2013年04月01日

03/23 珈琲屋 香妹 報告

皆様こんばんは。周辺で体調を崩される方が割と多い今日この頃です。皆様本当に気をつけてお過ごしくださいね。そういう自分も油断せぬよう、生活リズムを改めます。
さて今回は3月後半の演奏報告をさせていただきます。

香妹さん 香妹さん
香妹さん 香妹さん

いつもお世話になっている菊川の喫茶店、珈琲屋 香妹さんでございます。1年ぶりくらいでお邪魔することになった香妹さんですが、そこにいらっしゃる方々とは1年ぶりというわけではなかったりします。ゴールドコンサートの日に東京まで応援しにわざわざ来てくださった方々、そして年末には香妹さん主催の忘年パーティーがアエルの小ホールで行われ、その際にはお邪魔させていただきました。
喫茶店の会を小ホールで行わなければならぬほどのお客様の量。香妹さんは本当に人の集まるお店だなぁと驚くばかりです。

お店に入ると、座った席の前にチューリップがありました。シンプルでかわいらしく、それでいてなんだか力強い。教えてもらってチューリップであることがはっきりしたという感じで、名前と姿の一致しない僕ですが…。実は「つぼみのこころ」のCDジャケットに書いた花がこれにそっくり。というかチューリップだったのです。
知っていて書いた訳じゃなかったのですが、お子様たちのイメージからこの姿が連想されたのかな?初っぱなから不思議な感覚になりました。

そして香妹さんは、毎回このようにして受付から物販コーナーまでお店側の皆様が協力体制で進めてくださる、とても暖かな空間です。
なんとこの日は予約が相当はいっているということで、並べる椅子の数もものすごい。隙間なく並んでいます。今回ステージもいつもの半分のサイズにさせていただき、少しでもお客様がゆったりできるような状態に貢献するよう努めました。

音響の準備もばっちりできて、リハも余裕を持ってやらせていただきました。うんこれで準備もだいじょうぶだ。かなり早めに到着できた会がありました。
やっぱり時間のゆとりというのは、良い演奏のためにはとても大切だって感じました。

演奏風景 演奏風景
演奏風景 演奏風景
演奏風景 演奏風景

香妹さんのお客様は、とにかく音を楽しみたいという気持ちの方ばかりです。だからコンサートは本当にその場にあるものすべてを満喫するほどの勢いで聴いてくださいます。
オカリナというちょっと不器用で危なっかしい楽器にとってはこれがプレッシャーともなるのですが、聴き手の皆様とチャンネルが一致したとき逆にすごい推進力をいただくことができます。
香妹さんでの演奏の醍醐味のように思います。気がつくと本当に楽しい気持ちになっていて、相乗効果でオカリナとリンクするので皆様と一緒にすてきなひとときを過ごしているという実感がものすごいのです。

音心は2部構成で、間にはかもんずの皆様によるオートハープの穏やかな時間が過ぎてゆきます。オートハープは複数で奏でられ、正面で聴くとその音の広がり間がワイドで心地よく響きます。

今回は香妹さんでは初となる詩の朗読コーナー、そして歌なども披露させていただきました。
皆様に満足していただくことができた…。演奏の後そういう実感を得られることってそうそうないと感じています。自分の弱々しい心は、人と共感することでその間は芯を得た強い心に変われます。香妹さんにはそういう空気が漂います。
だからやっぱり、お客様あってのコンサートだってことをとても感じます。そしてすごくすごく皆様に感謝したくなります。

演奏後は翌日が愛知なので、そのまま亮子さんとともに愛知に移動です。そんなわけでただいまのオカリナは撮影しませんでした。
今の自分は人の力でなんとかこうして立っていられる。この気持ちを絶対に忘れないようにして、その気持ちだからこそ出せる音を伝えていきたいです。香妹の皆様、そしてお客様方にいっぱいの感謝です。本当にありがとうございました。
posted by えんじろう at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2013年04月03日

03/24 Car-Den Cafe 報告

皆様こんばんは。遅れながら、演奏報告記事でございます。

Car-Den

今回の報告はCar-Denさん、もう先月のお話になってしまいます。前日の香妹さんから直接愛知に移動し、この日に備えました。しかし到着したのはほぼ夜中…。睡眠不足が演奏に影響しないかという不安を抱えていました。

翌朝ちょっと音合わせをしてからCar-Denさんを目指しました。
Car-Denさんはいつものように独特の雰囲気で、今回の展示品はミニカーのコレクションでした。なんと館長さんの私物だそうで、それはもうすごい数の車がギャラリーいっぱいに広がっていました。実はそれでほんの一部だとか…。あぁ僕も、展示するほどオカリナをたくさん持ってみたい…。

演奏風景 演奏風景
演奏風景 演奏風景

今回初めてのフリーチャージ。見てくださった方々の評価がどう出るか、内心ドキドキでいどんだCar-Denコンサートでした。といっても演奏が始まるとそんなことは片隅にも残っていません。単純なので一つのことですぐ頭が満たされます。
いつもの雰囲気を大切に、音心らしく皆様とやんわりした時間を過ごしたい思いで演奏しました。

演奏風景 演奏風景
演奏風景 演奏風景

前夜の香妹さん同様、新曲「つぼみのこころ」も皆様の前で披露しました。歌うといったから最初は館長さんがびっくりされていました(そりゃそうですね)新たな詩の朗読も交えつつ、ゆったりとした時間を作れたかなぁと感じています。前日の寝不足の影響は全くなく、自分としては納得いくコンディションで演奏に挑めたと感じました。
だから言い訳できないのですが…。修正不能なミスも犯してしまい、さくらが最後の最後でポキッと枝が落ちてしまったようなことになってしまいました。修行が足りなかったです。

フリーチャージになっても、いつも見に来てくださる方々に見守り続けていただけていることに、とても感謝しつつほっとしました。
新たなお客様も割といてくださったそうで、静岡・愛知の暖かな皆様方のおかげで今までやってこられているんだってことを改めて思いました。

ただいまのオカリナ

そしてただいまのオカリナ。いえ他にもたくさんの楽器がありますね。この楽器たちのおかげで今の自分がある。毎回書きながら、忘れちゃいけないって思います。
いつも聴きに来てくださる皆様と、Car-Denの皆様にとても感謝しております。これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。

本当に、ありがとうございます。次回Car-Denは7月28日(日)でございます。そしてその前に6月29日(土)の夜にも出没させていただきます。詳しくはまた改めて記事を書かせていただきます。
posted by えんじろう at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

03/30 プレ葉ウォーク 報告

皆様こんにちは。さてこれでようやく一段落する演奏報告。次の演奏が迫る中、記事を書かせていただきます。
今回の報告は年数回演奏させていただいているプレ葉ウォーク浜北さんでの演奏です。

季節も春めいてきて暖かいくらいかなぁと思いながら向かった浜北ですが、意外と風のせいで肌寒さを感じました。
今回は楽器に触れようという企画があったので、体験用のオカリナも数本用意して会場を目指しました。まずは大量の機材関連を店内に入れて、この日演奏される方々とご挨拶。

会場の様子 会場の様子

会場は春だからか、花がたくさん飾られていました。音心の機材はこんな感じでまず一カ所に集合。マトリョミンの皆様のリハからスタートです。
マトリョミンはロシア生まれの世界最古の電子楽器テルミンを、マトリョーシカに組み込んだ日本の製品。その開発者自らが生徒さん方とともに演奏されるということでした(って当日初めて知ったのですが…)

順調にマトリョミンの皆様のリハが進み、自分たちの番。
こちらも順調に準備が進んでいる…つもりでいたのです。しかしスタートの15分くらい前にアクシデントが発生。プレ葉は音の拡散がものすごいので、モニタースピーカが必要です。それが音が出ない。ボリュームあげたらいきなりハウる(ハウリングする)
原因は音響周りのセッティングで、プレ葉側と自分持ち込みのミキサー間で調節の問題があり、そのせいでモニターの側に充分な出力ができないというもの。当然そこまではっきり気づけたのはアフターオブカーニバル(後のお祭り)慌てふためきました。もう時間がない。とにかく何とかぎりぎりで調整しました。

演奏風景 演奏風景
演奏風景 演奏風景
演奏風景 演奏風景

最初のステージはえんじろう単独ステージ。CDの曲を中心に30分元気よく演奏させていただきました。えっ最初の写真が変ですか?
そうなのです。変なおじさん…ではなくて、開始するとしゃべりマイクが音割れするのに気がつきました。最初の設定では問題なかったのですが、モニターを出すために設定し直したせいで、今度は音割れが発生してしまったのです。
そんなわけで慌ててステージから降りてミキサーをいじるえんじろうの姿を、しっかりビデオがとらえています。普通こういうのは隠しちゃえばいいんですけど、自分への戒めと言うことで、公開刑罰です。本当はあってはいけないことですね。恥ずかしいです。

それでも原因の予想がすぐに立ち、しゃべりながら何をどうしようかなどが浮かべたことは良かったと思います。音割れはなくなりました。しかし今度は音が小さくなりすぎた。
何度もステージを降りるのはさすがにお客様に失礼に感じ、もうこれで通すと決断。でも亮子さんが少しずつ音量を上げていってくださったおかげで、ハウリングすることなく音量を復旧させることができました。
実は結構、状況から行けば偶然の奇跡のたまものです。だって僕が絞った部分と亮子さんが上げた部分がそれぞれ違う目的のボリュームだったからこそ、良い状態にできたのですから…。

かくして波乱の第1ステージは幕を閉じました。でもほめるべきこともあったのですよ(なんか苦しいぞ)この波乱の状況の中、心が隠せないオカリナでこけることのない演奏ができたのです。もちろんビデオを確認すると不安がどっぷり出ている音ではあるのですが、大きなミスに発展することなくとどまれたのは良かったと感じました。

テルミン演奏 マトリョミン演奏
マトリョミン演奏

はいお次はもう一組の皆様。最初テルミンの演奏から始まり、マトリョミン登場で大勢でのアンサンブルに発展しました。
テルミンやマトリョミンは、本体と手との距離で音程を決めるのだそうです。そういえば以前ソフトテルミンをご紹介したことがありましたね。つまりは音を探しながら演奏する楽器なのです。オカリナも運指に加えて息の強さで音程を定める楽器。音も含めて結構似たもの通しであると感じました。
だからこそ関心もありました。僕もしっかりとマトリョミンの体験をさせていただきました。

演奏風景 演奏風景
演奏風景 演奏風景
演奏風景 演奏風景

続いて第2ステージ。最初のステージの反省点を即生かし、問題を振り払った状態での演奏に入ることができました。実は新しいミキサーになってから、プレ葉さんで演奏するのは初めてでした。そんな言い訳してちゃいけませんが、これを機にミキサーの使い方を更に深く勉強し直そうと誓いました。

心配事を振り払えたものの、まだ最初のステージのショック状態はちょっとくすぶっていました。こういうのがミスの元。マトリョミンの方々が音を聞きながら調整することはものすごい集中力を必要とするというお話をされていました。オカリナもにているところがあると思います。だから少しの雑念も総崩れの原因となる。
やはりパーフェクトな演奏とは行かないところもありました。それでも目標である楽しみつつ演奏すると言うことは、ちゃんとやれたと感じます。

演奏後はオカリナ体験会を実施しました。お子様を中心に数組の方々がオカリナに触れ、実際に音を出してくださいました。お子様は最初強く吹きすぎて音が出る範囲を超えてしまいますが、その途中で通り過ぎた音の出る一瞬を良い結果だと知ると、後は自分で探し始めます。そして音の出る範囲を自ら知りそこに息の強さをとどめるという作業を行動でつかみ取ります。音を安定するのはすぐにはできないけど、そこまでのことを短い時間で自己発見してやろうとする力はやはりすごいなぁと感じます。
つぼみのこころじゃないですが、その無限の可能性を信じ続けてほしいなぁって思いました。

幸せの夕飯

片付けを済ませて荷物を格納したら、もういよいよおなかが警報。お昼も食べられなかったので「いい加減何か入れろ」と言ってきます。
すぐさまカフェ コンコルドさんに直行。とてもおいしいホタテ入りの高級パスタを食べたのでした。

ただいまのオカリナ

そしてただいまのオカリナです。今回はこれに加えてプラスチックオカリナも大活躍。体験用でしたがこれでも演奏できますよと知っていただくため、音心のステージでは実際に演奏にも使いました。
オカリナの魅力を届けたい。でも初めて見る人がぱっと吹いて伝わるものではないというのも事実。難しいことではありますが、そのためにもやってみようかなと思いたくなるような演奏をし続けていきたいなぁと思いました。

聴いてくださった皆様、オカリナに触れてくださった皆様、そしてプレ葉ウォークさんに感謝でございます。この日もオカリナと過ごせて、音心があって幸せでした。ありがとうございました。
posted by えんじろう at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

もっと自己中に

こんにちは。ミキサーの先日の失敗を生かすべく、ミキサー周りの再確認をしていました。そして判ったことがたくさん。でもそれを要約するとこの一言にまとまるのです。

ミキサーにとって自己中になるように設定すれば、何も問題はなかった

先日はつないだ先の音響機器がベストな設定でやれるようにという気持ちでセッティングしました。それがそもそもの間違いであることがはっきりしたのです。音を出す元の側からベストな状態であるように設定すれば、何の問題もなかったことが判明しました。結構これはミキサーの初歩の話かと思います。独学野郎はこれだから…なぁんていわれたくない。でも今回のミスはきっとそれなんでしょうね。

とにかくあの場合、自分たち持ち込みのミキサーが大きな態度をするように設定して、その先で受ける度合い(ゲイン)を調整すれば良かったのだと言うことがよくわかりました。もうモニターがらみで焦ることはないでしょう…。こうやって経験していたい目を見たことは、もう二度といやだから忘れないはず。

良い経験になりました。これが一歩一歩ってやつですね。また今後の演奏をがんばるぞ。

というわけで、つぶやきのような日記でした。自己中をいやがったがために良くない結果を招く…そんなことがあるのですね。実はこれ、セッティング以外でもあるのかもって思うときがあります。何でもほどほどですね。
そんなわけで覚え書きみたいな内容なので、あまり気にせずお願いします。失礼しました。
posted by えんじろう at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

明日の演奏について

皆様こんにちは。明日はいよいよ都市協フェアの日です。どうにもこうにも天候が悪く、ひどいことに演奏の時間が雨風吹き荒れる真っ最中に当たりそうな状況です。

先ほど主催者様から連絡がありました。
明日の都市協フェアは予定通り決行されるそうです。ソラモは全天候型なので屋根があり安心ですが、暴風だと横から雨粒飛んできたりするのかな?中央辺りがステージと言うことなので、オカリナも皆様もぬれることはないのではと思います。
でも来てくださる場合は、どうぞ気をつけてお越しくださいね。

というわけで、明日の事前連絡でした。
posted by えんじろう at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Real Time | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

04/06 都市協フェア 音心

皆様こんにちは。週末はものすごい雨風でしたね。こちらは未だに暴風が残っており、昨夜は夜通しゴーゴードードーという風の音が続きました。今もまだすごい音がしています。さすが浜松という感じです。
傘、骨がねじ曲がっちゃいましたよ。

さて今回の報告はそんな暴風の中でのソラモ演奏報告です。不動産業界のイベントで、ギャラリーモールソラモにて演奏させていただくことになっておりました。人通りも多くよく音が響く場所です。しかしこの天候。本番の時間が近づくにつれ、雨風は次第にひどくなっていきました。

音心は午前中練習をし、午後に現場入り。現場では屋根のあるソラモなのに雨が当たる。風の力でなんと横から雨粒がすっ飛んでくるのです。これじゃあ誰も出てこられないのではと思ったのですが、お客様がステージ前の椅子に座っておられます。こんなひどい条件下でも音楽を楽しもうとしてくださる方がいるんだ。なんだかとてもありがたい気持ちになりました。

こちらはソラモ こちらはソラモ
こちらはソラモ

ステージの様子はこんな感じ。にぎわいステージでもお会いしているkiyosakuさんの演奏風景です。すぐ横にはエアートランポリンが置かれていて、お子様たちの遊びの空間になっています。お子様たちのためのものですよ。大人はだめぇ!
昔盲学校にもこの機械があり、僕はそのモーター駆動音が怖くて近づけなかったことを覚えています。臆病者でしょ?しかしあるとき先生が電源を入れる行程を僕にやるよう言って、それをしてからは平気になったという変なやつです。仕組みや事の起こりを理解すると、受け身から発信側に変わる。そうすると恐怖がなくなるわけですね(あれっなんのはなしだっけ?)これは今の自分のオカリナにも大きく影響していると考えています。無駄なことって一つもないんですよね。

今回は天候が天候でビデオ撮影どころじゃなかったので、演奏画像はありません。
まずは司会の方からしっかりと紹介をしていただきました。雨風ひどい中ですが、お客様がいてくださることに本当に感謝しながら、しっかり演奏させていただくことができました。今回はしゃべり少なめでとにかく肝心な音を聞いていただく作戦で行きました。手拍子もしていただき、ありがとうございます。
音響の方もプロの方だったので、本当にすばらしく音心の理想の音(ピアノもオカリナも主役)を実現してくださり、すごくすごく吹きやすかったです。持ち込みマイクも見てすぐ対応。本当に短時間でこういうセッティングができてしまうなんて、やっぱりプロはすごいと感じました。

ただいまのオカリナ 控えのオカリナ

ただいまのオカリナと、朝の練習があったのでそのまま本番に音もしている控えオカリナたちのご様子です。あの雨の中です。ちゃんと湿気を飛ばしてあげないとオカリナたちも息苦しくなってしまうといけません。
なぜか妙に愛情を感じた、今日の演奏後のオカリナさんたちなのでした。

雨風と寒さの中聴いてくださった皆様、主催者の方々、そしてつなげてくださったにぎわい協議会さんに感謝です。
ありがとうございました。
posted by えんじろう at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

04/27 浜松 春の芸術祭 音心

皆様こんばんは。お腹が減っているえんじろうです。
さて今回は4月末の演奏告知でございます。先日演奏したソラモで、また演奏させていただきます。

日付:2013年 4月27日(土)
時間:11:00 ~ 17:00(音心は14:15から)
料金:無料
天候:雨天決行
場所:浜松市ギャラリーモール ソラモ Link
住所:静岡県浜松市中区海老塚町51-1
地図:Googleマップ Link / NaviTime Link

パンフレット画像

はままつ芸術祭実行委員会さんが主催される浜松 春の芸術祭に参加させていただく事になりました。
春の芸術祭は4/27と翌日の4/28にも続き、体験コーナーや演奏やギャラリーなど、多岐な分野で浜松の街中がにぎやかになります。

昨年夏は単独でしたが、今回は音心としての演奏でございます。先日同様音楽を聴いていただく事を第一に、しゃべりは少なめで行こうと思います。
実はこのイベント企画は浜松ハロウィンの時の主催者様がやっておられます。
このような音楽企画、どんどんやってほしいですよね。だってここは音楽の街を名乗っているのですから…。

我々は14:15から約30分ほど、音楽いっぱいで演奏させていただく予定です。またまた雨天決行ですが、天候とともに音心も是非応援していただけますとうれしいです。

同じ時間にキタラでもプロムナードコンサートが行われるようです。迫力的にはこちらは素朴な音楽ですが、心温まる演奏をするようがんばります。是非ソラモにも足をお運びいただければと思います。
posted by えんじろう at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Information | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

04/28 日本モンキーパーク 両方

皆様こんばんは。さて月末の演奏告知でございます。実は先日の春の芸術祭の後、愛知での演奏がございます。さすがはゴールデンウィーク、忙しく演奏できる事に感謝です。

日付:2013年 4月28日(日) 29日(月)
時間:①11:45(えんじろう) ②13:45(音心)
料金:入園料 大人1600円 子供800円
天候:雨天中止
場所:日本モンキーパーク モンパティステージ Link
住所:愛知県犬山市犬山官林26
地図:Googleマップ Link / NaviTime Link
TEL:0568-61-0870

というわけで、昨年もお邪魔した犬山の日本モンキーパークさんで演奏です。なんと28日と29日に渡って、各2ステージ30分ずつの演奏をさせていただきます。親子連れの皆様に喜んでいただけるように、楽しい曲を中心に演奏させていただこうと思います。
また2ステージいただいているので、午前中はえんじろう単独、午後は亮子さんと音心という編成でお届けしたいと思います。
ただ雨天の場合は中止となります。その場合は前日にはご連絡できると思いますので、気になる方はブログを見ていただけますようお願いします。

演奏場所はテーマパーク(遊園地?)になっている部分にありますモンパティステージです。昨年はずっとモンパチステージって言うと思っていたのですが、どうも本当はモンパティのようです。
ゴールデンウィーク突入という事で、是非モンキーパークに遊びに来てくださいね。オカリナのお店もありますよ。お待ちしてまーす。
posted by えんじろう at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Information | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

つぼみのこころ量産中

皆様こんにちは。オカリナ練習やレッスンの合間を使って、つぼみのこころを量産しています。

おかげさまで先日発売になった歌入りのシングルCD「つぼみのこころ」がご好評いただいており、演奏の際の手売りでも結構買っていただけています。
歌のCDが売れるということはとてもありがたいことではありますが、オカリナ吹きとしては若干複雑。言葉の力の強さを思い知るのです。

でもこのCDには純粋なお子様たちのお声が収録されています。そちらは是非多くの方に聞いていただきたい「音楽」です。
今日はそんなCD-Rの量産をがんばりました。今後ともコンサートの際の手売りもいたしますので、是非手に入れていただけますとうれしいです。

お子様たちの声に導かれ、幼い日の気持ちを再び…。
posted by えんじろう at 14:45| Comment(2) | TrackBack(0) | Real Time | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

05/04 アクト ショパンの丘 音心

さて皆様、今回は5月の演奏告知でございます。イベントの多いゴールデンウィーク、我々にも演奏のチャンスが巡って参りました。
浜松の象徴的建物。アクトシティー浜松の屋上にあります音楽広場にて、演奏させていただきます。

日付:2013年 5月4日(土)
時間:13:00 ~ 16:30(音心は15:10~)
料金:無料
天候:雨天決行
場所:アクトシティー屋上公園 ショパンの丘 Link
住所:静岡県浜松市中区板屋町111-1
地図:Googleマップ Link / NaviTime Link

演奏日はなんと5月3日から5日まで行われる浜松まつりの中日に当たります。僕は今までその時期は交通機関のすごい混雑を警戒して、浜松を離れていました。まさかこの日に音心での演奏ができようとは、正直これまでの流れからは考えてもみませんでした。
アクトシティーで浜松まつり!という企画で、消防音楽隊など様々な楽器や規模の演奏がお楽しみいただけます。

だからこそいつも通りの音心の音を、癒しの楽器としてのオカリナとピアノのアンサンブルをお届けするようにしたいと思っております。お祭りの方々は中日のちょっとほっとするお時間に、お祭りと無関係な方もゆったりした時間を共感していただけますと幸いです。
楽器博物館のあるアクトシティーだけあって、様々な音楽をお楽しみいただけるひとときとなっております。是非ゆっくりと遊びにお越しください。

※ 初期登校時演奏場所表記が間違っておりました。申し訳ございませんでした。
posted by えんじろう at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Information | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

YouTubeアップしました

3月のコンサート動画をYouTubeにアップしました。お時間あるときにメインメニューのYouTubeから是非ご覧いただければと思います。いずれも終盤での演奏曲でしたので、全エネルギー放出状態ですが…。

明日はいよいよ楽しみにしているひつじまつりでございます。ちょっと雨が心配でしたが、一昨日くらいから雨がくるのが遅くなるように祈っていた甲斐あってかちょっと天気が悪くなる時間が遅まっています。
現場は山の上なので、結構寒いことが予想されます。是非暖かくできる格好でいらしていただければと思います。
posted by えんじろう at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Real Time | 更新情報をチェックする

明日の編成急遽変更

明日のひつじまつりですが、亮子さんが体調を崩されてしまったため単独にて演奏させていただくことになりました。

それから先日公開した5/4のアクトの記事に演奏場所が違っていたという致命的なミスを犯しておりました。直ちに修正いたしましたので、ご興味のある方は再度ご確認お願いいたします。

以上、どうぞよろしくお願いします。
posted by えんじろう at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Real Time | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

04/14 ひつじまつり 報告

皆様こんにちは。寒くなったり暖かくなったり、なかなか変化が激しい今日この頃ですが、お元気でしょうか?
音心は亮子さんが風邪を引いてしまい、先日のひつじまつりは急遽単独出演に切り替えての演奏となりました。皆様もどうぞ、気をつけてお過ごしくださいね。
というわけで、そんなひつじまつりの報告でございます。

今回は途中まで電車、そこからこだま28号さんの車に便乗させていただき、現地の龍山青少年旅行村に向かいました。トップバッターがこだま商店さんだったので、かなり早い時間の到着。
現場にはまだ音楽関係者は誰もいませんでした。でも到着してまもなく、続々と皆様の車が入ってきます。

満開の桜 満開の桜
満開の桜

龍山青少年旅行村は下界に比べると結構寒く、いつもてっぺんの1本の桜の木は堅いつぼみの状態です。でも今年は初めて満開の桜。とても美しい光景の元で演奏できることを喜びました。
そして主役の羊さんたちは、朝食の真っ最中?鳴くのも忘れて草を食べている様子でした。

音響お手伝い

今回の音響は星守人の一員、MusicStudioNagaiの永井さんです。非常にスムーズに進む音響の準備に見習うべきものを感じつつ、もの運びくらいはお手伝いすることができました。
そしてじんわりとステージが始まってゆきます。また音響のお手伝いもさせていただきました。こういう繊細なものは半端な知識で勝手なことはしてはならない。それが僕の考えです。だから頼まれたこと以外は勝手な行動はしません。でも今回は今までよりももうちょっと突っ込んだところまでお手伝いさせていただくことができました。
お箏を習っていた頃、師から少しずつ調弦などの役目を与えてもらえるようになったときのうれしかった記憶を、思い出します。

演奏風景 演奏風景
演奏風景 演奏風景
演奏風景

30分ごとに次々と様々な演奏が続いてゆきます。背景にはのんびりした羊さんたちの声、そして時折お子様が飛ばすシャボン玉が目の前を流れてゆきました。本当にすてきなひとときです。横からは燻製の煙とともにお腹に響く香りががんがん押し寄せてきます。
でもまだだめ、演奏前なので軽食以外は口にしてはいけません。

ひつじの毛刈り公開では人だかりがすごい。

空は黒い雲がうろうろしながらも、時折太陽が見え隠れする状態でした。何とか持ってくれという一心で演奏を見守っていました。
やがて星守人さんの演奏が終わる頃、あーっ雨だ!手際よく音響機器にテントが張られ、ただすごいといわざる得ません。
雨はすぐに通り過ぎ、何とか続行のご様子。

子羊さんのレースが行われました。その次が僕の演奏の番。レースが終わる頃には、すっかり天候回復。お日様も少し出てきました。よかった…。

演奏風景 演奏風景
演奏風景 演奏風景
演奏風景 演奏風景

短い時間内にとにかく僕の音をたくさんお届けする。そんな目標のもと、たどたどしいしゃべりは少なめで演奏を進めてゆきます。
皆様に手拍子をいただいたり、例の「つぼみのこころ」もしっかり演奏して参りました。CDの宣伝もちゃんといえたし、自分としてはやるべき事はしっかりやれたかなぁと感じました。
でも演奏は反省点がなかったわけでもないのですが…。以前に比べれば障害の多い野外での演奏も、だいぶましになってきたと感じます。

演奏後に数人の方にお声をかけていただき、おかげさまでどなたがみてくださっていたのか知ることができてうれしくなりました。
さぁお腹ぺこぺこだぁ。

演奏風景 演奏風景

当然その後も演奏は続いているのですが、えんじろうはその演奏の後ろで鳥の燻製肉の残っていた分をむさぼり食っていたのでした。

いただきました

今回拝めませんでしたが、本当に丸ごと鳥の姿のまま出てきて、それを女性陣の皆様が解体してみんなでいただくのです。まるまる鳥さんの姿を見て初めて、いただきますの意味を意識するのですよね。鳥の姿を神聖で格好いいものといっておきながら、こうやって食べているのです。最低でも感謝しないといけませんね。本当においしかったです。

やがてすべての演奏が終了し、屋台も閉まり終了の時間。撤収は本当にあっという間でした。天候も最後まで二度目の雨が降ることもなく、みんなほっと一安心でした。

自由な桜

満開の桜。山の上にポンとあるので、枝を伸ばしたい放題伸ばしています。どのくらい生きている木なのだろうか?数メートルはあるであろう横に伸びた枝、その力強さと自由さに圧倒されます。
お子様の可能性も全方向に対して存在すると思います。どう伸ばすかは本人の気持ち次第。この桜の木は改めてそれを教えてくれたように感じました。だからここで「つぼみのこころ」を歌えたことをとてもうれしく思いました。

ただいまのオカリナ

とはいえ僕はオカリナの虜。あくまでメインはオカリナですので、皆様忘れないでくださいね(笑)

本当にすてきなひとときでした。主催者の龍山青少年旅行村の皆様、お誘いくださったこだま28号さん、音響の永井さん、聴いてくださった方々に感謝でいっぱいです。
今年来られなかった方、是非来年は癒しいっぱいのひつじまつりに遊びにいらしてくださいね。
posted by えんじろう at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

04/25 季刊誌frattoに音心掲載

さてさて皆様、今回はすてきなお知らせでございます。なんと音心が季刊誌に特集記事として掲載されることになりました。

年に2度発売される豊橋発の季刊誌frattoにて、特集として2ページに渡って写真入りで音心の記事を掲載していただきました。
売り込んだわけではなく、記者さんがたまたま聴いてくださったことがきっかけという奇跡のような出会い…。本当にご縁がある方とは、こうして自然に出会うことができるんだなぁと感じました。

発売日:2013年 4月25日(木)
名称:fratto Link
販売エリア:愛知県東部~静岡県西部の各種書店 Link
Amazon:fratto vol.17

音心の特集が載った雑誌が約半年間、書店に並ぶのです。本当にありがたいお話だと感謝でいっぱいです。

しかし本当にありがたいのは取材の際の記者さんのお人柄でした。時間を惜しまず本当に丁寧に我々のことを知ろうとしてくださり、とてもリラックスした状態で様々な話をさせていただきました。
そしてそれらの話を元に作ってくださる記事は、誇大でもなく本当にありのままの気持ちをわかりやすく自然な文章で書き上げてくださいました。思い切った告白も…。
取材を通して、今活動させていただいていることに改めて感謝しなきゃーって思いました。

是非fratto、書店やAmazonにて手に入れてみて下さい。どうぞよろしくお願いします。
posted by えんじろう at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

通院と花

こんばんは。今日は眼科通院のため電車に乗って出かけて参りました。前々回眼の状態がかなり悪かったので、結構びくびくしながらの検査でした。
しかし今回はそれまでの安定していたときと同じ感じに戻っており、ひとまずほっとしました。僕の眼にもなるべく安定して長持ちしてくれるようがんばってもらわないといけません。

つつじ…だよね

さて、そんな眼でみつけたでかける途中に咲いているツツジさん(だと思う)の写真です。この時期一斉に咲いていますね。

一面に広がるこの色合いを見つけると、なんか春なんだなぁって思えます。
posted by えんじろう at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Real Time | 更新情報をチェックする