると信じています。だから心地よいって思います。

さて演奏の後片付けをしているときに、僕が踊りながら吹いているようだったというお話しが聞こえてきました。そんな大げさなぁと思いながら、帰ってから反省ビデオをちょっと確認すると、うわっ何も言えない…。
相当楽しくやっているのが自分でも判りましたとさ。

帰りの荷物

興津駅まで送っていただき、22時台の電車で帰路につきました。家に着いたのは日付が変わった後。ずいぶん眠いなぁと思っていましたが、時計を見て納得でした。

ただいまのオカリナ

そしてただいまのオカリナ。古庄さんとのご縁こそオカリナ合ってのもの。オカリナと出会ってからそれを通じてできた深いご縁に、支えられ生かされているって感じます。だって本当にそれで食べていこうとしているのですから。

心から楽しんでいる姿を暖かく見守ってくださったお客様方、そして主催者様と龍津寺の皆様とスタッフをしてくださった方々、ゲストで参加させてくださったFOMALHAUTさんに感謝いっぱいです。
古庄さんとのハモり、たくさんの方に心が合ったときのオカリナのハモりを聴いていただきたい…。また是非やりたいです。

本当に幸せなひとときでした。オカリナと出会って良かった。心底思いました。
posted by えんじろう at 19:10| Comment(4) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

ノートパソコン使用開始

皆様こんにちは。今日からいよいよ、ノートパソコンが使用できる状態になりました。自分的には信頼が置けるデルコンピュータ制のノートパソコンで、Vostro 2521というものを入手です。

デルでは過去に何度か買い物をした経験があり、キャンペーンにぬか喜びして慌てて買うと痛い目を見ると知っていました。だから次のキャンペーンは何だろうと楽しみにするくらいの気持ちで、7月くらいからウェブサイトをチェックしてきたのですね。
そして今回無料でCPUをひとつ上のランクのものを搭載して売りますというのがあったので、それを狙いました。視覚障害者用補助ソフトは割とパソコンの能力を高くしないと、普通の人と同じくらい快適には動かせないのです。

到着した手の写真

到着した手の写真

先月末に注文して、今月初頭に到着。2週間かからない到着でデルさんとしては早いほうだと思います。感動でした。そしていつものように箱をむさぼる。

箱の中身は

箱の中身は

いいねぇいいねぇ。パッケージないにはちょっとした梱包材と本体と電源。簡単な注意書きが入っているだけです。この簡素さ、この手際の良さがたまらなくいい。
そしてデルのビジネスモデルには余計な宣伝ソフト(体験版とか)が一切入っていないのです。これも最高にいい。ほしいものは自分で探す。良いものは自分で決める。次から次へと現れる訪問販売のようなソフトがないと、動作も軽く安定していて、本当に快適なのですよ。パソコンはパーソナルコンピュータの略。個人で自由にカスタマイズを楽しみたいのですよ。

箱の中身は

次にいいと思うのがこのテンキー搭載のキーボード。数字を扱う際だけでなく、いろんなキーが割り当てられるシーンも多いテンキーがあると、とても操作しやすくなります。
ただちょっと位置関係になれるまで時間かかりそう。大きなキーボードと違ってテンキーや矢印キーがある領域が島に分かれていないのです。だから手の感覚だと判別しにくかったりします。
しかーし!すばらしいと感じたのが6キー同時入力にしっかり対応していたこと。前のノートパソコンはそれが非対応で、点字入力という文字入力方法をとる自分には大きな大きなバリアでした。その頃の苦労話はこちらにあったりします。

箱の中身は

電源コードでも感動。束ねるマジックテープのやつがついていて、あの細い針金のやつでないことが喜ばしい。使う立場に立った配慮だと感じます。

製品到着したのが9/3の夜。これに電源を入れ始めると翌日の演奏に響いてしまうので、我慢して開封だけで寝たのでした。
そして昨日家に戻ってから、このパソコンを自分仕様にしてゆく作業を開始しました。

SSDで速度アップ

まずはこれを取り入れます。左のHDDはすでにパソコンから取り外した方。右のパッケージ内のSSDに置き換えます。
元々前のノートパソコン強化のために買ったものの、前のパソコンが反乱起こしてしまったため使えなかったSSD。128Gという容量は本体に入っていた500Gに比べれば少ないですが、爆速で安全で省電力で発熱も少ないSSDはすごく魅力的。
何せWindows7のロゴマークがぼあっと現れる暇がないのです。使っていけば少しずつ遅くなるかもしれないですが、感動の早さです。
しかし入れ替え作業には決行手間取りました。妨害するかのようにネジ固定箇所が多く、ちょっと勇気を出して力でこじ開けるようなシーンもあったので不安でした。とにかく無事交換できて良かった。

そしてここまでが昨日の出来事。今日はソフト面(給食のやつじゃないですよ)を自分用途に染めてゆきました。文字入力にATOKを入れて、音声ソフトを入れて…。
これでネット関連のことはノートパソコンからでも充分こなせる状態になりました。消費電力も小さいんだし、編集とか大きなこと以外はなるべくノートに任せるというのもありかもしれないですね。遠出したときにもきっと役に立つはず。

音工房 縁児堂の精鋭機器としてがんばってもらおうと思います。
posted by えんじろう at 17:31| Comment(2) | Diary | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

Car-Denの木曜日

皆様こんばんは。忙しくちょこちょこ動いておりますえんじろうです。今回は、先日の愛知医大の演奏の翌日のお話をさせていただこうと思います。

Car-Denです

ここはどこだかお判りでしょうか?音心のホームグラウンド、愛知のギャラリーカフェ Car-Denでございます。この日はこちらにお邪魔していました。

Car-Denです

Car-Denです

今まで知らなかったのですが、Car-Denさんにはこんなアルバムがあります。開くと中身が飛び出てくる立体写真アルバム。
ありがたいのはその中身、Car-Denで行われたコンサートの写真集なのです。我々の写真もしっかりと加えてくださっているではありませんか!うれしいですね。

真空管アンプのオーディオ

Car-Denさんには素敵なオーディオが置いてあります。

真空管アンプのオーディオ

真空管アンプのオーディオ

実はこれ、真空管アンプです。とか知ってる風なこと書いておいて、僕は初めて拝見しました。驚いたのはその上から眺めたとき、熱が立ち上ってくることです。真空管は熱を発するものなのですね。

真空管アンプのオーディオ

そしてそのアンプから実際に音を出すスピーカも、素敵なものでした。館長さんのお話ではちまたにあるスピーカのように箱内ですべてを完結させるタイプと違い、音を発することのみに着手するようなスピーカだそうです。本体内で響かせてから音を出すというものではないということで、それを扱う環境で出てくる音は左右されるようです。
より生っぽいというか、楽器に近いような位置づけのようですね。

難しい話で数値を並べられるより、やっぱりその音を聞かせていただくのが一番。いい音でした。

噂のカレーライス

そして最近のCar-Denの話題であるカレーをいただきました。サラダも付いて量的にもちょうどよく、とてもおいしくいただきました。

演奏以外でCar-Denにお邪魔する機会って意外と少ないです。なのでこの日はゆっくりとCar-Denで過ごすことができてよかったです。
というわけで、木曜日のお話でございました。
posted by えんじろう at 23:51| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

練習と打合せとちゃんぽん

皆様こんばんは。昨日は音心の練習日でした。お昼から亮子さんと合流して、練習室にこもり夕方まで過ごしました。

いろいろと切羽詰まったこともあり、とにかく中身の濃い充実した練習時間にできたと感じます。これでまた新たな気持ちで、自信を持って演奏に望んでゆけるのではないでしょうか?自信の源は新曲。また今後の演奏に新曲を投入してゆきますので、どうぞ今後とも音心の演奏を楽しみにして頂ければと思います。

昨日の出来事

そして夕方18時、我々はイオンモール浜松志都呂に来ていました。この写真でそれが判る人は…いるわけないですよね。でかいエレベーターでびっくりでしたよ。
我々が目指した場所は、エレベーターを降りてすぐの場所でした。

昨日の出来事

イオンモール浜松志都呂 写楽館でございます。以前ソロアルバムの写真撮影のために立ち寄ったすてきな写真スタジオです。実はそのときの撮影スタッフの皆様とのご縁から、音心としてこちらでの演奏の話が立ち上がったのです。
今回はその打合せということで、亮子さんとともに伺いました。時が来たらまた告知をさせて頂くつもりですが、我々はイオンで演奏するのは今回が初めて。どんな内容になるか、また続報をお楽しみにというところです。

そしてそのまま夕飯を求めてイオンモール内を歩きました。長崎ちゃんぽんのお店を見つけたので、ラーメン食べたかった自分としては喜んで突入。しかも1.5倍と2倍盛りが何故か普通の1杯分の値段で食べられるという言葉に流され、ついつい1.5倍バージョンで注文。

昨日の出来事

こんなの出てきました。ちょっと心配したものの、何とか完食することができてお腹いっぱい幸せいっぱいでした。めでたいやつです。

演奏活動はどんどん増えている音心、だからこそひとつひとつの演奏をもっと大切に進めてゆけるように心を改めようと思う今日この頃であります。
今後とも、よろしくお願いします。
posted by えんじろう at 19:57| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2013年09月09日

09/04 愛知医大病院 報告

皆様こんにちは。ようやく先週の記事を書きます。先週は水曜日に愛知入りして、6月から毎月行わせていただいている愛知医科大学病院のロビーコンサートをして参りました。
一般のお客様を始め入院患者さんや付き添いの方などにも、不安を忘れていただくようなひとときになればとやってきました。

今回は亮子さんが仕事から直行でしたので、とにかく時間に間に合わせるよう大急ぎでセッティングでした。何とかぎりぎりで演奏開始時間に間に合うことができて、ほっと一息でした。

演奏風景

演奏風景

今回はえんじろうのソロからスタート。オカリナの音でなんかやってるぞと思っていただけたところで音心での演奏に入るという構成をしてみました。

演奏風景

演奏風景

並べていただいたいすには、大勢のお客様が座ってじっくりと聞いていってくださいます。本当にありがたいことです。
今回は秋を意識しつつ、皆様に楽しんでいただきました。

演奏風景

演奏風景

演奏風景

演奏風景

こちらは後半の様子です。いつも音心を聴きに来てくださる方々も来てくださっていて、とても安定した気持ちで演奏することができました。人がくださる安心感って本当にすごい。そしてその方々が音心を聴きたいから来ているんだといってくださる。やりたいと思ったことをして互いが恩恵を感じあえる関係なんて、本当にすてきなことだなぁって感じます。
この曲はやっぱりこのオカリナで…。そんな思いから久々に登場のオカリナもありました。真っ赤な秋の色をしているオカリナ。実は何度となく挫折しかかって「相性が良くないんだ」といってしまったこともあるオカリナ。でもあきらめて距離を置いてはまた新たな気持ちで出会い直したり、そんな繰り返しで信頼できる関係になったオカリナです。本当に人間っぽいですよねぇ。

とりあえず撤去の機材たち

演奏終了後は片付け。この日は台風の影響で病院に着いた時点から風が出てきていました。撤収時もかなりの暴風になってきており、それでもこの荷物なら重いからびくともしません。
帰り道は途中ですごい勢いで車の窓に雨がぶつかってきていました。

ただいまのオカリナ

この日のオカリナは意外と本数は少なめ(か?)マイクの位置取りを少々変更してみたりと、また自分なりの工夫を試行錯誤しています。少しでも気持ちよく聴いていただけるように、これからも演奏と音響面に精進します。
暖かい目で音心を聴いてくださる方々に、いつも感謝しております。台風接近のさなかでも、オカリナ吹けてこの日も幸せでした。

翌日の帰り道

翌日の帰り道

翌日は先日アップしたCar-Denへの訪問をしてから、自宅に戻りましたとさ。そんなわけで帰りはすっかりいい天気になっていました。最近自覚した晴れ男ですが、さすがに台風には打ち勝てないなぁと感じました。
posted by えんじろう at 22:06| Comment(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

10/02 愛知医大病院 音心

皆様こんにちは。愛知医大の報告記事に続くのは、次回の愛知医大病院の告知でございます。

日付:2013年 10月2日(水)
時間:①13:30 ②14:30(各30分)
料金:無料
天候:雨天決行
場所:愛知医科大学病院 正面玄関前 Link
住所:愛知県長久手市岩作雁又1-1
地図:Googleマップ Link / NaviTime Link

パンフレット画像

秋の雰囲気がだんだん濃くなっていく季節ということで、今回の演奏ではより秋を意識して演奏できたらと思っております。何とかの秋という言葉はたくさんありますよね。我々はやっぱり音心の秋?活動全般をがんばって、心に直接響くようなオカリナの音色を知っていただくようにしてゆきたいなぁと思うのであります。

先日は台風で天候不順でしたが、また晴れ男パワーで秋の美しい青空になることを祈ってみます。是非心温まるひとときにしていただければ幸いです。
posted by えんじろう at 22:39| Comment(0) | LIVE Information | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

10/05 浜松秋の芸術祭 音心

皆様こんにちは。続々と演奏告知をさせていただいておりますが、今回は来月初頭の告知でございます。

日付:2013年 10月5日(土)
時間:14:20 ~ 14:50
料金:無料
雨天:テントにて実施(豪雨の際は地下)
場所:ZazaCity ザザステージ Link
住所:静岡県浜松市中区鍛冶町
地図:Googleマップ Link / NaviTime Link

イベントマップ

パンフレット

以前にも幾度となく参加させていただいております浜松芸術祭、今回は浜松秋の芸術祭 2013への参加でございます。芸術祭そのものは10月5日(土)と6日に渡って開かれます。
なんと雨天でもテントが用意され、お客様も専用のテントにてご観覧いただけるそうです。ひどい雨の場合は当日朝の判断で地下にて演奏実施の予定とのことでした。あまりの準備万端ぶりにただただ驚くばかりです。主催者様の熱意のすさまじさを感じます。本当にありがたいですというわけで、どうぞ安心してお越し下さい。

我々音心は5日の14:20から、ザザシティ前にて演奏させていただく予定です。秋の曲、オリジナル曲、運動会の曲?元気よくお届けしたいと思いますので、是非鍛治町の歩行者天国に足をお運びください。オカリナの音はよく響くから、きっとたくさんの方に知っていただけるのではないかと思っています。

イベントの秋、是非楽しんでいってください。お待ちしております。
posted by えんじろう at 12:26| Comment(0) | LIVE Information | 更新情報をチェックする

2013年09月13日

明日からの旅路

皆様こんにちは。まずは見てくださいこの荷物。

先発隊

音心は明日から活動地域外にすっ飛んでゆきます。新たなるCDを作るための準備として、メインとなる音源収録に行ってきます。行き先は白馬村。数日間滞在しながらひたすら録音作業に着手する日々を送ります。

なぜこんなに期間を必要とするのでしょうか?前回のCDもそうでしたが、音心として販売しているCDは(まだ1枚だけど)基本的に一発録りというのをやっております。別に失敗しても1回で録音するという訳じゃないですよ。二人の演奏を1回のテイクで録音すると言うことです。
別々で演奏して後から都合の良いテイクを重ねたり、部分ごとに録音してそれをつぎはぎするような技術は現代ならいくらでもありますし、僕も多少ならできる自信があります。
でも音心はそれはやりませんというのが自慢です。要するにできることしかやりませんと言うことですね(笑)

飾らず気取らず嘘つかずです。格好いいこと言うのですが、それをやるためには膨大な時間が必要なわけです。だぁって途中でどちらかがミスすれば、全部最初からやり直しになってしまうんだから…。
今回はどんなペースで進められるのだろうか?緊張の日々が始まります。

でもそれって普段の本番もそうですよね。だから素の音を録音できるように、そして本番も上手になるようにという気持ちでがんばってこようと思います。

先発隊

今日は豊橋のレッスンの際に、先発隊の荷物とオカリナを亮子さんに引き渡して参りました。明日の朝に残り半分を持って、愛知で亮子さんと合流の後白馬を目指します。

たぶんネットつながると思うし、現場よりレポートなんてゆとりがあればいいですが…。
音心、行って参りまぁす!(明日ですが)
posted by えんじろう at 17:47| Comment(2) | Diary | 更新情報をチェックする

2013年09月17日

順調

無事にレコーディングを終えて、今お昼を頂くところです。

レポートは改めて。とにかく目的が果たせて良かった。今日はご褒美のような景色に包まれています。
posted by えんじろう at 12:59| Comment(2) | Real Time | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

白馬の記録 1日目

皆様こんにちは。久々となりましたブログ更新。今回は白馬におけるCDのためのレコーディング報告記事でございます。

13日の金曜日、荷物の前半をもって豊橋に移動した僕。そこで亮子さんに荷物を受け取っていただき、翌日は後半の荷物を持って愛知を目指しました。

お昼

お昼

途中で立ち寄ったサービスエリアで、じっくりとたっぷりな昼食をいただき気合いを入れました。

移動中

移動中

移動中

移動中

移動中

移動中

移動中

ひたすら走り続け(って僕は乗ってるだけ)美しい景色を次から次へと見ながら、収録現場に向かいます。

アンプロムプテュ白馬

アンプロムプテュ白馬

こちらが滞在収録現場のアンプロムプテュ白馬です。
美しい景色の中にたたずむ、ピアノの館。亮子さんが大好きな白馬の地で音心のCD制作は始まりました。山から何かが下りてくる…かな?

持込機材

持込機材

持込機材

録音機器などはすべて持込。この施設は本来心ゆくまでピアノを練習するための場所ですが、我々はその防音と調律が整っている環境を拝借して収録スタジオとして使わせていただいております。

セッティング

セッティング

セッティング

セッティングはこんな感じ。今回は2回目と言うことで、初回よりは少しだけ手際よく進められたと感じます。

初日は準備で大半を奪われてしまうことだろうと思っていました。しかし以外にも収録が進み、精神的にとても良いスタートを切ることができました。

ご馳走

ご馳走

ご馳走

夕飯はもう夜中になってから…。近くのガストでいただきました。そして寝る前に、オーナーが白馬の水をお部屋まで届けてくださいました。白馬とはいえ結構暑かった初日。おいしいお水が渇いたのどを潤してくれました。水がご馳走に感じる。そういう時代になってきているんだなぁとこの地に来て感じました。

初日レポート終了です。2日目に続く。
posted by えんじろう at 10:39| Comment(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

白馬の記録 2日目

皆様おはようございます。白馬での音心レコーディングレポート2日目です。

朝食から

朝食は宿泊料金に含まれているので、アンプロムプテュ白馬内にていただけます。新鮮な野菜と思ったらそれはそのはず。建物のすぐ横で栽培されているトマトやブロッコリーだそうです。最初の食事は洋風でした。パンおかわりしちゃった。これからオカリナ吹くというのに、そんなんでいいのか?

食事も終わり、昨日の録音確認からスタート。どのテイクを採用するかというところに始まり、いよいよ練習開始になったのは食事開始から90分ほどした後。

窓の向こうからこんにちは

窓の向こうからこんにちは

この日は台風が近づいていることもあって、朝から思い切り雨。駐車場が池のようになってきて、車を避難させたりしました。

雨で喜ぶのはアマガエル。防音室の2重の窓の外にいるというのに、アマガエル君の泣き声はその窓を貫通してマイクに入ってきました。

窓の向こうからこんにちは

窓を見ると「よっ!」という感じでこっちを見てる。手を振るとカエルさんも手を振り替えしていたと亮子さんが言っていました。

テンポが良くない。レコーディングのテンポが、昨日に比べると遅い。なかなか先に進むことができず、ちょっといきずまり感すら感じかけていました。
そんなさなか、扉の向こうに人影が…。宅配便かな?

差し入れいただいちゃった

差し入れいただいちゃった

なんと見知らぬご夫婦が白馬でスタジオというキーワードだけを頼りに、差し入れを持って我々に会いに来てくださいました。なんだかもう申し訳ないようなうれしい気持ちでした。
本当ならそのままゆっくりしていってもらい、オカリナを見せ合ったりお昼食べたりしたかった。でもレコーディングが進んでいなかったので、悔しいけどオカリナ話で盛り上がるのみでした。とってもおいしいブドウと味がしっかり詰まった梨、後でみんなで何度かに分けていただきました。
結構遠くからお越しくださったそうで、おかげさまでおいしいもので脳に活気が戻り感謝の気持ちでまた穏やかな精神状態になれました。とても感謝しております。

お昼は晩ご飯とともにコンビニで買い込み、もうずっと防音室内に立てこもり。何とか最低ラインはクリアできたかなぁと言うところまで持ってゆきました。
1日目の快調があっただけに、ちょっと焦りを感じた2日目。また白馬の水で幕を閉じるのであります。
posted by えんじろう at 07:17| Comment(2) | Diary | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

白馬の記録 3日目

皆様こんにちは。連続でお届けしております白馬でのレコーディング報告記事3日目でございます。

どんより曇り空

どんより曇り空

やはりこの日も雨の朝を迎えていました。白馬の山たちはその姿を影すら見せてくれることはなく、レコーディングに集中せよというメッセージを送られているような感覚でした。
前日のレコーディングが思うようにいかなかったことから、3日目はどうやって時間を有効活用するかということから考えていました。

和食の朝食をいただいた後、前日の確認などをせずにすぐに計画に沿ったレコーディングに入ります。
気がつくとお昼…をだいぶ過ぎていました。ひとまず軽い昼食をとり、またすぐにレコーディング再開。前日の行き詰まり曲が午前中で解決できたこともあって、後半からペースアップができました。

お月様

外がこんなになっていたことにも気が付かず、乗っているうちに採るぞという勢いで集中していました。

ボーカルマイク?

なんでボーカルマイクとかあるのでしょうねぇ?

乗ってきているとはいえ体は正直に疲れを訴えていました。ずっと立ち続けで腰が痛くなり、まだ慣れきっていない楽器の修行によって親指が痛くなってきたり、亮子さんも足がつってきたりと「負傷者2名」という状態になってきたので、あきらめて終了。
でもこの時点でかなりよい状況になってきていました。

ご褒美はたっぷりと

前日がコンビニばかりだったので、レコーディングのめども立ったということで豪華にガストで夕飯にしました。なんだかすごぉく幸せな気持ちになった夕飯でした。

お月様

帰ってくると、宿の上空にはそれは素敵なお月様。ビデオカメラ最大ズームで撮ると、結構大きくとれるものなのですね。今日のご褒美なのだろうと感じました。

というわけで、やっぱり締めは白馬の水でお休みとなったのであります。次回はいよいよ最終日です。
posted by えんじろう at 06:55| Comment(6) | Real Time | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

白馬の記録 4日目

さてさて連載記事なのに1日空いてしまいました。白馬の記録4日目の最終日でございます。

ついに登場白馬の景色

ずっとずっと天候に恵まれなかった(ある意味恵まれていた)音心のレコーディングスケジュールも、後がない4日目に突入。とはいえ昨日に大部分が完了できていたため、精神的には以前の「あなたへ」の時より恵まれているような感覚で迎えた朝でした。
下からは今日もピアノ調律の音が響いています。そしてカーテンを開くと…。

ついに登場白馬の景色

ついに登場白馬の景色

ついに登場白馬の景色

ついに出たー!というくらいの勢いで白馬の山々が現れました。思えば前回のCD収録の時と全く同じ状況。本当に収録をがんばったことへの大自然のご褒美という感じがしてなりません。カエルさんのサプライズは、結構楽しかったですけどね。
そして亮子さんはこの白馬の景色に魅せられて白馬通いをしておられるのだそうです。

朝食をいただき最後の詰めに突入。すばらしい景色ですが見とれていてはいけませんよ。ここでやることはまだ残っているのですから。

活躍中のいろんなものたち

活躍中のいろんなものたち

活躍中のいろんなものたち

活躍中のいろんなものたち

4日間ご活躍の機材や楽器たちに感謝しつつ、いよいよ収録も大詰めです。良いペースで無事に完了を迎えて、片付けに入ることができました。
名残惜しい気持ちもありますが、この音を形に変えてゆく作業がまだまだ残っています。しっかりバックアップも取って今回の成果を持って帰ります。

出発前の景色

出発前の景色

出発前の様子。亮子さんの車はこの白馬遠征が最後の長旅だそうです。僕もこの車には本当にお世話になっているので、自分なりに感謝の思いで撮影です。

出発前の景色

出発前の景色

出発前の景色

出発前の景色

出発前の景色

そして、駐車場から周りを見渡せばこんな景色です。本当にすごいところにいたのですね(笑)

出発前の景色

出発前の景色

稲の緑もまぶしく美しい。

打ち上げ風の昼食

打ち上げ風の昼食

打ち上げ風の昼食

乾杯のような勢いで、収録の旅を締めくくったのはガーリックというお店での昼食。亮子さんはなにやら辛い系のものを食べておられました。

刻々と変わる空と月

刻々と変わる空と月

刻々と変わる空と月

刻々と変わる空と月

空が夕暮れから夜へと変わってゆきます。それにしてもお月様がきれいです。前日の撮影で味を占めた僕は、走る車の中から一生懸命最大拡大の月の写真を撮っています。ビデオの写真機能だから、ある程度の手ぶれは補正してくれますし。

刻々と変わる空と月

刻々と変わる空と月

良い旅をすることができました。何より良い成果を出せたと思います。この音を皆様にお届けできる日が楽しみです。がんばって、販売に向けて進めてゆきたいと思います。

長期にわたる連載記事、読んでくださった方に感謝です。
posted by えんじろう at 20:07| Comment(0) | Real Time | 更新情報をチェックする