2011年12月02日

12/11 ふれあいXmas 音心

皆様こんばんは。さてあっという間に12月
やや風邪気味っぽくスタートしてしまったえんじろうですが、ちゃんと病院で診てもらいひどくなる前に対処しました。今はだいぶ落ち着いています。それにしても真っ先に喉にくるから困りものですね。咳をしている方がたくさんいます。今は予防のためにマスクをつける人の方が多いように思います。どうぞ皆様もご注意くださいね。

さてそれでは、今回の告知は愛知県側での演奏告知でございます。

日付: 2011年12月11日(日)
時間: 13:00 ~ 15:40(我々は13:50~)
料金: 無料
場所: 日進市民会館 小ホール Link
住所: 愛知県日進市折戸町笠寺山62-3
地図: Googleマップ Link / NaviTime Link
TEL: 0561-72-0955

パンフレット1 パンフレット2

主催はにっしんアミーゴさん、Piacereのさんちゃんが立ち上げられた団体でございます。今回で2度目となるふれあいコンサートは、前回同様Piacereさんと音心橋本真裕美カルテットさんの3組構成でお送りします。
上記のすてきなパンフレットはカルテットのベーシストさんが作ってくださいました。

せり上がる舞台にまた会えるのが楽しみです(笑)幅広いジャンルで音楽をお楽しみいただけますので、是非皆様遊びにいらしていただければうれしいです。
…そうかぁ、もうクリスマスかぁ…。とか考えるとやや寂しくなるので、楽しい気分でこの日も過ごして参ります。ではでは、お待ちしておりまぁす。
posted by えんじろう at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE Information | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

SSDでPCパワーアップ

今回はPCのお話です。浜松に来たときとほぼ同時期に入手した今のデスクトップパソコンは、毎日相当にこき使われながらも何とか懸命にがんばってくれています。自分の場合常に音声補助ソフトを使用する手前、標準よりやや背伸びした能力のものを購入しています。とはいえすごいスピードで進化するこの分野、僕のPCの能力も先進のものからはかなり遠い過去のものと化してきています。

そこで今回快適さを求めて、思い切ってFlash SSDというものを導入することを決意しました。SSDとはSolid State Driveの略で、ハードディスクの進化型のようなものです。
ハードディスク(HDD)が回転する磁気ディスクにたくさんのデータを書き込む代わりに、SSDはUSBメモリーみたいなものに記録します。つまりディスクがなく回転しないからモーターとかありません。データの読み書きも相当早いらしく、これを導入することでPCの動作が飛躍的に速まるというのです。

SSDパッケージ 中身の写真

買ったのはIntel製のSSD510シリーズというもの。120GBの容量のものです。HDDだと500GBとかが当たり前にありますが、SSDは手頃なお値段というとこんな感じになりました。

作業開始 お宅っぽく

PCを引っ張り出して中身を開けて、あぁでもないこぅでもないと一生懸命換装作業に打ち込みました。なんだかお宅って感じの光景ですね。そんなの写真撮るところがなおさらに。だってお宅ですから…。
完了したときのことを想像しながら打ち込むと、こういうのも結構楽しかったりします。

取り付けに苦戦

しかしネジがどっか落ちそうになったり、SSDを設置しようとしたら幅が全然違っていたり、電源ケーブルがあまりにぎりぎりの長さでつなぐのに一苦労したり…。壁はたくさんありました。

換装完了

ようやく設置完了。この後ソフト面での作業にまたかなり手間取ったわけですよ。
その分完遂できたときの感動は格別なものを感じました。

今までたった1つのHDDでシステムからデータ保存まで一手に引き受けてくれていたのですが、システム関係をSSDに移すことでHDDはデータ保存のみに専念してもらうこととなりました。システム関係をSSDにしたらWindowsXPの起動からソフトの起動まで、どれも本当に飛躍的に速度アップしました。
PC動作が遅いのはCPUの問題ばかりではないことが、とてもよくわかりました。いやぁ本当にいい買い物をしました。

PCを買い換えることになったときにも、SSDは一緒に引っ越して活躍させることがあると見込んでの買い物でした。まだまだこのPCでもいけると思っていますが、SSD自体とは更に長くつきあえるなぁと思っています。
というわけで、PCパワーアップ報告でした。
posted by えんじろう at 23:37| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

12/04 風の会 報告

皆様こんばんは。今回の記事は先週日曜に行って参りました風の会主催のコンサートの報告記事でございます。
菊川の風の会という方々が主催するコンサートが模様され、そこにゲストとして音心で演奏させていただきました。会の方々が対象でしたので、告知はしませんでした。
風の会は様々な困難と向かい合っている方々が、互いに集まって心を癒すひとときを分かち合うためにできたのだそうです。引きこもりや様々な障害など抱えておられる困難は多種多様ですが、困難から解き放たれるひとときをみんなで作り上げる目的の会なのだそうです。

この日は僕の自前の音響設備が、ついに日の目を見る日でした。古民家をお借りしての演奏だったので、会場は昔の家によくあった二間を合わせるタイプの客間でした。というか実家の僕の部屋はまさにその二間の片方なのですが…。
本来ならば音響なしでも充分そうな環境なのですが、一つの目的のためにあえて持ち込みました。今回のお話をいただいた、会を主催されているまや ひろとさんはこうおっしゃっていました。ここに集まる方々はコンサートを好きに見に行くのが厳しい。だからコンサートにきているような感覚を分かち合いたいのだということ。
その話を聞いた僕は、一気に気分上昇!音響機材を持ち込み、コンサートホールに来ているような臨場感を楽しんでいただこうって決めました。音響機材のデビューもできるし、実戦経験の場が一つ得られることがとてもありがたいというのもあります。何よりもそういう演出って素敵なお話ですし、僕自身が大好きなのです。

音心での演奏だったので、亮子さんにきていただいたら荷物の積み込み。後ろが見えなくなりそうなほど、車に機材がびっしり状態でした。車って本当にすごい、改めてそう感じちゃいました。

音心フルセット展開 頂き物のケーキ

かくしてこのような音響セットの元、演奏をして参りました。最初にまや ひろとさんのご挨拶に始まり、そのまま演奏。まやさんはギター弾き語りをされ、なんと作曲もされるのです。素敵なボーカリストさんの歌声に乗せて、オリジナルの演歌にはたまらんものがありました。

そこから我々音心です。与えられた60分間を皆様と楽しく過ごせるようにがんばらせていただきました。
中間にはオートハープ奏者で歌声もとても美しい繁田さんと一緒に、みんなで思い切り歌うというコーナーもやりました。当初僕もこのコーナーで前奏など演奏するつもりでいたのですが、何しろぶつけ本番。なかなか思うようにやることができず、1曲はオカリナ参加を断念して音響に徹していました。オカリナは短音楽器だから一つのミスが100%のミス。だからこそしっかり練習して万全にしておくしかないとわかっていたはずなのに…。身の程をわきまえずにぶつけ本番をするとどうなるかを、思い知らされた1曲となってしまいました。
得意不得意は誰しもあること。不得意を得意にするには限界もあります。大切なことは不得意をわきまえて、得意を前面に出せるように工夫することだと改めて感じました。
オカリナの前ではすべてを正直でいたいから…。恥ずかしくてもこういうことは書いちゃいます。

演奏が終わった後はみんなでティータイム。素敵なケーキと紅茶、そしてお菓子までいただいて皆さんと団らんのひとときを過ごさせていただきました。
僕も一視覚障害者としてとても居心地よくその場に混ぜていただけて、なんだか幸せでした。標準的な人間と比べ何か欠けているように感じたとしても、実はそこにゆくはずだったエネルギーは必ず他の能力に上乗せされている。僕はよくそう考えています。だって生物はものすごく柔軟で高効率的な存在だから。

ただいまのオカリナ

ただいまの楽器たちです。素敵な時間はあっという間に過ぎてゆき、大急ぎで片付けをしてその場を後にしたのでした。
まやさんをはじめ風の会の皆様、この会に出るきっかけを作ってくださった繁田さんに大変感謝でございます。オカリナと一緒で、この日もとても幸せでした。
posted by えんじろう at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

12/17 冬の灯りと音楽と 単独

さて今月もたくさんの演奏活動ができるようがんばっています。そんなわけで10日後のライブ告知でございます。

日付: 2011年12月17日(土)
時間: 13:00 ~ 19:00くらい
料金: 500円(ワンホットドリンク付き)
場所: 香庵(かおりあん) Link
住所: 浜松市中区佐鳴台4-37-23 ITOUYAビル2F
地図: Googleマップ Link / NaviTime Link

会場は出入り自由、様々な音楽や各種展示などもお楽しみいただけるそうです。実は今回も二胡奏者の村松 克子さんからのお誘いです。いつもありがとうございます。
13:30~16:30の飛び入り枠へのエントリーだったので、どの時間帯に演奏となるかは不明。その場の飛び入り人数により演奏時間も変わるようです。とりあえず30分持たせられるよう準備してゆくつもりです。
初めての場所でいきなり演奏なのでどうなることかわかりませんが、それも勉強と最善を尽くせるようがんばってきます。

よかったら遊びにいらしてくださいね。
posted by えんじろう at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE Information | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

ファン交換でPC保護

さて皆様こんにちは。またまたPCの話題です。お宅っぽい記事になっちゃいますが、ご容赦ください。
前回のSSD導入によってPCが見違えるようなスピード感に恵まれています。早くもそのありがたみになれ始めているのが、なんだかもったいない気もしたり…。そして今回はパソコンパーツアップ第2弾としてシャーシファン(ケースファン)を交換いたしました。

新しいシャーシファン

これが購入したファンです。800円ですが、スペックはちゃんと調べた上での買い物でしたので自信あります。

古いファンの写真 新しいファンの写真

箱開けて湯を注いで3分待ってもできません(おいっ)箱開けたらまず静電気を逃がして、そこからは一生懸命ドライバーもって換装作業に徹します。
左が元々あったファン、右が新しいファンです。事前調査してあったこともあって、換装作業はそれほど大変ではありませんでした。ただコネクターの数が元々あった方が3ピンだったのに対して、新しいのは4つピンがあったのでちょっと焦りました。

取り付け前 取り付け後

換装前と後の状態を並べて表示しています。右が新しい方です。

何でこんなことをしているかといいますと、先日から時々パソコンの電源を入れた際にすごい音がするときがあったのです。YouTubeで「パソコン 異音」で検索すると実際の異音を聞けるので、自分のパソコンの異音の正体をつかむきっかけにできます。こんな役立て方があるのですね。
そして原因はファンらしいという結論に達したというわけです。

ティッシュで問題発見


無事に設置完了したので、ちょっとティッシュで確認を…。あらっ?
ティッシュは上の方は本体から逃げるのに、下の方では本体にくっついています。今回入れ替えたのは下のファンで、それはつまり風向きが逆だったことになります。なんちゅうこっちゃぁ。
そんなわけで、それからいそいそとまた再換装をする羽目になったというお話でした。

そんなわけで続きましたパソコン奮闘記は、これにて終了です。
ところで換装した今も、時々異音が鳴るのはなぜだろう…?
posted by えんじろう at 16:10| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

さぁておでかけだ

皆様こんにちは。今日と明日は連続LIVEの週末となります。風邪もだいぶ抜けてきて、気分はしっかり上昇させられております。

本日は演歌モードのえんじろうで、オカリナの幅の広さをお届けしたいと思っております。一節一節大切に楽しみながら演奏して参ります。
ちょっと寒いかもしれませんが、是非皆様浜北のなゆた前にお越しくださいね。明日は愛知県に行って日進市民会館での演奏です。これまた楽しみなのです。

夢と生き甲斐を与えてくれるオカリナのすばらしさを広げられるように、二日間がんばって一生懸命楽しみます。ではでは、宜しくお願いしまぁす(何を?)
ラベル:live
posted by えんじろう at 14:59| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

12/18 F&R コンサート 音心

皆様こんにちは。最近動画のお勉強で頭が混戦しているえんじろうです。統一感がなく様々なフォーマットが大海のごとく渦巻き、いったいどうしろっていうんだっていいたくなります。
さて話は変わり、本題です。告知が遅れ気味でいつもごめんなさい。今度の週末に行われます大イベントのご紹介でございます。

日付: 2011年12月18日(日)
時間: 10:30 ~ 18:00 (音心は12:45~)
料金: 無料
場所: 浜北文化センター 小ホール Link
住所: 静岡県浜松市浜北区貴布祢291-1
地図: Googleマップ Link / NaviTime Link
TEL: 053-586-5151

パンフレット

予定変更の都合上、パンフレットの一部を勝手に修正させていただきました。当日は10:30からウェルカムミュージックがスタートいたします。

先日まちかどライブでお世話になりましたMUSIC STUDIO NAGAI 主催の大型企画に参加させていただけることが確定しました。ほぼ1日中通して行われる企画で、フォークからロックまで幅広い音楽の数々がお楽しみいただけるようになっております。永井さんの音楽仲間を中心に、田園ファミリーからも多数参加者がいらっしゃいます。
我々は音心として、お昼過ぎに20分ほど演奏させていただけることになっています。会場の生ピアノを使わせていただけるそうなので、ピアノとオカリナのユニットとしては大変ありがたいことでございます。

年末ミュージックフェスティバルっていう感じがしますね。是非是非皆様浜北のホールに足をお運びいただければ幸いです。楽しい演奏をできるようがんばりまぁす。
posted by えんじろう at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Information | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

12/27 アエルお楽しみ会 音心

おそらくこれが、今年最後の音心出演になると思われます。まだまだ忙しくなるように、がんばらないといけませんね。
というわけで、おそらく本年最後のライブ告知をさせていただきます。

日付: 2011年12月27日(火)
時間: 17:00 ~ 20:30
料金: 参加費1500円前後(お総菜バイキング込み)
場所: 菊川文化会館アエル 小ホール Link
住所: 静岡県菊川市本所2488-2
地図: Googleマップ Link / NaviTime Link
TEL: 0537-35-1515

音心単独ライブを2度させていただいている菊川の喫茶店珈琲屋 香妹さんが企画するお楽しみ会に参加させていただきます。香妹さん関係の方々が多数参加しての演奏会となります。
なんと当日はお総菜屋さんがバイキングを展開、食事を楽しみつつ演奏をお聴きいただけるというスタイルになっております。

暮れで何かとお忙しいことと思いますが、だからこそのんびりと音楽をお楽しみいただけたらうれしいです。ご来訪の際はあらかじめ香妹さんにご予約の電話をしていただきますよう、お願いいたします。
というわけで、どうぞ宜しくお願いしまぁす。
posted by えんじろう at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Information | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

12/10 まちかどライブ 報告

皆様こんにちは。ようやくですが、先週土曜日夜の浜北レポートをさせていただきます。毎月第二土曜に定期的に行われている浜北まちかどライブ、公共施設なゆた・浜北とMUSIC STUDIO NAGAI の永井さんが立ち上げられた、浜北を音楽の流れる街として活性化させようというすばらしい企画です。
目標は100回の開催、すでに7回目を迎えるということでした。僕は9月に出演させていただき、新たな出会いに喜びを感じていました。

15時半頃には出発、浜北を目指します。というわけでこの日は単独での出演。となるとスーパーリュックの大活躍ということになるわけです。

オカリナボックス スーパーリュック

演奏道具をたっぷり詰め込んだオカリナボックスと、それを詰め込んだスーパーリュック。ここにはなんと今回から初投入のビデオカメラと三脚まで収納されています。実に見事な仕事っぷりをするリュックです。

演奏兼撮影班として、準備からがんばりました。今回はイルミネーションをバックにする形でステージが設けられ、とてもロマンチックな感じです。
まちかどライブテーマソングに始まり、田園ライブで時々お会いする名倉さん、飛び入りの方が2組(うち1組は田園でおなじみのWaganseさん)、そして、締めに永井さんという構成でした。

演奏中 みんなで楽しく

皆様ロマンチックな雰囲気の中、僕の選曲は演歌中心。寒い中聴きに来てくださった方にほかほかした気分を味わっていただきたいという思いからでした。
拍手や手拍子などいただき、皆様の暖かい力をいただいてかじかみかけた手も何とか最後まで動きました。寒さ対策はきっちりしていったつもりでしたが、やはり寒さはただでさえ弱い僕の運動神経を鈍らせますね。

そして驚いたことに最後にアンコールまでいただいちゃいました。まさかと用意していなかったので、ちょっと焦ってしまいました。でも伴奏音源を入れておいて正解、その中から急いで選曲して、皆さんと楽しめる上を向いてあるこうを急遽演奏。
参加者の方々が一緒に歌ってくれて、とても暖かい雰囲気になりました。調子に乗っていつもやらないことまでやって、いつもたいてい失敗するのにそれで成功したからすごいです。やはり皆様の力をいただけたのだって思いました。

イルミネーション

美しいイルミネーションの下、暖かいライブでした。永井さんの歌声が心に染み渡ります。

ただいまのオカリナ

そしてただいまぁのオカリナ。今日もありがとう。いつも一緒にいてくれるおかげで、この日はとても安定した演奏ができました。
温かい心で聴いてくださった方々、主催者の永井さん、そして音楽の仲間に感謝でいっぱいです。幸せなひとときでした。
posted by えんじろう at 06:00| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

12/11 ふれあいXmas 報告

皆様こんにちは。動画の編集作業に追われているうちに、あっという間に時間が流れてしまいました。もう次のLIVEが迫っています(笑)なんと幸せなことでしょう…。
というわけで、動画のお話じゃなくて今回は日曜のLIVE報告でございます。動画の件については、いずれ大々的に便利情報で無料の動画編集記事を作ろうと思ってます。

さて、前日のなゆたの夜のLIVEに引き続いての日曜LIVE。正直ちょっと心配もしていました。ちゃんと起きられるかなぁとかいうのではなく、テンションのコントロールなどが上手にできるかということ。今年春からの課題でもありましたので、とにかく本番に最善の状態に持ってゆくことは、演奏者としての義務だと思うようになっています。なぁんて偉そうに、本当はよい状態で気持ちよく演奏したいだけですよね。
手慣れた乗り継ぎを経て愛知入り、亮子さんと無事合流して会場である日進市民会館に向かいました。

お手製案内板1

お手製案内板2 お手製案内板3

主催者のサンちゃんお手製の案内板。見事なまでに熱意を感じてしまいます。前回も書きましたが、黒地に白というのが僕の目には非常にありがたいのです。

控え室 まさに控え室という感じ

前回も感動した控え室の様子です。なんか大物気分ですね。そしてみんなと打ち合わせをした机の上。こういう一コマがすき。本当に演奏前の興奮する雰囲気を感じます。

会場全貌 音心ブース?

いすを並べた会場は、すっかりコンサートモード。そしてその入り口付近にありがたいことに音心の販売ブースを設けていただきました。CD「あなたへ」を中心に僕らの待機場所にもなってました(笑)

第1部のPiacereさんの演奏が始まり、皆さんがご存じの曲の数々で親しみやすいひとときが流れてゆきます。僕も後ろの方で口ずさんでいました。ベースとピアノのインストユニットというのは、珍しいのではないでしょうか?言葉が入らない純粋な音楽だからこそ、感じ取れる演奏者の思いなんてのもあると思います。僕はそういうのを聞くのがとても好きです。
最後の方ではカルテットさんのドラマーとギタリストが加わっての共演。このとき演奏者のテンションがマックスになっているのを非常に強く感じました。音を楽しむ…まさに音楽ここにありぃって感じがしました。最高です。

演奏風景1 演奏風景2

続いて第2部が我々音心。いつもの音心ペースで曲紹介も楽しく進めることができました。えんじろう的質問コーナー(なんじゃそりゃ)を設けて、答えに手を上げてもらう代わりに僕でもわかるように拍手一回という作戦を実行。結構これは楽しかった。今後にも採用決定かもしれません。
オリジナル曲に加え今回はゲーム音楽までやっちゃいました。演歌もゲーム音楽も、昔からやりたかったのだ…。だってみんなみんな音楽なのだから…。音楽そのものにレベルの高い低いなんてものを作っちゃいけないと思います。高尚な音楽というのは、本当は単なる好みの問題だと思うのです。音楽の食わず嫌いも押しつけもやめよう。オカリナはそういっていると僕は思ってます。
あれっ何の話だっけ?そうそう、今回は最後にカルテットさんのギタリストにまたまた加わっていただき、共演させていただきました。ダイナミックから繊細な音まで、何でもやってしまうすばらしいギター奏者です。

それから第3部は橋本真裕美カルテットさん。…とそこになんか混じってます。実はえんじろうのオリジナル曲をカルテットさん流にアレンジして一緒にやろうといってくださったのです。そんなわけでオリジナルの「時は続く…」をジャズっぽい伴奏に合わせて演奏させていただきました。
僕の中でジャズというのは大人のイメージです。時を重ねた大人の視点からの「時は続く…」そんな思いで吹いてはみたものの、やはり僕ではまだ未熟すぎる。なんか格好つけようと背伸びしている子供って感じになりました(笑)でも緊張もしましたがたのしかったぁ。

その後は本格的にカルテットさんの演奏です。ドラムにベースにピアノとギター、とにかく息がぴったりですぱっと心地よいひとときでした。
カルテットさんのベーシストのいった言葉「ベースとドラムは恋人なんだ」がとても印象深いです。言葉の真実ここにありという感じを、とても強く受けました。とてもすてきな方々です。

全員参加 すばらしい冊子

それから最後に全員でそろって歌いましょーのコーナーがありました。クリスマスソングを一曲、全員参加で演奏して会場の皆様に歌ってもらいました。もちろん僕もオカリナで参加。当日あわせなのでアドリブとかいわれてもやはり無理。できる範囲でメロディーをもじりながら楽しくやりました。今の自分にやれる限界は熟知しておかないと音楽を汚しかねないから、その辺の判別が以前よりできるようになってきているかなって思います。

会場でお客様に配られたこのすばらしい冊子も、カルテットさんのベーシストが手がけてくださったものです。表紙に「あなたへ」のジャケット画像が引用されています。すごく立派な紙でまさにプロデザイナーも仰天という感じです。こういうのやるとごちゃごちゃになっちゃう自分としては、すっきり感に魅了されてしまいました。

ただいまーのオカリナ

そしていつものただいまぁのオカリナ。今日もご活躍いただきましたこと、大変感謝しておりますです(って何で丁寧なんだ?)この日も本当に幸せな1日でした。
聞いてくださった方々、主催者のPiacereさん、そしてカルテットさん、感謝でいっぱいです。もっともっと来場者を増やせるように、音心としての活動もがんばってゆこうと思いまぁす。
posted by えんじろう at 16:37| Comment(5) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

事故が招く不幸

皆様こんにちは。実は僕は先日事故現場に遭遇しました。

歩いていたら信号が見えない。眼がおかしくなったのかとちょっと心配しましたが、音もしていない事に気がつき異常を感じました。
近くの人に尋ねてみると、車がどこかにぶつかったらしく、信号機は総て停止してしまっているとのこと。交通整理が始まり、一緒にいた人に助けてもらいながらその場を通り過ぎました。

取り乱している人、交通できずに困っている人、警察や救急車も来て辺りはピリッとした空気が満ちているように思いました。
ひとつの事故が多くの不幸を呼び、ただならぬ空気をその場に作り出してしまう…。師走の忙しいときだからこそ、こういう不幸を作らないようにみんなが協力しないといけないって感じました。事故はあくまで人間が起こすもの。一瞬の不注意が引き金になるもの。だから気をつけるしかない。ルールを守るしかない。

いろいろな事に思う事ですが、普通にやる事をやるってとても大変だと思うんです。だってがんばって普通にやっていても、誰もほめてくれないんだから…。その行動が必要なものなのかどうかすら、いつしか判らなくなってゆくものではないでしょうか?
だから事故を防ぐためにルールを守っているという事実だって、いつしかねじ曲がってしまう。何かあってもっと面倒な事になるのがいやだから、面倒だけどルールを気にしないと…。そんな風になってゆくように思います。

普通の事を普通にこなしている事が、もっと認めあえるような方法があると良いのですが…。ルールを守っている事を、誇らしげに思っているべきだって思います。街の平和を守っているんだぞぉってくらいに。実際そうなのですから…。
事故現場に遭遇して、そんな事を思ったえんじろうでありました。
posted by えんじろう at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

12/17 冬の灯りと音楽と 報告

皆様こんにちは。年末がぐんぐん迫ってきています。僕は昨晩遅くに実家から戻ってきたところなのでした。泊まりがけで、父が一人でいる実家の大掃除を手伝ってきたのです。大掃除となると、やはり年末という感覚を感じざる得ませんね。そして年賀状…。僕も早く進めておかないと…。
というわけで(どんなわけだ?)、先日土曜日に行って参りました香庵さんでの「冬の灯りと音楽と…」というイベントでのLIVE報告でございます。

この日は午前中に用事があり、それが済んだら一端戻ってすぐ出発という予定になっておりました。家の前まで戻ると既に二胡の村松さんが待っていて下さり、大慌てで出発しました。この日は二胡奏者の村松 克子さんからお誘いを受け、参加が決定したのでした。
演奏場所の香庵さんは1階から上が吹き抜けになっており、演奏場所は2階にある部屋でした。その手前には廊下があり、そこでもくつろげるようになっていました。
各種展示品や薄型スピーカの展示販売などあり、電源いらずのパッシブタイプのステレオスピーカがちょうどお財布のような姿でおいてありました。眠れぬ夜に枕元で好きな音楽を再生させるには、なかなか良いのではないかと思いました。

ステージの様子

リハでオカリナの響きを確かめると、いろいろな方からお声をかけて頂き、オカリナの音の頼もしさをとても感じました。この楽器に出会えて良かったとつくづく感じる瞬間でもあります。
オカリナの音がとても響く空間で、一本のオカリナは通常の三倍の音量で接近しまぁす(赤いオカリナではありません…笑)とにかくこれならマイクは全く不要…。伴奏音源の接続だけお願いして、オカリナは生で行く事にしました。

しばらく懇親会みたいな感じで始まる気配がしなかったのですが、だんだんスタートの気配。当初1回の演奏の予定だったのですが、時間的な都合で2回に分割して演奏という事になりました。
司会も演奏も、場の雰囲気でぶれる事がなくなってきているのを感じます。いつも通りのマイペースな状態で演奏を進める事ができました。オカリナの楽しさをお伝えするためには、オカリナを楽しく吹けていればいい。ただそれだけを思って、この日も演奏する事ができました。

村松さん

2回目の演奏では村松さんの次が僕の出番でした。というわけでアオイ楽器さんの再現という事で二胡奏者の村松さんとコラボレーションさせていただきました。同じソロ楽器ですが、二胡とオカリナではその表現がまるで違います。それぞれ得意不得意があって、やっぱり楽器っておもしろいなぁと改めて思うのでした。村松さんが時々口にするのですが、楽器を人のように感じる発言が僕はとても好きです。僕もオカリナに対してそういう感覚で接しています。ずっとずっとこの気持ちで、オカリナたちと接していたいって思っています。

マンドリンの演奏

さて、参加者の中にマンドリンのアンサンブルという方々がいらっしゃいました。最初に演奏した曲がとても好みの旋律だったので、すぐに引き込まれてしまいました。マンドリンの音は心地よく、うっとりするものでした。後で尋ねてみると何とイタリアの楽器だと言うではありませんか。オカリナと同じふるさとの楽器だったから、こんなに引かれる感覚があったのでしょうか?

映像とのリンク

その後も様々なジャンルの音楽が響き渡り、映像や香りとのコラボなんてのもありました。演奏は19:30くらいまで続き、終演となりました。

ただいまぁのオカリナ

恒例のただいまのオカリナでございます。様々な出会いがあったひとときでした。総てはオカリナがあるからなせる事。オカリナが僕に与えてくれる幸せの数は、無限大と思えるほど盛りだくさん。本当に素晴らしい楽器に出会えた事に、感謝と神秘を感じるばかりです。
誘って下さった二胡の村松さん、聴いて下さり声をかけて下さった方々、主催者のマロンさんに感謝です。
posted by えんじろう at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2011年12月23日

12/18 F&R コンサート 報告

皆様こんにちは。今回は先日の日曜日に行われましたFolk & Rock コンサート 14の報告記事でございます。お世話になっているMusic Studio Nagaiの永井さんが主催される、その名の通り14回目になるコンサートなのだそうです。
以前から永井さんよりお誘いいただき、音心として参加させていただける事になったのでした。場所は浜北文化センター小ホール、大きな舞台でわくわくします。

朝から亮子さんにご足労いただき、合流したら会場の浜北に向かいました。ホールに到着するとドアの外に常時人がいる受付があり、本格的な様相に感激です。舞台裏側の控え室に回ると、廊下の天井から舞台のモニター音声が聞こえてきます。聞き覚えのある永井さんの歌声、まちかどで歌えば(タイトル違っていたらご指摘下さい)です。暖かい歌声に、このコンサート全体の雰囲気が暖かい事が伝わってきます。
会場でお会いする参加者の方々にお声をかけて頂き、以前聴いていただいてから記憶に残しておいて下さっている事に感謝してばかりでした。

自分たちの出番が近づいてきて、控えの場所に移動して出撃準備を整えていると、この日の司会をされている方が声をかけて下さいました。
何とまぁこの方はオカリナを吹かれているそうで、この地でお若い方でオカリナと親しまれている方がいらっしゃった事にうれしい気持ちでいっぱいになりました。

ステージ全体 音心 演奏風景

演奏は1曲目で一瞬踏み外すミスをしました。しかし取り乱す事はなく何とか復帰してそのまま進められました。何より会場の響きがとても良く、最初の一吹きの時点で感動を覚えていました。外したのはその興奮のせいって事で(責任転嫁?)
その場にいるだけでどんどん興奮がまして行き、とてもテンションの上がった状態でステージをこなす事ができました。最後の曲ではオリジナルにも関わらず、会場の皆様から手拍子をしっかりいただけて、とても幸せでした。

ご挨拶の様子 なれないインタビュー

演奏後に司会の方からのインタビューの時間が用意されていたのですが、以前ならどぎまぎしてまともにしゃべられなかったような状態だったと思います。今ではもう…どぎまぎのどぎ?くらいになりました(笑)
それにしても司会の方がオカリナを理解しておられる方だったので、音心の紹介の段階からとてもオカリナの事を丁寧にアピールして下さいました。ありがたいのなんのって言う感じでした。

この日は音心のCD販売もしていただけて、それも受付の方々が引き受けて下さる事になりました。後から確認してみると何と驚いた事に、この日だけで15枚ものCDをお買い上げいただけていました。
永井さんもおっしゃっていたのですが、やはり演奏を聴いた上でCDを買っていただけるのが、一番だと感じました。でもこの会場の音響のおかげというのは、かなり大きいように感じています。

ただいまのオカリナ

ただいまぁのオカリナ。今回は演奏時間20分だったこともあり、オカリナ本数は割と少なめです。なのでいつも使うマイクも一緒に記念撮影に参加してもらいました。とても素晴らしくオカリナにマッチしているマイクです。このマイクを使う事で、いろいろな不安材料が払拭されます。こういうことってものすごく大切な事だなぁってつくづく思います。

そんなわけで主催者の永井さんとそのお仲間の皆様、たくさんの演奏家の皆様、そして一緒に楽しんでいただきました会場の皆様に精一杯感謝でございます。
オカリナと一緒にいられて、音心があって、とても幸せです。
posted by えんじろう at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

12/22 厚生苑 Xmas 報告

皆様こんにちは。今日は12月24日、何もない普通の土曜日です(変に強調?)あっそういえば今日はクリスマスイブでしたなぁ。オカリナとすてきな夜でも送るとしましょうか。夕飯はごちそうにしようかな?(豪華なもんなんて作れないでしょうが?)ケーキとか買ってきちゃったりして(財務省から却下の声が…)もうこうなったらオカリナでも食べて…(ちょっとまてぇ!)
というわけで、こういった被害者的意識があらゆる犯罪の根源に潜んでいるのではないでしょうか?今置かれている幸せの数々をつい忘れがちになってしまうのですよね。

長い前置きでしたが、今回の幸せレポートは先日静岡での演奏の記事でございます。
しばらく前だったのですが、静岡でご活躍中のユニットのメンバーであるシアンさんから、演奏のお誘いを受けていました。シアンさんとは作曲者同士で民族楽器を扱っているということもあってか、とても音楽的に感覚でのお話ができます。これがいいたいけどうまく伝えられないとか、そういう意味じゃないのに嫌みに受け止められてしまったりとか…。感覚の話ってとっても難しいと思うのです。でもシアンさんとは割と自然に考えて取り繕う前の言葉で音楽の会話ができてしまうのです。
そんなわけで喜んで静岡にお邪魔することにしました。

午前中に静岡に赴き、スーパーリュックとともにシダックスに入りました。リハーサルです。防音室買うまでは何度もお世話になっていたシダックス。なんだか懐かしいような気持ちでした。
そのままお昼のラーメンをいただき、今日の会場の厚生苑さんに向かいました。

ステージ風景 客席風景

3Fに上るとすてきなステージ付きのホールが広がっています。客席のいすも並び、なんだかすっかりコンサート気分です。

えんじろう演奏中 えんじろう演奏中2

最初に僕が25分間枠を与えていただき、懐かしい曲やオカリナ独奏に膝拍子をいただきながらの演奏など取り入れて進めてゆきました。デイサービスの方々が皆さんノリノリで、楽しいクリスマスイベントの一環を作れたのではないかと感じました。当然自分は思いきり楽しかったです。

シアンさん演奏中

続いてシアンさんのステージです。静岡での三線の弾き語りはそうそう聴けるものではありません。ましてや普段凪として活動しておられるシアンさんの単独演奏はもっと貴重。シアンさんの楽しそうな姿が、とても印象的です。

コラボレーション1 コラボレーション2

その後シアンさんと僕とでコラボレーションのコーナーもありました(ありましたって他人事かい?)沖縄系の曲とクリスマスソングも、皆様と一緒に楽しませていただきました。
個性の強い民族楽器同士でも、シアンさんのお人柄のおかげでとてもよい雰囲気を展開できたって感じました。とにかく盛り上がり、楽しいひとときでした。

ただいまのオカリナ 撮っていただいた写真

ただいまぁのオカリナたちです。オカリナあってのえんじろうです。本当にすばらしい存在に感謝しつつ、クリスマスイブを過ごそうと思うわけです。それからこの日の様子を厚生苑の方が写真撮影してその場で印刷、そうしていただいてきた写真です。

厚生苑のデイサービスの皆様、そしてスタッフの皆様、お誘いくださったばかりか音響まで貸していただきましたシアンさんにいっぱいの感謝です。メリークリスマス!(あれっ?)
posted by えんじろう at 11:51| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

01/15 プレ葉ウォーク浜北 音心

さて皆様こんばんは。今回からにいっぱい笑っていただきましょう。来年のライブ告知記事でございます。

日付: 2012年1月15日(日)
時間: 14:00 ~ 14:30
料金: 無料
場所: プレ葉ウォーク 浜北 1F Link
住所: 静岡県浜松市浜北区貴布祢1200番地
地図: Googleマップ Link / NaviTime Link
TEL: 053-584-6622

というわけで、総合ショッピングセンターというのでしょうか?とにかく何でもそろっている大規模施設プレ葉ウォーク浜北での音心演奏が確定いたしました。30分間1回のステージを、音心としてつとめさせていただきます。これまた通りすがりの方々にどれだけ足をとどめていただけるか?ハロウィンの時の心境に近いものを感じます。精一杯オカリナの楽しさをお伝えできるよう、がんばりたいと思います。

確かプレ葉ウォーク内のお店にもオカリナがおいてあったはず…。そして何を隠そう、大活躍中のスーパーリュックの購入店が、プレ葉ウォーク内だったりするんです(笑)
楽しいひとときにしたいと思います。是非皆様遊びにいらしてください。
posted by えんじろう at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Information | 更新情報をチェックする