2011年10月01日

もはや10月です

こんにちは。えんじろうでございます。日々が過ぎゆくのが早く感じられます。もう秋も本番…10月に突入してしまいますね。つい昨日までは9月だったのに(当たり前じゃ)容赦ない時の流れを感じてしまいます。

一刻を大切にしてゆきたい…。ひとつひとつの出来事を振り返った時によしって思えるようにしておきたい。やれる時にやらなかったことを後悔したくない。そんな思いでいっぱいになる時があります。
オカリナのためだけに過ごせる時間は、夢への滑走路。走っているうちに浮き上がってくるかもしれないし、そのまま滑走路が終わってしまうかもしれない。自分でこさえた滑走路なのだから、できれば浮き上がってゆきたいものですね。
そのためにもひとつひとつの出来事をオカリナと一緒によい思い出にしてゆけるように努めます。オカリナと良い思い出を作ることは、聴いてくださる方に喜んでいただくこととつながっています。聴いてくださる方に喜んでもらうためには、自分が聴いて心地よいと思うまで妥協をせず練習する他はないと思っています。

とにかく一生懸命やるのみでありまぁす。10月のえんじろうも音心も、どうぞよろしくお願いいたします。

『植え替えた 大きな畑を ポチは行く』
って、ポチの記事読んでいないと全然判らない句でした。えっ読んでも判らないですって?(しょぼん)

ではまず、今日明日のライブを精一杯やってきます。
ラベル:季節 時間
posted by えんじろう at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

演奏時間変更です

おはようございます。楽器博物館に到着していますえんじろうです。

今日の電子チェンバロコンサートの開始時間が変更となりました。
14:00から全体がスタートするそうです。
お間違えのないようにお願いします。

これからリハーサル、頑張ります。
posted by えんじろう at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

天候良好

皆様おはようございます。本日の天気は曇りのち晴れです。秋らしい空気に包まれ、はちょっと寒いくらいになるそうですね。

昨日に続き今日も音心ライブです。遠州灘海浜公園にてお昼です。皆様と楽しい時間を過ごせるようがんばって参ります。
昨日のレポートはまた後日、報告しますね。

一挙に涼しくなるということですので、皆様も風邪引かないよう衣服調整に気をつけてくださいませ。
posted by えんじろう at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

10/01 楽器博物館 報告

皆様おはようございます。めっきり涼しくなり、うっかり夏仕様でいると風邪を引いてしまいそう。特に朝晩は気をつけないといけませんね。
では早速、土曜の楽器博物館のライブレポートをさせていただきます。

今回で2回目となる電子チェンバロの集いは、Roland社が楽器博物館に展示されている大変貴重なチェンバロの音源を採取して作った電子チェンバロC-30を使った演奏会です。すべての鍵盤の音を様々な強さ毎に採取(サンプリング)し、調律いらずに加えて多彩な電子ならではの機能を充実させた電子チェンバロです。本体から出る音は、実にチェンバロらしい細く繊細に見えて芯があります。何よりサーッというホワイトノイズがほぼ聴き取れないので、そこで静かにチェンバロを弾いていると本物と区別がつけられません。調律法も様々なパターンに対応するようになっており、昔の低めの調律から音律までいろいろ設定することができます。

我々音心は10時半頃に現場到着。受付を済ませて11時からリハをさせていただきました。普段ピアノを弾かれる亮子さんにとって、あまりにタッチの違うチェンバロのキーは苦戦ということでした。持ち歩けるオカリナに対して鍵盤楽器の多くはその場のものに対応して演奏しなければならない。移動は楽だけど対応力を問われるなぁと感じます。正直オカリナで本番渡されたものを吹けといわれたら、確実にとちります。それどころか音階もまともにならないことでしょう。もちろん所有しているものと同じメーカーの管であってもです。オカリナ吹かれる方ならきっと共感してくださいますよね…ね?(お願いするんじゃないの)
リハの後お昼を軽く食べ、控え室で昨年もお会いした方や他の出演者さんと楽器談義ができました。こういうのはとても楽しいです。

館長挨拶

本番がスタートして館長さん嶋和彦氏の挨拶の写真でございます。嶋館長はNHKラジオ第1で定期的にお話ししているので、実家の父がよく知っています。

さて音心は今回2組目としての演奏でした。昨年と違って緊張が少しは減っています。つい先日市民サロンコンサートで独奏させていただいたおかげで、ちょっとだけ度胸をつけていただけました。それと今回はクラシック以外の演奏をされる方もいらしたから、ジャンル自由を実感できていたというのもあったと思います。
演奏はいつもの音心のペースを大切に、オリジナルやクラシックと民族音楽などを演奏しました。やはりすばらしい天然音響です。あっそうそう、椅子でいいと思っていたオカリナ持ち替え用の台に、博物館の方が非常にすてきな赤絨毯(フェルトでしょうが)のかかったものを用意してくださいました。せっかくなので演奏するオカリナをすべて並べると、オカリナ達がはしゃいでいる気がしてなりませんでした。なかなかこんないい場所においてあげられていないこと、ごめんねと改めて思いました(思うだけですけど)
ピアノより音域が狭いチェンバロに、亮子さんは苦戦されていました。音がない部分をどうやって対応してゆくか…。オカリナでもそういう場面は遭遇することがあるので、その苦労と悔しいような気持ちが分かる気がします。それでも引き受けてやってくださる亮子さんに感謝です。

次々と続く皆さんの演奏に酔いしれながら、楽器博物館の時間が流れてゆきました。今回聴いていた場所では、正直すばらしい天然音響を満喫とはいきませんでした。やはりもうちょっと正面に行くと、ダイナミックなのにくどくないというすばらしい音響を堪能できると思います。
最後はプロのアクアトリニティーさんの迫力の演奏があり、締めくくりとなりました。オカリナの元祖が展示されている楽器博物館、演奏前と演奏後に挨拶をしてゆきました。

ただいまのオカリナ

そして我らがただいまぁのオカリナです。またいつもの絨毯で撮影か…ってがっかりしているような気がします。一瞬でも赤いフェルトに上品に乗ることができて良かったね。僕も白い大理石(大理石って白いものでしょ?)の上に立ててよかったぁ。
様々な演奏者の皆様、楽器博物館、そして聴いてくださった皆様に感謝感謝でございます。オカリナも僕も幸せでした。
チェンバロの音について
posted by えんじろう at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

10/02 秋の風コンサート 報告

遅くなってしまいましたが、日曜の遠州灘海浜公園秋の風コンサートの報告をさせていただきます。

4月には春の風コンサートがあり、その際初めて演奏させていただきました。2日間で3ステージも参加させていただき、単独ステージと音心ステージでたっぷり演奏して参りました。今回もコンサートは2日間開催されていましたが、我々は楽器博物館があったため2日目に参加させていただきました。

朝亮子さんと合流して、ちょっと公園の周りを3周くらい回って地図を確認しながら現場到着(笑)天候もよく暑すぎず寒すぎずといった感じでした。ところがやはり楽器搬入を終える頃には結構暑く感じられ、お昼が近づくほどに日差しも強さを増してきました。主催者の方やPAの方に挨拶をして、ステージで続いている演奏に耳を傾けていました。スピーカーの中央で聴いていると、ちゃんと演奏者が座っている位置からボーカルが聞こえるように音の定位を割り振ってあります。意外とこういう演出は省略している方(機器側でできない場合も)が多いので、僕は非常にうれしい気持ちで聴いていました。自分がPAオペレータをするとしたら、これは必ず意識したいと思っていたことです。自分の演奏ではない時でもこういうこだわりをなさっているということに、僕は素人ながらなんか感動でした。

そうこうしているうちに自分たちの番。機材を出して楽器を出してサウンドチェックをしてと、なんか楽しいですね。高校時代の文化祭ではこのわくわく感におぼれ過ぎて、早くしろとバンドメンバーから怒られたこともありました(笑)
演奏は当初30分の予定だったのですが、時間いっぱいまで使っていいと言われて準備片付けを踏まえて45分間に変更しました。オリジナルを多めにやって、CDややらフェスの宣伝もがんばったつもりです。たくさんの方が聴いて下さっていて、時間もあったためとても暖かい気持ちでのんびりと司会もできました。

ただいまの楽器

ただいまぁの楽器達でございます。今回はたくさんのメンバーで演奏でしたね。この楽器達があっての自分です。本当に感謝しております。
この日聴いて下さった皆様と遠州灘海浜公園の皆様とPAをお貸し下さいました金谷様に、ありがとうございましたです。
posted by えんじろう at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

10/23 風の音コンサート 音心

皆様こんにちは。秋です。外を歩くとキンモクセイの香りを感じる時があります。この季節が一番好きです。
さて、今回は毎年行われております風の音コンサートのお知らせでございます。

日付: 2011年10月23日(日)
時間: 10:00 ~ 15:00(音心は13:20~)
料金: 無料
場所: 鼎工房前グランド Link
住所: 愛知県豊田市御内町滝沢1−1
地図: Googleマップ Link / NaviTime Link
TEL: 090-4117-7147

楽工房 風の音さんで主催される暖かな企画満載の手作りコンサートです。手作りといえど本格的で、元学校のグラウンドをフルに使ってのすてきな文化祭のような雰囲気です。基本フォルクローレのコンサートなのですが、最近はかなり多ジャンルなコンサートとなっております。なぁんて自分たちも多ジャンル側の部類だと思うのですが…。年々お知り合いが増えて心強い限りです。
この日はなんとオカリナ演奏の参加者が3組、風の音史上最大数です。朝1組昼2組で、僕らは昼の2組目でございます。
そしてフォルクローレの演奏会に無謀なことにフォルクローレの楽器チャランゴも持って進入してきます。まぁ他の方々のようにすばらしい弾き方はできないけど、この音に魅了されていることは確かなのでその思いがお伝えできればオッケーって言うことで…(笑)
それから風の音と言えばマデリーナです。今回は2種類のマデリーナを使って2曲演奏予定です。

この日の気候は予測不可能です。寒いかもと言うと暑かったり暑いかもと言うと冷え込んだりするので、皆様様々な環境に対応できるようにご準備下さい。1日がかりのすてきなコンサートに、是非遊びにいらして下さい。
posted by えんじろう at 07:01| Comment(6) | TrackBack(0) | LIVE Information | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

11/15 カフェ コンコルド 音心

皆様こんにちは。今回は音心にとってとても大切な演奏告知です。音心結成4年目にしてついに実現した、初めての自分たちで主催するコンサートのお知らせでございます。場所は浜松、非常に長い歴史のあるイタリアンカフェにて、静かな午後に開催させていただきます。

日付: 2011年11月15日(火)
時間: 13:30開場 14:00開演 ~ 15:00
料金: 1000円(ワンドリンク付き)
定員: 30名様前後
場所: カフェ コンコルド Link
住所: 静岡県浜松市中区鴨江2-55-23
地図: Googleマップ Link / NaviTime Link
TEL: 053-456-2656(要予約)

案内用パンフレット

カフェ コンコルド オカリナ・ピアノ コンサートのご案内パンフレットです。クリックすると拡大できます。
チケットは電話での事前予約とさせていただきます。お店の定休日に一切の機材を止めた静かな環境を作って下さり、お客様一人一人のために椅子を並べて下さるというマスターの心意気…。我々もそれに負けないくらいに音楽のすばらしさを皆様と共感したいと思っております。
店内にあります生のピアノを用いて、店内に響くオカリナの音をお楽しみ頂けます。いろいろな曲を音心流にアレンジしたもの、そしてCDのものから最新のオリジナル曲など演奏させていただきます。

ちょっと寒くなってくるこの季節、ほっとする店内で暖かな音楽に耳を傾けてみませんか?皆様のご予約、是非是非お待ちしております。
posted by えんじろう at 06:00| Comment(4) | TrackBack(0) | LIVE Information | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

今日はやらフェス

皆様おはようございまぁす。昨夜イルカさんのコンサートに行きパワーをもらってきたえんじろうです。

さていよいよ今日と明日は浜松の音楽祭やらまいかミュージックフェスティバル in はままつでございます。
運営スタッフの皆様が本当に一生懸命準備して下さり、晴天の二日間が予想される中で心地よい大音楽祭が展開してゆくことと思います。皆様是非街に繰り出し、浜松駅周辺のたくさんのステージを巡ってみてはいかがでしょうか?

我々音心は14:00 ~ 14:30にヤマハ8Fのかじまちヤマハホールで演奏させていただきます。2FのCD売り場にて今月一杯まで音心のCD、ファーストアルバム「あなたへ」も販売させていただきますので、是非そちらものぞいてやって下さい。

さぁ、すてきなやらフェスのはじまりはじまりです…。
posted by えんじろう at 09:32| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

本日も晴天なり

さて皆様おはようございます。やらまいかミュージックフェスティバル in はままつ今日は二日目。
昨日はお陰様で楽しく演奏させていただきました。その後も他の方の演奏を聴きに回ったりと大音楽祭の雰囲気をたっぷりと楽しむことができました。

本日も演奏回りです。おにぎり作ってお茶を水筒に入れて、音楽に浸ってこようと思います(笑)
音楽万歳、やらフェス万歳ですね。浜松に来て良かったとしみじみ思えるひとときです。スタッフの方々にとにかく感謝です。今やらフェスブログ見て笑っちゃいました。記事のタイトルが同じだった!

もしかしたらチャレンジに出るかも?
posted by えんじろう at 09:59| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

10/08 浜松やらフェス 報告

皆様こんばんは、2日間非常に盛り上がりましたやらまいかミュージックフェスティバル in はままつが幕を閉じ、平常の日常が戻って参りました。正直今回は過去のやらフェスの中で最高だったと感じています。自分の演奏ではなくやらフェスそのものがです(おい)
さてそんなわけで、この記事では土曜日に行わせていただきました音心の演奏レポートを書いてゆきます。

この日も朝から亮子さんと合流し、来月のライブに向けての準備など色々していました。リハをする時間もなくお昼を食べて、会場のヤマハに到着したのは13時ちょっと過ぎ…。まずは2階に立ち寄りやらフェス特設CD売り場をチェック!

CD売り場に並んでます

ありましたありました音心のアルバムも左下の目立つところにしっかりと置かれていました。なんだかすごく幸せ。
それから8Fに昇り、準備を進めました。トイレに行こうとしたら5Fと言われて一生懸命階段昇降。おかげで緊張している暇などありませんでした(笑)ホールから聞こえるかすかなピアノの音を頼りにチャランゴの調律をして、準備は万端です。

いつもながら演奏風景写真がないですが、今回はやらフェスに初めて出た時と同様ノーストップ音心スタイルで演奏してゆきました。曲紹介をしている間もピアノが音を出している、結構この雰囲気が好きです。
司会は僕でしたが、以前より緊張が減っているのが判りました。さすがに3回連続同じ場所だけあって、控え室にいる時も自分で驚くほどトイレ警報が弱まっていました(ないわけじゃないのですが…)
今回はゲーム音楽から始まりオリジナルを演奏し、最後にコンドルは飛んで行くを皆さんの手拍子と共に楽しく演奏させていただきました。曲紹介で夕日が差す校舎というような言葉を発したら、その曲の時客席が赤く染まりました。ちょっとたってからそれが舞台照明の影響なのだろうと推測でき、ちゃんと言葉を聞いて照明をコントロールして下さったことにとても感激でした。そういう観察ができたというのは、今までになくゆとりがあったのだと思います。

でも演奏の後のインタビューは緊張しまくり。オカリナのことを聞かれオカリナを指さしたつもりがそこにオカリナがいなかったり、言葉遣いがへんてこになったり…。狙ってもないのにウケ狙いのような感じになっちゃいました。
でも受けてたからいいや。

多機能ケースの様子 ただいまの楽器衆

はいそんなわけでただいまの楽器達と今日のために組み立てたオカリナケースです。使うオカリナがそんなにたくさんじゃないから、今回は手を拭くところと即交換用のオカリナ置き場を配置してみました。つまりこのケース内ですべてが完結できるのです。いやぁ便利便利。

演奏後も色々な方々のステージを見て回ったりして、亮子さんと共にやらフェスの雰囲気をしっかりと満喫して参りました。浜松で特に自慢できるイベント、僕にとってはそれこそがやらフェスです。
お忙しい中準備して下さるやらフェススタッフの皆様方、音楽仲間の皆様、そして音心を聞いて下さった皆様に感謝で一杯です。本当にありがとうございました。
posted by えんじろう at 19:26| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

やらフェス巡り

皆様こんにちは。やらフェスが終わり何となくもの寂しさを覚える今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
今回の記事はそんなやらフェスを振り返りつつ、演奏以外のえんじろうの行動を追って行きたいと思っています。まぁまぁ興味ないって言わずに(笑)

初日の8日は自分たちの演奏に加え今後の活動に向けての準備など色々していたため、やらフェスをしっかり楽しめる時間が少なかったです。
自分たちの演奏の後はUP-ONにて我らがこだま商店さんとこだま商店さんが以前コラボをなさったWoody Bellさんを拝聴。といってもこだま商店さんはたどり着いたら終わってしまった…。
その後は音もパフォーマンスもすばらしいちゃっともーもーさんを聴くためにバスターミナル地下に移動。すみだ川さんと音緒さんの演奏も聴くことができました。
この後はまだ残っていたやることがあったので、音楽巡りはここまででした。

翌日9日は準備万端、おにぎりとお茶を用意してリュックしょってピクニック気分での出発です。
まずはギャラリーモールにて声も雰囲気も広い男という感じの浦山 修司さん、いつもすてきなまとまりのGoveさんの演奏を堪能。
その後は以前デンマーク牧場でご一緒したMOUSHIさんの演奏を聴くために遠鉄の屋上を目指しました。エレベータしか通じてないらしく、ボタンが判らない僕には人に助けてもらうなどしてちょっと苦戦。デモCDというのをもらっちゃいました。
続いていったんギャラリーモールでおにぎりを食べ、静銀アゴラに移動し楽器博物館でお会いしたマリンカ・カリンカさん。ギター一本でバンドが成り立つBINさんのステージを拝見。時間が重なっているゆうころんさんのおられるヤマハに駆けつけましたが、一足遅くちょうど終わった瞬間でまたも拍手のみでした。しかもヤマハ店内に飛び込んだらそちらはステージの裏でした(笑)

それからそれから、本日静岡からお越しの三線と歌のユニットさんのステージを見にギャラリーモールへ。昨年Triangleさんにも来ていただきましたが、是非浜松でもこの方々のすてきなステージを見ていただきたくてお誘いしちゃいました。和音の少ない三線と歌の絡みだからこそ、ひとつひとつの音にこもるものが深くなる…。それは和音と単音それぞれの価値をつくづく感じるオカリナ吹きだから特に心に響きました。

凪さんです

その後は凪の皆さんと一緒に同じく静岡からお越しのZilLさんの熱気たっぷりの演奏をバスターミナル地下にて拝聴。UP-ONに行き田園のサイボーグ村松さんの熱い演奏を聴きました。
それからヤマハに向かい、清野 真さんのピアノ弾き語りとやらフェス初参戦の時僕らの前に演奏されていた棚牡丹さんの演奏を堪能しました。棚牡丹さんの楽器編成、バランスが非常に良くて心地よいからとても好きです。
ギャラリーモールに戻り凪さんと再び合流して、ちょっと音楽談義を楽しみました。本当に楽しいひとときでした。

凪の皆さんと別れ、とぼとぼと帰る帰り道、やらフェススタッフのオレンジの皆様が片付けを一段落して集まっておられました。本当に感謝で一杯です。約半年間、本当にお疲れ様でした。5回目にして今回のやらフェスは過去最高に楽しませていただきました。行く先々で僕を知って下さった方から声をかけていただけるようになり、演奏者の中にもお知り合いがたくさん増えてきて、本当に感謝で一杯です。

いろんな事を考えながら歩いていると、泣きそうなくらい寂しくなりました。こんなに音楽を愛おしいと思えることに、喜びを感じます。そしてその瞬間、新曲も生まれました。また追々音心で演奏してゆくつもりですので、是非聴いてやって下さい。
実はこの日のリュックに、オカリナ数本忍ばせていました。そう一日ずっとデートできたのでありましたぁ!

ほじゃまいかさっさぁ(急に記事終わるのか)
posted by えんじろう at 08:09| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

10/29 浜松ハロウィン 音心

皆様こんにちは。ハロウィンは正月の前夜祭的な位置づけで、しかも死者が一時帰宅するお盆のような存在でもあるそうです。盆と正月が一挙に…とはこのことか?
そんなハロウィンを題材としたイベント、浜松ハロウィンに音心として演奏参加させていただきます。仮装はしませんよ(笑)

日付: 2011年10月29日(土)
時間: 16:00 ~ 21:00 (音心は17:00~)
料金: 無料
場所: 浜松モールプラザ サゴー Link
住所: 静岡県浜松市中区千歳町108
地図: Googleマップ Link / NaviTime Link
TEL: 053-455-3535

ハロウィンのポスター

大変立派なポスターに加え、チラシもものすごい数発行されて配られるのだそうです。浜松ハロウィン自体かなり規模の大きなイベントのようで、今更にして驚いております。
音心は17時からサゴーステージにて30分、音楽面で盛り上げさせていただきます。だけどねぇ、お化けのイベントなのに癒しのオカリナ…あれ?って感じですよね。でもトトロ鬼太郎悪魔くんなど、お化けとオカリナはつながりがない訳じゃないのです。この日はちょっと珍しいオカリナも…出~る~ぞ~っ!?
演奏は僕らのやるサゴーステージに加え、ザザステージもございます。盛大ですねぇ。いつかザザシディ中央館横でも演奏してみたいです…なぁんて。

さて今回の参加は10弦ギター奏者のえいゆうさんからご紹介によるものです。音心を聴いていいねと思って下さった方が、こうして演奏の機会を教えて下さいます。一番幸せなことだと思っています。
是非ハロウィンのイベントと共に、音心の演奏もお楽しみ下さい。
で、ハロウィンって何?
posted by えんじろう at 08:34| Comment(4) | TrackBack(0) | LIVE Information | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

お出かけ準備

皆様おはようございます。朝は雨が降っていたというのに、今はすっかりの青空です。無事に須部神社さんのお祭に行けそうでほっとしています。

お昼の写真

お昼に作ったおにぎりとお茶で、出発だ。楽しく演奏することと、ちゃんと今後のアピールもしてくるようにがんばろうと思います。このアピールがかなり緊張するのですが…。がんばります。

僕とオカリナの音も聴いていただきたいですが、今日は和太鼓や津軽三味線の演奏などもございます。
色々楽しめると思いますので、是非遊びに来て下さい。
posted by えんじろう at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

値段にゴマかされるな

皆様こんにちは。本日は久々に普通の日記です。しかも話題は高級グルメ…ではなくごま油です。

僕は数年前にごま油という存在を知り、そのかぐわしい香りと何でもパワフルに味を向上させてしまう魔法の液体に感動しました。炒め物には必ず使い、味噌汁に垂らしてもすてきな演出になるこのごま油にぞっこん。
いつも駅の地下の食品売り場で買っていました。値段が500円前後と結構高く、いつも買うときに躊躇しそうになるのですが、あの味が獲られるならと思って買っていました。ところがこないだ、いつも買い物をするお店でついにごま油のコーナーを発見!しかも今までのの3割くらいの値段…。
この浮気心が悪夢の始まりでした。

早速開けてチャーハンの土台にごま油を展開。そして誰だこんな時間に換気扇の向こうでたばこ吸っているのは!と独り言。それからすぐに気がつきました。この煙たいのはフライパンから立ち上っていると…。気がついたらむせていました。何でごま油にむせにゃならんのだ?あの香ばしい香りは煙の中にごくわずかあるだけ。それを感じ取ろうとすれば燻されるかのような煙たさが先に押し寄せてくる。
これはひどい。最後まで使うことができるだろうか?

ちょっとけちったばかりにこんな目に遭ってしまうなんて。皆さんも値段にだまされて(流されて)はいけませんぞ。
と普通はこれで終わるのですが、ここから色々展開するわけです。
慣れの原理
ラベル:ごま油 値段 香り
posted by えんじろう at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

10/16 須倍神社大祭 報告

皆様こんにちは。充実の週末から早2日、次回充実日に向けて目下がんばろうと思っているえんじろうです。
さてそんなわけで、今回は先日の須倍神社例大祭に参加させていただいたときの報告でございます。

今回の演奏は津軽三味線の先生をされている松野本さんからお誘いいただき、参加させていただけることになりました。当日は12時半に浜北駅にて松野本さんと合流し、現場の須倍神社に向けて移動しました。
駐車場から少し山を上がると、その開けた土地に大きな神社が現れました。

会場にはたくさんの人々

とても大勢の方々で賑わっているステージに、お祭の規模の大きさを感じ取りびっくりでした。松野本さんに教えていただきながら、参拝してきました。お願いするのではなく様々なことを報告するのが本来の参拝の仕方とか…。手順や決まり事もそうですが、本当に知らないことだらけですね。
自分が今からここで演奏させていただくことを告げ、お騒がせしますが心を込めて吹きますので、どうぞよろしくお願いいたします。とお伝えしてきました。
失礼な言い回しになってしまいますが、そこにある「もの」に対してこうやって真剣に心ある存在としてあがめることができる事に、感謝する価値があるのかもって思ったりします。僕はオカリナは楽器(道具)とは思っていません。だからとてもこのお参りする感覚に通じるものを感じました。

フォークダンスの皆さん

踊りや劇など様々な余興があり、写真は僕の前に出演されていたフォークダンスの方々のものです。ステージが華やかな雰囲気でした。

えんじろうのステージ

それから僕です。今回は音響面において一工夫…。しかしこれは音に関して自己責任を伴うものなのでちょっとどきどきしながらの演奏でした。音響の方にも快く引き受けていただけて、とても感謝でした。
オリジナル曲の中から神社やお祭にちなんだものを選び出し、それらを中心に演奏してゆきました。オカリナアカペラ演奏も2曲、そしてとなりのトトロではお客さんから「トトロ」の声援をいただき、とても気分が上昇した状態でいつもの練習の時以上の演奏を行うことができました。これがライブの喜びだなぁって思います。神社の祭典ということで割とゆったり系の曲を選曲したのですが、その必要はなかったということを認識しました。祭りは祭り、盛大にやってこそ良いんだということがわかったので収穫です。
それにしてもたくさんのお客様を前にして、信じられないほど緊張の少ない状態で演奏できました。でも司会は相変わらず落ち着きのない感じがしてました(笑)
写真を送って下さいました鈴木さん、どうもありがとうございます。

迫力の和太鼓 津軽三味線と和太鼓

さて続いては本日のとり、僕を誘って下さった松野本さんが所属する和太鼓と三味線のグループの演奏です。
和太鼓の迫力の音は、さすが腹に響きます。基本のリズムに複数の人が入れ替わり即興のようなリズムを乗せてゆく。基本のリズムを強弱しっかり作って奏でる人の体力と精神力に、僕はすごいと感じました。
途中から津軽三味線のこれまた迫力の音が加わり、音階が加わるとさらに広がりが出ます。津軽三味線もリズムが重要なポイントのようで、三味線と和太鼓のリズムのリンクがみそというふうに感じました。
なんだかお腹いっぱいになりました。

控え室

控え室の写真です。山と日光の作った景色が、とても神秘的でした。今回は家に戻ってからすぐ実家に向けて出発したため、ただいまのオカリナ写真が用意できませんでした。ごめんなさい。

すてきな場所で演奏できて、とても幸せでした。お誘い下さった松野本さん、お願いを聞いて下さった音響の方、トトロの声援を生み出して下さった方、えんじろうの演奏を聴いて下さったたくさんの皆様に感謝でいっぱいです。そして神様から見えるところで演奏させていただけたからか、とても安心してステージをこなすことができました。
僕はオカリナという神様にもいつも守られています。本当に幸せだと感じます。ありがとうございました。
posted by えんじろう at 08:39| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする