2012年02月10日

音信不通でした

皆様ご無沙汰しております。ここのところずっとネットの更新もメールの通信もできておりませんでした、えんじろうでございます。

実は使っていたパソコンの異音がどんどんひどい音になってきて、にも関わらず動画編集などでパソコンが徹夜で作業する機会がぐんと増えていました。このままでは煙でも出てくるのではないかと本気で不安になってきており、このたび新パソコンを購入するに至りました。
となれば旧パソコンから持ってこられるものはすべて持ってきて、強固なパフォーマンスを備えたパソコンにしたいと考えるのは世の常(言い過ぎ)新パソコンが到着した2月2日から早速作業に取りかかっていたのでした。

ところが新パソコンにSSDを移行する際にミスをしてしまい、手順一つのミスによって大変な状況に陥ってしまいました。仕方なく購入した翌日に再セットアップという情けない状況に踏み切りました。すると今度は新パソコンに音声面の問題を発見。僕にとっては致命的です。どうにも解決できなかったため購入店に相談の電話をすると、購入時の構成じゃないからサポートしないといわれました。そんなこといったら買ったときしかサポートしないっていってるのと同じじゃないかと思いましたが、仕方なくまたまた再セットアップする羽目に…。

再セットアップをした後サポートを受けたのですが、結局OSの仕様だということで片付けられてしまい、再セットアップそのものも全くの無駄でした。いや無駄だということがわかったのだから全くの無駄ではないのですよね。
そして構成をそれまでの旧パソコンの状態に近づける作業を経て、片っ端からアップデートをしました。おそらくその中にあったのでしょう。怒り狂っていた音声の問題がなぜか解決。今に至りました。

予備に使えるはずだった旧パソコンは、SSDを取り外した際にデータ移行がうまくいかなかったらしく、使用不能な状態でした。自分が悪いのですが、踏んだり蹴ったりの状態でした。
これが1週間も音信不通となってしまった理由です。

コメントくださった方、メールくださった方、本当に申し訳ありませんでした。今からしっかり返信させていただきます。
2/5のレポート記事も、準備します。本当にすみませんでした。
posted by えんじろう at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

02/05 GEM Collection 報告

皆様こんばんは。大変遅くなってしまいましたが、2/5に参加させていただきました浜北にありますおとぎ草子さんでの演奏の報告をさせていただきます。

この日は盛りだくさんの日でした。朝も用事が入っており、それをこなしてから亮子さんと合流。コンビニで買ったお昼を軽く済ませ、来月演奏させていただきますカフェコンコルドさんに赴きました。チケットやチラシのやりとりなどをさせていただき、身が引き締まる思いでした。

その後ヤマハに向かい、まずは8階に…。実は前日4日とこの日は、ヤマハでオカリナデイズが開かれておりました。様々な方の演奏やフェア価格でのオカリナ販売などある日でした。
向かったお目当てはプリマ楽器のオカリナデモンストレーター深瀬欽吾さんにお会いしたかったから。楽しげに演奏されるお姿は、僕にとってはまさにあこがれのオカリナ奏者の一人なのです。
オカリナグループの素敵な演奏や、オカリナの先生をしておられる方の演奏などもあり、テンションが上がりました。同時に本番を控えていることに緊張度も上がりました。

現場到着がやや早かったので、先に夕飯めいたものを軽く食べることにして、なゆたさんにある喫茶店でパンをいただきました。

おとぎ草子に入ると、中は意外と広いことがわかりました。皆様集まって会場準備が進んでゆきます。
この日の主役はなんといってもファーストライブを行った星守人さん。聞いたことのある懐かしいフォークソングが続きます。ファーストとはいえ皆様ものすごいベテランの方々ですので、音響も含め抜群のバランスがとても心地よいひとときでした。特に大好きなサボテンの花を聞かせていただけたのが幸せでした。

星守人さんの1部に続いてはこだま商店さん。安らぎのお声と優しい気持ちになれるアンデス25Fの音が心地よく響きました。

それから僕たち音心。実はこの日、亮子さんは風邪で苦しんでおられました。
演奏ですが、そりゃもう悔しいのなんのって…。交流の時間は費やしてきたのですが未だ絆が深み切れていない2群オカリナに、見事にしてやられてしまいました。音が定まらず何とかしなきゃと焦るせいで余計音を外し…という負の連鎖。オカリナは楽しい心地よいと感じるとき強力な正の連鎖によって良い演奏ができる楽器ですが、逆パターンも同じように循環してしまうのです。恥ずかしいやら情けないやら…。この日からしばらく、とても落ち込みました。
と書くと全曲ぼろぼろだったように聞こえてしまいますが、問題だったのは2曲(おいっ)やはり慣れているオカリナでは安定して心地よく吹かせていただけました。

反省のオカリナ

というわけで、今回は反省のオカリナです。今は様々なオカリナを使う表現方法をとっているのだから、オカリナの個体差がすごいから…なんていいわけをしちゃいけない。この日は素直にオカリナたちにたくさん謝りました。自分を導いてくれているオカリナの前では、絶対嘘はつかない。それだけはしっかり守り続けたいです。

この日のお客様が本当に暖かい方々ばかりで、すごく幸せでした。オカリナがぶれたコーラスの後いただいた拍手が、とても優しさと温かさと思いやりにあふれたものに感じられました。本当にありがとうございます。自分がやっているのではない、やらせていただいているということを、よく痛感した日でした。これもきっと今後に向けての戒めのようなものだったのだろうって思います。全部今後に生かします。
聴いてくださった暖かい方々、お誘いくださいました主催者の永井さん、とても素敵なサウンドの星守人さんと優しいこだま商店さんに感謝でございます。

オカリナと共に、精進します。
posted by えんじろう at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

一発録りってなんだろう?

今日は以前から気にしないようにしていた事柄について、書いてみます。
一発録り…。レコーディングの際に耳にするこの言葉、定義というか本来の意味は何なのでしょうか?わかる方はいらっしゃいますか?
色々な意味合いにとれる気がして、僕には定義がずっとわからずにいました。いつしか考えないようになっていました。

自分が軽く考えた上で思っているのは、その名の通り最初から最後までを連続で録音する作業のこと。テイク数は無関係で、とにかく後からつぎはぎをしない録音の仕方を意味すると思っています。
でも一発なのだから本当は1度のテイクを意味していたりするのだろうか?あるいはバンドなどの団体がみんな一斉に録音することをいうだけなのか?もしかしたらリバーブなどの加工を施すことも禁止なのだろうか?
訳わからなくなってくるわけですね。

そこで皆様に質問です。一発録りと聴いて思い浮かぶもの、または自分はこれぞ一発録りだと思うことを、教えていただけませんか?
○ 1曲を歌い通すことを意味する
○ 多人数が一斉に録音することを意味する
○ 1度のテイクで録音することを意味する
○ エフェクトや音の加工を一切使わない素の音だけの録音を意味する

チェックボックスかと思いきや、単なる丸記号だし送信ボタンもありません(笑)コメントにでもお考えをお聴かせ願います。
もし3つめだったらえらい厳しい定義になるのではないかなぁと思います。4つめなんてプロアーティストにはあり得ないことだと思います。
ちなみに音心のCDは1と2の定義なら満たしていることになりますよぉ。ではでは、えんじろうのつぶやき疑問コーナー失礼しました。
posted by えんじろう at 10:01| Comment(6) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

素敵なアニメご紹介

皆様こんにちは。いつものえんじろうでございます。さて今回は素敵なアニメのご紹介でございます。
きっと前にも書いてますが、僕は食事の時にアニメを見るのが好きです。テレビがないのでもっぱらパソコンを使っての視聴なのですが、僕はパソコンテレビのGyaOを楽しんでいます。

そしてご紹介する番組は夏目友人帳というアニメ。以前ご紹介させていただいた蟲師というアニメに次ぐ感動ものです。やはり妖怪のたぐいをテーマとしている話で、特に正義だぁ悪だぁがなくそれぞれの道をただ生きているだけという流れ。殺し合ったりひどいシーンでインパクトばかりつけようとするたぐいとは一線を画した心に響くアニメです。
基本的に1話完結型なので、あぁいい話を聞かせてもらったという感じで見ることができます。

最近30分番組を見てもあっという間に過ぎてしまう印象でしたが、このアニメは30分と思えないほど長い時を過ごした感覚になります。それはいろんな心が凝縮されていて、いちいち揺さぶられて中身の濃い時間を過ごせるからではないでしょうか?つまり30分を短く感じるのは歳のせいだけではなかったということです。これは現実にもいえることですよね。中身の濃い時間を過ごすよう努力しなくちゃ…。

何か暖かいものを感じるひとときです。というわけで、夏目友人帳の配信ページを貼っておきます。是非おすすめでございます。じゃ、みよっと。
posted by えんじろう at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

本番に向けて

皆様おはようございます。昨日紹介しました夏目友人帳というアニメ。毎回涙腺が緩むワンシーンがあり、感動しながら見ています。あやかしのたぐいはたいてい自然の木々とか道具として使われていたものから発生するそうです。オカリナを生き物のように見ている自分にとって、何かとても身近なお話に思えてならないのです。
というわけで、いよいよ菊川香妹さんでの音心コンサートの日が迫って参りました。

今回は自分たちで音響を用意することになり、その演習もかねて昨日から音響機材を通した練習を開始しています。同時にテンションも上がってきています。やはりテンションの影響が非常に強いと感じます。
音響も自分でやると勉強するべき事がたくさん出てきます。こうやって様々な経験と学習をさせていただけることに、一つずつ感謝してゆこうって思います。すべてが実践に基づく独学ですが、理想の音があるからそれを目指せば変なことにはならないと信じています。

というわけで今回も前後半の音心演奏に加え、中間にはクロマハープの香妹んずさんの素敵な演奏もございます。素敵な時間にできるよう、精一杯がんばります。
更に日曜の奥浜名湖音楽祭も、楽しんで参ります。皆様是非、遊びにいらしてくださいね。お待ちしておりまぁす。

ところでお米を炊く際はといでからしばらくおいて炊飯ボタンを押した方が、よりおいしく炊ける気がします。いかがでしょう?
posted by えんじろう at 07:26| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

03/03 花・緑 タウンフェア 音心

皆様おはようございます。今日はちょっと冷え込みがひどいですね。風邪など引かぬよう、お気をつけください。
さて3月の音心演奏の場を、またひとつ与えていただくことができました。浜松市緑政課が主催するイベントの応援として、演奏させていただけることになりました。

日付: 2012年3月3日(土)
時間: 13:15 ~ 17:00(音心は16:15~20分)
料金: 無料
場所: 有楽街の歩道上 Link
住所: 静岡県浜松市中区鍛冶町 有楽街歩道
地図: Googleマップ Link / NaviTime Link

3月2日(金)から4日まで開かれる花・緑タウンフェアというイベントで、花カフェというスペースが用意され、定時になるとフラワーデザインのデモンストレーションが行われます。デモの合間を縫って数組のミュージシャンが入れ替わりで演奏を進めてゆくという構成になっており、我々はこの日の最後16:15から20分間演奏させていただけることになっております。
せっかく花の祭典なので、花にまつわる既成曲やオリジナル曲を演奏しようと考えております。

お時間ございます方は、是非有楽街にお立ち寄りください。通りすがりでもオカリナの音が聞こえたら、是非足を止めていただけるとうれしいです。
素敵な時間になりますように…。
posted by えんじろう at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Information | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

口を閉ざしたオカリナケース

さて皆様こんにちは。今日はかなり焦った昨日のお話をさせていただきます。ライブ報告記事はまた書いてゆきますね。

土日の演奏の後、僕は用事で実家に帰っておりました。いろいろあってオカリナケースや音響機材をスーパーリュックに入れて実家往復をしてきました。
昨日浜松に戻ってきて、早速オカリナケースを開けようとしたとき…。あきまへん!ガチャッと引っかかる感じと共に、引き上げるべき取っ手が途中で止まってしまいます。二つある取っ手のうち左側は正常に動くのですが、それではケースは開けません。
よくよく見てみると、取っ手のところに鍵穴が着いているではありませんか。

知らなかった…。手に入れたときに鍵が着いてきたのかどうかすら、全く気にしていませんでした。当然これを開ける鍵は不明
自分のオカリナケースの鍵がかけた覚えもないのに勝手に施錠され、しかも開ける手立てはなし。まさに絶体絶命の危機的状況です。父に相談したりお世話になっている人に助けを求めてみたり、とにかくたくさん騒ぎました。ネットで調べたりもして鍵屋産で開けてもらうとかなりの値段になることもわかり、途方に暮れていました。

ひとまず気を静めるべくお風呂に入り、それから部屋にある鍵を片っ端から突っ込んでみてはという強行作戦を開始。ドライバーなども試しましたが、やっぱり鍵だからそれはだめでした。
いくつかの鍵を経て何か良さそうな鍵に出会いました。角度をつけながら探るようにしてみると、何かに引っかかった感じがします。それを逃がさないよう気をつけながらゆっくり回すと…カチャン
ついに閉じ込められていたオカリナたちを救出することに成功したのです。

結局この鍵はケースに付属の鍵ではなかったように感じます。でも開けた実績ができたので、今後に備えてミキサーケースの鍵と一緒に手元に置いておくことにしました。
演奏直前にこのようなことになっては、笑い話じゃ済まされませんし…。本当に焦ったひとときでした。お騒がせしてしまった方に、お詫びいたします。

皆様も是非、大切なものを鍵で管理する際はご注意ください。その鍵が思わぬ災難をもたらすこともあるようです(って単なる自分の管理不行き届きじゃない買って話ですが…)
posted by えんじろう at 14:50| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

02/18 珈琲屋 香妹 音心

皆様こんばんは。だいぶ遅くなってしまいましたが、今回の記事は先週土曜日に行わせていただきました、菊川の喫茶店珈琲屋 香妹さんでの音心コンサート報告でございます。

これで3回目となる、香妹さんでの音心単独コンサート。朝から亮子さんと合流して、たっぷり練習時間を設けました。この日は音響も自分たちで担当することになっていたため、早めに香妹さん入りすることにしていました。
お昼をどこかで確保する予定でいたのですが、いろいろあって探している時間の余裕がなくなってきました。急遽香妹さんに連絡して、昼食は香妹さんでいただけることになりました。
なかなか手が出ない外食ですが、この日は割とあっさりと決断できました。オカリナレッスンを中心に無収入ではなくなっていることにとっても感謝しての昼食でした。味はもちろん量的にもちょうど良く、とても幸せでした。

昼食を済ませたら早速音響機材の準備です。相当ゆとりを持っていたつもりだったのに、時間は容赦なく過ぎ去ってゆきます。今回自分たち音心はもちろん、間に演奏していただくことになっている香妹んずさんの音響にも部分的に携わらせていただいていました。
結局音響の調整はぎりぎりまで続き、やはり大変なものだなぁと感じました。

時間になりやんわりとスタート。司会も最初の頃と違い気軽に構えながらやれるようになってきました。本当に大きな変化だと自分で驚きます。
音響の状態を把握できているからでしょうか?演奏もとても安心した状態で行うことができました。ノーミスというわけではないのですが、持てる実力はちゃんと発揮できたのではないかと感じています。できること以上はできないのだから、せめてできることをいつもと同じようにできるよう努力しないといけません。
前半と後半に分けての音心の演奏、そして間にはオートハープの香妹んずさんのステージが入った構成でした。香妹んずさんと1曲コラボレーションもさせていただきました。

笑いをとる曲、曰く付きのオリジナル曲、そして初披露となるオリジナル新曲なども交えつつ、自分たちの世界をしっかり展開できたと感じました。

ただいまぁのオカリナ

はい、ただいまぁのオカリナです。今回は見ての通り、オカリナに加えて鍵盤ハーモニカも参戦しました。それも亮子さんのハモンド44と、僕が吹く亮子さんからお借りした普通の鍵盤ハーモニカのアンサンブル。楽しい雰囲気を出すためには、いろんな工夫をしてみる。それも音心だと思っています。
何はともあれ、この日も素敵なお客様方あってのひとときでございました。わざわざ聴きに来てくださいました多くのお客様方、一緒にもり立ててくださいました香妹んずの皆様、そして3回目のコンサートを開かせてくださいました香妹さんにいっぱいいっぱいの感謝でございます。どうもありがとうございました。

この日もオカリナと過ごせて、そして音心で演奏できてとても幸せでした。
posted by えんじろう at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

出かけてきます

皆様おはようございます。今日は土曜日ですね。何かご予定はございますでしょうか?
僕はこれから愛知県に向かって出発します。音心の練習オカリナ演奏会を見学しにいって参ります。たまには自分もお客さんとしてオカリナ演奏を堪能し、そこから色々学んで自分の演奏にも還元できたらいいなぁなんて思うわけであります。
その後には演奏もいくつか控えていますし、がんばってゆこうって思ってます。

何より聴いてくださる方々が良かったなぁと思っていただけるように、そのためには自分が良かったなぁとまず思えているかで結果が変わってしまうと思います。自分が望む音がちゃんとその場で出せるように、音響面も含め全体を第三者として見渡せるゆとりがほしいものです。

それでは、スーパーリュックと共に行って参ります。
posted by えんじろう at 08:05| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

02/19 奥浜名湖音楽祭 報告

皆様こんばんは。今回は大変遅くなってしまったのですが、10日近く前に行われました奥浜名湖音楽祭のライブレポートをさせていただきます。いろいろやっていたりして、なかなか記事が書けずにおりました。すみません。

奥浜名湖音楽祭は、以前からずっとお世話になっているこだま商店さんが中心になって運営しておられる田園ライブの大規模企画です。今回もそんなこだま商店さんのお誘いによって、音心も混ぜていただけることになりました。本当にこだまご夫妻には感謝でいっぱいの気持ちでございます。

亮子さんは前日の香妹さんでのコンサートから浜松宿泊で、朝に合流して会場を目指しました。続々と集まる田園ファミリープラスアルファーに混じって、僕らも田園ファミリーとして紛れ込んでいました(笑)
なにやら大事な感じでミーティングからのスタート。いつもと違った雰囲気に緊張を感じました。

我々は3部構成の第1部の最後。無事に1部に幕を下ろせるように、ちょっとプレッシャーを受けながらの準備でした。
控え室にゆくとごった返しており、皆さん音を出してじっくり練習されていました。我々はギターなどと違って音を控えめに出すということができない楽器です。弱く吹けば音程が下がるから、練習になりません。開き直ってのんびり過ごすふり(ふりなのかい?)をしていました。
そうこうしているうちに本番直前が迫ってきます。舞台袖に立つとこの日の司会者の方と打ち合わせです。あれっと思ったら昨年フォークロックコンサートでも司会をされていたオカリナをたしなまれている方。うれしい再会にテンションが上がりました。

20分という時間を有効に使い、3曲演奏させていただきました。テンション高く気分良くと生きたかったのですが、1曲オリジナルで一瞬のミスをしてしまい、かなりしょげました。
それでも全体としてはしまりのある演奏ができたと感じました。完璧というものはそうそうできるものではないというのが、またまた痛感です。永遠の課題ですね。

演奏の後は第2部で受付を担当していた亮子さんと交代勤務でお昼を頂きました。ほっとしていたからおいしかった。
その後は田園仲間の方々の演奏を堪能したり、受付付近で話をしたりと僕なりにリラックスモードでした。

さてこの日はただいまーのオカリナがありません。実はオカリナケースに入れたまま、乾燥させました。本当は出して全体をさらしてあげるべきなのですが、翌日の用事に向けての準備やらで休めている暇がありませんでした。
こうして有意義な日々を何とか送らせていただけるのも、演奏の場と聴いてくださる方々あってのこと。そして田園ライブを支えておられる皆様と、いつも気にかけてお誘いくださるこだまご夫妻に本当に感謝しております。
演奏ができて、オカリナを聴いていただけて幸せでした。
posted by えんじろう at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

リニモ乗ったよぉ

皆様おはようございます。先日愛知入りしてきた記事を書きました。愛知では以前からずっと乗ってみたいと思っていたものがありました。
そうです、愛地球博に合わせてできあがったというリニアモーターカーリニモです。最速が出せる可能性を持つリニモ。滑るように走るリニモ。期待は膨らみます。

リニモのホーム リニモの線路

うかがった話によると、リニモは運転手さんがいないらしいですね。完全自動制御で動き、駅員さんもいない。インターホン越しに司令室みたいなところとつながっているのだそうです。切符を買う際に駅員さんと話したつもりになっていた僕。遠隔地の駅員さんに話し、手帳を見せたりしていたことがちょっと恥ずかしくなりました。遠隔操作されていた気分ですね。
ホームと線路の間には全面が透明の板で仕切られ、リニモのドアのところに重なるようにドアがある。昔ちょっと想像したことのある横移動エレベーター。まさにその仕組みで、安全面に配慮されていました。

さて乗り心地ですが、速度が変わる際に前後ろ方向に圧力がかかるのは普通の電車と同じでした。慣性の法則には逆らえないって事でしょうか?たださすがに浮いているだけあって、縦の揺れが全くないのです。これは斬新でした。
車内アナウンスの音質は愛知環状鉄道同様に高音質でした。

乗った区間は2駅だけ。楽しい体験はあっという間でした。また乗ってみたいものです。というわけで、えんじろうのリニモ体験談でございました。

翌朝、実家に向かう電車が鉄橋からなぜか茶畑に落下する夢を見ました。車両が全面ガラス張りで、着地の瞬間が予測できたため、直前に思い切りジャンプし難を逃れようとしました。作戦は見事成功し、全く縦揺れなしで着地できました…。縦揺れ?
そうです、思い切りリニモ体験から来た夢でしたとさ(笑)
posted by えんじろう at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする