2011年11月01日

10/30 にぎわいステージ 報告

さてライブな週末の日曜日の報告記事でございます。毎月月末に行われております浜松まちなかにぎわいステージです。

この日はあいにくの雨模様。天気予報がしっかり当たり、昼頃からぱらぱら雨が降っていました。本当にやるのだろうかという不安を抱えつつ、現場に向けてスーパーリュックを背負って出かけました。リュックは半端でなく重いけど、手が解放されるのでを差して白杖もちゃんと扱えます。
最近覚えた近道を使って、無事UP-ONに到着しました。

雨降る賑わいステージ スーパーリュック展開中

山田やすたかさん

最初は山田やすたかさんのパワーあるステージです。いつもお客様がいる場所は雨が降っているため、UP-ONの屋根の下で雨を避けながら聴いていました。
ステージ横で自分の荷物を展開し、すぐに演奏できるよう準備を進めます。ブルーシートもオカリナケースも、すべてがスーパーリュックから出てきます。うん、なんか楽しい。

演奏前にこだま商店さんが来て下さり、声をかけて下さいました。自分の写真はもちろんありませんが、こだま28号さんのブログにて写真を載せて下さっていました。にぎわい協議会さんのブログにも写真あります。
今回は割とゆったり系の曲を多く用意し、オリジナルもカナリヤを始めゆったり系をやりました。1曲やたら忙しいのもやりましたが…。全体的に楽しく演奏させていただけました。司会も順調に行うことができて、ほっとしました。雨の中聴きに来て下さった方通りがかりの方にも足を止めていただけて、一つ屋根の下で暖かな空間に包まれて演奏させていただけました。

この後も演奏やマジックなどが続いたのですが、僕はちょっと早めに退場させていただきました。すみませぇん。

ただいまぁの楽器たち

そしてただいまぁのオカリナです。どうもここのところ気温の関係で中に水滴がたまることがあります。ちゃんと乾燥させておかないと、カビでもしたら大変です。幸せの神様ですから…。
この日もとても幸せなライブ日和となりました。雨ですが晴れていたときより聴いて下さる方々が近くにいて下さったので、うれしかった気もします。主催者のにぎわい協議会様、聴きに来て下さった皆様に感謝でございます。この日もオカリナと音楽できて幸せでした。
posted by えんじろう at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

気候が変

皆様おはようございます。昨日から11月になりましたね。時は一瞬たりとも待ってはくれない…。そんな印象を痛感している今日この頃です。
10月は月末に集中したライブのおかげで、充実の月となりました。実は31日も病院での患者様に向けてのオカリナ演奏をさせていただきました。手作り感たっぷりの充実のひとときを過ごして参りました。

さて、ここのところ気候が本来よりかなり暖かいというお話を耳にします。確かに11月となれば結構着込んで冬バージョンという印象ですが、まだまだ秋の格好をしています。
で、この状態から一挙に寒くなったりするのでしょうね。そうなると風邪を引く可能性が非常に高いと思われます。どうぞ皆様も、風邪引かぬよう気をつけてお過ごし下さい。

実家で父が風邪引きました。電車やバスでも咳をしている方々が増えています。予防にも気をつけてマスクや手洗いうがいをしっかりするように…(生活指導のまねごとか?)僕も気をつけてまぁす。

では、11月もがんばりましょう。
ラベル: 気温 風邪
posted by えんじろう at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

11/13 自分流展 音心

皆様こんばんは。なぜか暖かい日が続いている11月、いかがお過ごしでしょうか?…なぁんてよそよそしくスタート。
今回は今月半ばに参加させていただきますはしごライブの2つめの方の告知でございます。

日付: 2011年11月13日(日)
時間: 13:30 ~ 16:00(音心は15:30から)
料金: 無料
場所: 天神蔵 2Fギャラリー Link
住所: 静岡県浜松市中区天神町3-57
地図: Googleマップ Link / NaviTime Link
TEL: 053-461-6145

一昨年に参加させていただきました酒蔵での演奏会に、参加させていただけることとなりました。主催は田園のこだま28号さんでございます。様々な作品が並ぶ自分流展のイベントとして行われる演奏会です。
天神蔵はとても歴史のある建物で、その2階が演奏会場となります。下から吹き抜けの高い天井に響くオカリナの音色を、お楽しみいただけると思います。またこちらは音とともに現場の雰囲気がとてももり立ててくれるものがあると感じます。

よかったら是非、暖かい午後の一時を天神蔵のギャラリーでお過ごし下さい。もしかしたら甘酒もあるかも…。それこそ暖かいですよー。
時間表記を修正いたしました。公開後の変更申し訳ないですが、お間違えないようによろしくお願いいたします。
posted by えんじろう at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Information | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

暴走に気をつけて

皆様おはようございます。今日はのお話です。

僕は自動車に乗って線路の上に止まっていました。きっとそれまでは電車に乗っていたのだと思うんです。でもとにかく今は、線路の上の自動車の中なのです。すれ違い際に電車が止まり、ちょうどドアが車のそれとぴたりという位置に止まりました。
運転手もいない自動車の中で、僕はなぜかお寺の鐘を叩くやつみたいに巨大な印鑑を電車のドア上部に向かって押します。押されると次のドアがぴたりという位置まで、電車が移動する。
そんな作業をしているときに、どうしても押せない最後のドアがありました。何度もやり直し、ついにすべてのドアに印鑑を押すと、電車は去ってゆきました。車掌さんが窓からこちらに顔を出し、拍手してくれました。

ほっとしているのもつかの間、車がバックで動き始めました。それもジェットコースターのごとく滑るようにものすごいスピード。
後ろを見るといつの間にか道路になっており、このままではどこかにぶつかって大事故になります。焦るもののどこをどうすればいいのか判らない。後ろの席に乗っていた僕は這いずるようにして誰もいない運転席に入り込み、左のフットペダルみたいなのをそっと踏み込みました。
周りの景色がぐるぐる回り、でも自分は反動を全く感じませんでした。無事に止まったとほっとしたのはつかの間、まだじんわりと動いていました。
電源の止め方が判らない。とにかく出たいけど、ドアも開けられずとにかく電源を探しているうちに目が覚めました。

自動車暴走の夢自分の精神が暴走する事への警告だそうです。様々なことが前向きに動き出すことはいいけど、一歩間違うと猛スピードで後退して大惨事につながることもあるという警告でしょうか?
とにかく日々慎重に、でも前向きに少しずつ進んでゆきたいものです。

皆様どうぞ、自動車も生活も人間関係も、日々安全運転で…。自分だけ、あるいは自分と関わりある人だけいい思いをするような場合、きっとどこかに負担をしいていると思います。以前の僕なら甘いこと言ってると言ってただろうけど、甘く生きてゆけるならそれに超したことないじゃんって具合に。これは今まで無駄に厳しいこと言っていた自分にとっては、進化だと思ってます。

ところで今月15日のコンコルドさんでの音心コンサートチケット、まだございます。お席をご用意する関係で予約制ですので、是非ご予約お待ちしております。詳しくはこちらの記事よりどうぞ。
ラベル: 自動車 運転 警告
posted by えんじろう at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

鬼太郎に習う

今回のお話は久々にアニメのお話。笑われようと何だろうと、僕は食事の時にパソコンテレビGyaOでアニメを見ていることが多い。
今夜の夕食の際はゲゲゲの鬼太郎を見ていた。第39話 三途の河のだつえばばあというお話で、それを見てなんだかいろいろと考えさせられてしまった。

日々三途の河で亡者の服をはいでは罪の重さを量る仕事をしていただつえばばあは、人間の女性の青春にあこがれを抱き役目を放り出してそれを求めるようになった。それによって人間が犠牲になり鬼太郎が助けて良かったねとなるわけですが(いきなり略す)役目をほっぽり出した事への戒めに閻魔大王がだつえばばあに下した罰が、つらい地獄である人間道に落としそこで赤子から人間として過ごすというもの。人間道とは人間の住んでるこの世のことだそうです。
鬼太郎が人間界ってそんなに恐ろしい地獄なのかぁとつぶやくと、閻魔大王が人間の気持ち次第で地獄にも天国にもなる、それが人間道だというようなことを言います。
閻魔様が罰と言いつつ願いを叶える結果を与えたこと、そして最後の台詞になんだかとても感動しました。

いつかの夕日

僕はオカリナと出会うまで、あまりこの世界をすばらしいものと思っていなかったのです。生きるしかないから、生きなきゃいけないって言うのが通例だから生きている…。本当にそんな感じでした。そりゃ音楽は楽しかったけど、現実逃避の手段であり自己満足の範疇でしかない。それが判っているだけに後からどっとやるせなさが襲ってくるんです。
オカリナと出会って以来、人生が明るい方向を求めるべきものだと考えられるようになりました。いやでもがんばるしかないんだという考えから、これをやりたいからがんばってるんだというものに変わったのです。まさにこれは閻魔大王様がおっしゃった言葉通りだと感じました。

言葉では簡単なことだけど、本気でそう思えるようになるのはすごく難しいと痛感してます。自分がそう思えなかったときには、人からいくらこういう話を聞かされてもちんぷんかんぷんでしたから…。
でもオカリナのおかげでそれをつかみかけているんです。オカリナのためにやったことは、一見無駄に見えることもすべてが巡り巡って肥やしとなっていると根拠のない確信を持っています。根拠は確信の後からついてくる。なぁんてめちゃくちゃなことさえ本当に思ってしまえるような、オカリナにはそんな力があるのです。

うわぁまた何の話か判らなくなってる。そんなわけで、日々吸収することがあって幸せです。今日も生きてて良かったな。本当にそう思います。
posted by えんじろう at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

携帯昔話

今日の記事は普通の話題です。今では1人1台が当たり前と化している携帯電話。僕が高校生の頃はポケベルが流行っており、携帯は贅沢な部類でした。

気がつくとポケベルが廃れ、PHSと携帯とでシェアを争っていたように感じます。僕は確か高校の後から携帯電話を手に入れました。
その頃の携帯電話には機種によってはオリジナル着信音作成機能がついているものがあり、僕のお目当ては電話でも何でもない、そのシーケンス機能だったというのは内緒の話。
新機種が出るごとに単音→2和音→16和音→40和音→64和音→128和音と進化していく様子は、まさにオリジナル着信音ラッシュでした。

我が師匠たる携帯電話

僕が一番携帯を使った着メロ作成に熱中したのは、この機種でした。16和音対応機種で、オリジナル音色まで編集できたのです。まだまだ基本機能のみにとどまっていた機種なので、逆に音楽の基本構造をシンプルに学ぶ機会ともなったのです。それはもうありがたい機種でした。

音楽制作機能 充実の音楽関係メニュー

ところが先日実家に帰って電源を入れると…。過去の制作音楽も音色も、そのすべてが消えてなくなっていました。かなりのショック。僕にとってはこれは宝物のオルゴールのような存在だったのに…。僕の携帯電話史上一番愛していた携帯で、機種変の直前にありがとうさよならの着メロを打ち込んで泣きそうになるほどでした。

完全に記憶喪失になってしまったこの携帯だけど、だから今でも捨てられません。
というわけで、何を言うわけでもなくえんじろうの思い出話でした。次回は出会いのお話でも…。
posted by えんじろう at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

音響の勉強

皆様こんにちは。出会いの記事の前に学習の記事を書くことにしました。
以前に一度音響機器の買い物の失敗をした話題を出したことがありましたが、あれから新たな音響機器を入手し、その周辺機器も着々とそろえておりました。

我が音響機材一式

これば我が自慢の音響機材一式。未だお披露目できていないのですが、近々ようやく日の目を見る機会に巡り会いました。来るべきその日に向けて、今はひたすら実地訓練を重ねているのであります。なぁんて言っても家の中の実地訓練なので、やれることと言ったらセッティングから片付けまでをスムーズに行えるようにする訓練です。
小さい音量でミキシングやサウンドチェックもやりはしますが実践の音量にはできませんので、そちらは訓練になっているのか何ともいえない感じです。

しかし実際に設置片付けをすることで、いろいろと気がつくことがありました。その都度その都度対処法を考えて、少しでも効率的にやれるよう勉強中です。
何事も自分でやろうとするとき、本当にたくさんのことを体で学ぶことができると感じます。機材買って良かった。もっともっと、実践的音楽を学んで行くようがんばります。

なんだか日に日に自分のいる場所が狭くなっている気がしていますが…。それでは、さようなら。
ラベル:実践 調節 PA 音響
posted by えんじろう at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

頂いたオカリナ

皆様おはようございます。今日は土曜日、お天気も良好のようですね。残念ながら今日は演奏予定がないので、明日のLIVEに向けてしっかり練習しておく事にします。

さて実は先日、富士市に行って参りました。以前から大変お世話になっているオカリナ奏者古庄 由喜子さんのところに伺って参りました。春から大活躍のオカリナケースは古庄さんが用意して送って下さったもの。そのお礼と称してお邪魔したのですが、なんだかまたお世話になって帰ってきてしまったという、本当にしょうもないやつです。
昨日の記事にありました機材収納箱とケース、実はあれは富士市で古庄さんとお店を回って購入したもの。実は古庄さんが昔使われていたケースも…。さらにはこれです。

ヒーリングオカリナ 手乗りオカリナ

なんと古庄さんが昔使っておられたヒーリングオカリナまで譲っていただいちゃいました。手乗りオカリナって感じで可愛いですね。
以前からどんなオカリナかその吹き心地が気になっていたのですが、なかなか吹ける機会に巡り会えず、ちょっと体験させていただいたのです。そしたら思いの外吹きやすくて息も自然に吹き込めます。ちっちゃくて可愛らしい姿からは予想外に、力強い吹き心地に吹くとうれしくなるソプラノC管のオカリナです。

ソプラノCは本体が小さい分、息の動きに敏感です。ちょっとしたい気圧の変化を大きな音程変化として発音してしまいます。だからといって単純に息が強まったとき対策で低めの音程で作れば、ピッチを合わせたときの音量がうるさく感じます。やかましいくらいのソプラノ管は、吹いてて疲れてしまうと言うのもあります。
このオカリナはある程度強い息で吹いたときに音が安定するという珍しい特徴があると感じます。そしてうるさくもなく、ソプラノであることを忘れそうになります。強い息を推薦するオカリナに割とあると感じるのですが、吹いているときに息の跳ね返りというのもそれほどありません。ソプラノ管として理想の吹き心地。

ただ苦手な点としては最低音ラを出す穴が右手人差し指にあること、そして本体が小さいため支持になれるのに一苦労したと言うことです。
ラがない曲では土と風属性のこのオカリナ、活躍してくれると思ってます。すばらしいものを譲って下さった古庄さんにいつも感謝しつつ、吹かせていただきます。

これもオカリナが与えて下さるご縁。縁にもオカリナにも、とてもとても感謝しております。
…ところでこのオカリナをさんざん吹いた後で他のソプラノ管を持つと、笑ってしまうほど体が長く感じるのがおもしろくて仕方ありません。というわけで、これが出会いのお話でした。
posted by えんじろう at 07:44| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

11/13 ビク石わっくわく祭 報告

皆様暖かな11月の日曜日、いかがお過ごしでしたでしょうか?僕ら音心は、藤枝経由浜松という連続LIVEをさせていただきました。亮子さんはこれに更に愛知からの行き帰りがあるので、浜松の僕に比べ大変だと思います。
さてそんな連続LIVEの、まずは藤枝での演奏報告でございます。

やさい暦さん前 山の見晴らし

藤枝の演奏は先日浜松に来て下さったというユニットのシアンさんからお誘いいただきました。この場所は昨年富士市の古庄由喜子さんとジョイントライブをさせていただいた思い出の地でもあります。写真はその際に演奏させて頂いたやさい暦さんの建物です。ステージはその前に広がる広場で、反対側には広大な山の景色が広がって、とても開放感がありました。

凪さんの後ろ姿 水の音はここ

僕が一発で気に入ってしまったオリジナルソングを歌われているの皆様の演奏風景です。前に回り込むことが不可能だったので、後ろからの写真(しかも撮るの下手)で申し訳ないですが…。とても素敵でした。
演奏中どこからともなく水の音が素敵な音響演出をしています。正体を見つけたのでそれも撮影。

凪さんの後が我々音心。素敵な空間でオカリナを吹かせて頂き、心地よい日差し(本当はかなり熱い)からオカリナを守りつつ楽しく演奏させて頂きました。
実は少し前からマイマイクを使用するようになり、これによって現場のマイクの特性や拾う範囲とか探る必要がなくなり、とてもマイペースに進められるようになりました。ひとつひとつ勉強し、ひとつひとつ着実に良い方向に進めています。いろいろな方のアドバイスやふと口にされた言葉など、これからも聞き逃さないようがんばって行きたいものです。

音心の演奏風景

演奏はオリジナル曲を中心に(いやそれしかやってないじゃん!)という感じでした。オリジナルは知らない方ばかり…。だからこそ自分が今かけている、このオカリナの音をたくさんの方の心に残して頂けるようがんばって吹き続けようと思います。
写真をちゃんと正面から撮って下さったのは凪のシアンさん、後からメールで送って下さいました。どうもありがとうございます。

菅井さん

お次はパーカッショニスト菅井さんによる、オリジナル楽器プロパノータを中心とした打楽器のデモ演奏です。
写真見て改めて思ったのですが、菅井さんの風景との調和がなんかとてもすばらしく見えます。いるべくしてそこにいるという感じ…。理屈ではなく、本当に不思議です。そしてすごくうらやましく思いました。

The fawn さんの後ろ姿

さて続いては菊川や静岡でご一緒させて頂いていますThe fawnさんの写真(また後ろですみません)風太さん、丸山さんが所属しておられるユニットで、この形態での演奏は初めて聴かせて頂きました。
非常にあらゆるバランスが整っておられる音作りの完成度、ユニットらしい音作り…。こういうところからまだまだ勉強しなければと感じることがたくさんあります。とても良い体験をさせて頂きました。

次の演奏があったため、我々はこの後そそくさと退散することになりました。ただいまのオカリナは次の記事でまとめてと言うことで…。
なんとこの日は以前静岡で演奏させて頂いたcafe Capuさんが出店されていました。我々はそこで昼食を頂き、チャンプルのおいしいことおいしいこと。おかわりしたくなっちゃいました。
というわけで、オカリナが与えてくれるたくさんの出会いと幸せに、またしても感謝するばかりです。誘って下さいました凪のシアンさん、たくさんの演奏者の方と音響の方、そして聴いて下さった皆様に今日もいっぱい感謝でございます。
posted by えんじろう at 19:38| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

11/13 自分流展 報告

皆様おはようございます。明日はいよいよ音心主催のコンサートを、カフェ コンコルドさんにて行わせて頂きます。まだまだ(まだは一回)チケットご用意できますので、ご興味のある方はコンコルドさんか僕にご予約頂ければと思います。
さて今回の記事は昨日のライブ報告第二弾、天神蔵さんでの自分流展レポートです。

藤枝を後にしてからすぐに天神蔵目指してUターン。車を運転できる相方のおかげで、本当に助けられております。自分たちの前の前の方の演奏に間に合う状態で、現場である天神蔵に到着することができました。相変わらず雰囲気と歴史を感じる素敵な場所です。
今回は一昨年に出演させて頂いたときとは反対側の領域がステージ。ライブ主催のこだま28号さんにお会いすると、いつもものすごくほっとしてしまいます。この安心感は偉大です。いつか僕もこんな存在になりたい(なりたいものばかりですね)

音心演奏風景 音心演奏風景 その2

そんなこだま28号さんが、音心演奏風景を送って下さいました。本当にありがとうございます。こんな具合で今回は天神蔵さんに据え付けのグランドピアノと亮子さん、オカリナと僕のカルテット(嘘をつけ)でも気持ちとしてはいつも楽器を一人の人間くらいに思って一緒に奏でています。
さすがに据え付けだけあって、このピアノと天神蔵の空間との相性がすばらしいと感じました。オカリナもこだまさんのPAを介して天神蔵の空間も味方になってくれて、とても良い響きを得ながら演奏に集中することができました。心地よいと感じながら演奏できることは、とても幸せなことと思います。そうすることでお客様にもそれをお伝えできると言うのが、音心の目標その1でございます。
選曲はオリジナル中心に、自分たちの存在を知って心に残して頂けるようがんばりました。

演奏の後も自分流展の出展者さんや聴きに来て下さった方とお話ししたりして、とても暖かな時間を過ごさせて頂きました。甘酒は飲めなかったけど、楽しかったぁ。

ご活躍のピアノ ただいまぁのオカリナ達

素敵な天神蔵据え付けピアノと、ただいまぁのオカリナ達です。今回は藤枝の分も一緒に撮影しています。実は先日頂いてきたオカリナも、今回のツアー(?)に同行してもらい、使わないけど僕のライブの雰囲気を知ってもらうようにしました。ある意味変態的発想かもしれないけど、オカリナを心あるものとして扱うことは自分の心構えのコントロールです。それはものをあがめ奉ってありがたいありがたいという神社などの存在と、同じ事だと思います。こうすることで新たなオカリナに対する自分のテンションを更に高めてゆけると思っています。テンションがそのまま音として現れる楽器だから、そういうことは大切にするべきと思ってますよ。

わぁ長くなってしまった…。この日もとても幸せでした。お誘い下さった主催のこだま28号さん、田園ファミリーを中心とした出演者の方々、天神蔵の皆様、そして聴いて下さった皆様に感謝でいっぱいです。ありがとうございました。

ところで明日ですが、チケットがですねぇ…(また書くのか)詳しくはこちらの詳細記事をどうぞ。ではでは
posted by えんじろう at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

11/20 アオイ楽器店 単独

だいぶ迫ってからの告知になってしまいまして、申し訳ないのですが…。以前音心で出演させて頂きましたアオイ楽器さんのインストアライブに、再び出演させて頂きます。

日付: 2011年11月20日(日)
時間: 19:30 ~ 22:00(僕は20:00から約30分)
料金: 無料
場所: アオイ楽器店2F 楽器売り場 Link
住所: 静岡県浜松市中区上島5-1-1
地図: Googleマップ Link / NaviTime Link
TEL: 053-475-3232

今回は二胡奏者の村松さんから誘って頂き、参加させて頂けることになりました。僕は20:00から約30分演奏させて頂けることになりました。今回は僕独りでの参加と言うことなので、伴奏音源を使用しての演奏を予定しています。手作り感あふれる会場で、楽しく演奏してオカリナという存在もしっかりアピールしてこようと思っています。冬の曲を中心に進めて行こうかなと思ってます。

様々な方が出演されるジャンルも広々としたライブです。お時間ある方は是非、遊びにいらして下さい。
posted by えんじろう at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Information | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

パソコンの異常

皆様こんばんは。早速昨日のコンサートの報告記事をと思っていたのですが、なんとパソコンがストライキを起こしました。

復旧したストパソコン

今はこうして復旧したのですが、Windowsすら起動できなくなり一時はどうなることかと思いました。

最初は内蔵CD-ROMドライブが認識されないという自称に始まり、システムの復元で改善せず、ドライバの再セットアップも不可能。よく見るとBIOSが動いた時点からドライブが認識されていないことに気づきました。サポート窓口に電話したら中のプラグを抜き差しして改善しなければハードの故障と言われてしまいました。
久々にパソコンを開いて埃を掃除し、プラグを差し直したらまた閉まって…。今度はBIOSで認識している。けどWindowsが立ち上がると自動的にブルーのエラー画面に移動。何度やっても同じ。
いろいろ試したあげく、プラグを差しなおしたときに上下のドライブを逆にしてしまったことが判明。

ようやく改善したら報告記事を書く時間がなくなってしまったという具合です。でも待てよ。この記事を書く時間を当てれば…あっ。
posted by えんじろう at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

11/15 カフェ コンコルド 報告

皆様こんにちは。ようやく今回はコンサート報告記事を書くことができます。音心で主催するコンサートは実は初めて。とてもドキドキな一日でした。

この日も朝から亮子さんにご足労頂き、リハーサルをしてウォーミングアップです。体が本来の動きができるように、やっぱりしっかり準備しておく事って大切だなぁと思います。
そのままお昼を軽く食べ、演奏会場であるカフェ コンコルドさんに向かいました。

誰もいないステージ

誰もいない演奏ステージの様子です。本番始まってもこのままだったらどうしましょう…。なぁんて最初の頃はとても心配していました。しかし会場に到着するとオーナーから予約状況を教えてもらい、とてもうれしい気持ちになりました。
サウンドチェックやステージ配置などをいろいろとあれこれして、同行して下さっているスタイリスト鈴木氏によるヘアチェックも行い準備を整えました。

いよいよステージ開始 みんな緊張の図

前半は皆さんがよくご存じであろう曲を中心に演奏を展開して行きました。初っぱなの曲の際に皆様の真剣な視線がちょっとドキドキで、リラックスして下さいねぇと言いながらクラシック(おいっ)

司会の様子 ケーナも使ってます

苦手な司会ですが、努力の甲斐あって少しずつ安心して聴けるものになっているそうです(そう言って頂けるようになりました)お客様に笑って頂ける場面も増えて、そんなときにこちらも緊張がほぐれほんわかした気分になります。お金払ってきて下さった上に、肩をこらせるようなことをしたくはありませんので、気楽に聴いて頂けることが一番うれしいです。
今回の演奏には例のだれでもふケーナも動員、ちょっとお耳のリフレッシュという効果が絶大だと思っています。

新オカリナお披露目 あっ笑顔だの写真

そして先日富士市の古庄さんから頂いてしまった思い入れのいっぱい詰まったヒーリングオカリナもデビュー。暖かくややしっとりした音で、オリジナル曲を歌ってもらえました。
気がつくと我々も笑顔でいられたようです。当人は気づいていなかったのですが、後から写真を見て自然な笑顔にちょっと驚きでした。こういう風景ができるようになったんだ…。とても良い進歩だと感じます。

演奏の後はオカリナ談義の時間を作りました。今回はオカリナをされている方も割といらっしゃいました。オカリナ吹き同士が和気藹々と話せる場ってあまりないと感じます。特に回りにオカリナに興味のある方が少ないと、語ってしまうと嫌われちゃうしと欲求がたまったりするのではないでしょうか?僕はそうでした。なのでこのコンサートの場でちょっとでもそういう思いの方同氏が語らえる場になればという気持ちでした。
なぁんて自分もそういう話をする場が欲しいというのがあるのですがね。オカリナの魅力を共有できる方がたくさん、とても幸せなひとときでした。

ただいまの楽器軍団

コンサートはこうして無事に終了。ただいまぁの楽器軍団もいつも通り元気に並んでいます。写真を提供して下さいましたKANAさんと鈴木さんに大変感謝です。そして今回の企画をアドバイスなどもかねて、力強く進めて下さいましたカフェ コンコルドさんに感謝しております。それから平日の昼間というお時間を割いて聴きに来て下さいました皆様、本当に本当にありがとうございました。皆様がいなければ成立しないのがコンサートです。本当に感謝でございます。

こうして大変素敵なひとときを皆様と作り上げることができました。これからもますますがんばろうと思います。
posted by えんじろう at 10:44| Comment(4) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

すり切れ鍋

鍋がぼろぼろになってしまったのです。

浜松に来ると同時に購入した、生活を共にした仲間だったのです。内面塗装がはがれだし、色合いが変わってしまったのです。洗うときにいろいろなものがこびりついてとれにくくなりました。

傷ついたお鍋

もはや限界なのです。はがれたところからなんか変な物質でもしみ出してきたりしたら、怖いですから…。

とそんなわけで、新たな鍋を注文しました。今度のやつはとにかくコーティングが丈夫で、金属のへらとかでも耐えられるとか何とか…。これで安心して使うことができます。
これまで約5年間働き続けてくれた鍋に感謝して、新たな鍋に移行しようと思います。

さて、明日は音心練習宗次郎さんのコンサートを見に愛知に行って参ります。明後日は宗次郎さんパワーでアオイ楽器さんのインストアライブに参加しようと思っています。
天候が悪いですが、日曜には回復することと思います。是非遊びにいらして下さいねぇ。では、明日に備えて早く寝ます。
ラベル: IH 買い換え
posted by えんじろう at 20:06| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

11/20 アオイ楽器店 報告

皆様こんにちは。今日の記事は前回音心として出演させて頂きました、アオイ楽器店さんでのライブ報告記事でございます。日曜の夜だったので出演者とその関係者という感じでこぢんまりと、ゆっくり演奏を楽しんで頂くような雰囲気で行われました。

お昼頃に愛知から帰ってきた僕は、お昼を食べてから練習。夕方の出発に向けて支度を進めました。
今回は二胡奏者でありアオイ楽器店さんで二胡の先生をされている村松 克子さんからお誘い頂いての出演決定でした。
村松さんと共に現場のアオイ楽器さんに向かうと、前回同様お店前の道路は焼き肉のにおいでもっくもくでした。お腹がすきますね。

立派なアビテックス 満足な楽器達

スタートよりだいぶ早めに到着してしまったので、控え室…。といいますか、楽器店さんのレッスン室の様子です。大規模なアビテックス装備の部屋で、我が家の中古でトイレ規模のアビテックスとは格が違うという感じでした。こんなものが我が家にあったら、最高のリビングですよね。この快適さは逆に練習室の要素が薄れてしまうかもしれないです(笑)
いつもの部屋と違うので、楽器達も僕に負けないくらいはしゃいでいる様子です。

とよばんさん

お客さんの入りを待って19:45くらいにスタートしました。最初の出演者のとよばんさんです。ご家族という単位のユニット構成。とてもアットホームな雰囲気が広がり、思わず心の中で家族かぁ…とかつぶやきながら聴いてました(笑)

僕は2番手。自分の写真は相変わらずないわけですが、とよばんさんのブログにてライブの記事が美しい写真と共に掲載されています。良かったらこちらからご覧下さい。
演奏は自分が学生時代に流行っていた曲やオリジナルを交えつつ、テーマとしたに沿った選曲で進めて行きました。ミスもありましたが、涼しくなってきた割には音程は安定していました。ちょうどポケットの辺りに大きな動脈が通っています。なのでここにオカリナを入れることで人肌に温めておくことができるのです。これからの演奏は冷えで音程が下がるのを防止するためにポケットが必須
オカリナは手がかかる敏感な楽器だから…、だからこそ可愛くてたまりません(あっまたはじまった)

自分のステージの最後に二胡の先生村松 克子さんと二胡の曲でメロディーが美しい睡蓮という曲を共演させて頂きました。当日に構成など決めたので、ややドキドキ状態でした。改めて素敵な曲だなぁと感じました。

村松 克子さん

そのまま二胡の村松 克子さんのステージに移行。楽器屋さんの店頭品をデモ演奏されたり、アニメソングなど親しみある曲から本格的な二胡の曲まで幅広く演奏されました。

楽器店店員さん

最後はアオイ楽器店の店員さんのユニットナスと白かぶさん。楽しいトークからベテランの雰囲気を感じてしまいます。

今回は4組の出演で持ち時間を多めにいただけたので、自分らしくじっくり演奏できて幸せでした。

ただいまぁのオカリナ

いつものコーナーです(笑)そういえば今回は、高音域のオカリナばかり出演でしたね。同じ音域のオカリナが3本入っていました。もちろん全部活躍です。今日もありがとう…。
アオイ楽器店さん、お誘い下さいました村松さん、そして聴きに来て下さった皆様にとても感謝です。ありがとうございました。

ところでこの日は新たに入手したビデオカメラの写真機能で撮りました。安物のビデオカメラはやはりそれなりだと言うことを思い知らされました。現場では全然判らなかったのですが、家に帰りパソコンモニターで確認すると僕の目で見てもえっと思うほど色が違う。現場はこんな色合いじゃなかったと感じました。携帯カメラの方がよっぽど綺麗にとれました。掲載した写真はPC上でかなり編集してフィルターを通しました。あぁショック…。
皆様も安い訳の罠に引っかからないよう、どうぞお気をつけ下さい(いったい何の記事だ?)
posted by えんじろう at 14:43| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする