2011年07月01日

除湿と冷房 節電は?

皆様皆様みてくださいって言っているように聞こえる部分が、ネギの歌Ievan Polkkaの歌詞の一部にあるんですよねぇ(っていきなりの脱線)
今回はお役立ち情報のご紹介なのですが、無料のお話ではありません。

3月の震災以来、皆様も節電にいろいろと気を配られるようになったのではありませんか?僕もできるだけ節電に協力しないとと思うようになっております(思うだけか?)
さて今回の話題はエアコンになるのですが、僕はドライ機能を使うことで少しは節電になるのではと考えて設定していました。だって室内温度がそんなに減らないから、電気もあまり使わないのかなって思うじゃないですか?それがそうでもないっていう事実を目の当たりにしてしまったのです。

借り物のエアコン

最近除湿より冷房の方が節電になるんだってという噂を聞いたのです。なぬぅと思った僕は、早速家に帰って検索をかけて裏付けをとろうとしました。するとこんなサイトを発見。エアコンの仕組みから細かく解説されています。
まずエアコンって室内の空気を転がしているだけで、空気そのものは外気とは全く接していないのですね。エアコンの送風運転をしても、それは扇風機と同じで全く外気との換気にはならないと言うことを今更知りました。
そして肝心なドライ(除湿)機能には除湿冷房方式再熱除湿方式があり、それぞれで消費電力がかなり違うことが判明しました。単に冷房を弱くかける除湿冷房方式なら本来の冷房より節電になり、弱く冷房かけたけど空気が冷えるからちょっと暖めるという再熱除湿方式の場合は暖房混じりのようなものなので冷房より電気を食うのだそうです。

送風→除湿冷房方式→冷房→再熱除湿方式→暖房

節電 → 消費電力 → 暴電?

電力と運転の関係をまとめると、こんな感じですよね。ドライ(除湿)の方式に種類があるなんて、全然知りませんでしたよぉ。

でもここでまた問題発生。わしの冷房(いえ家主の冷房)のドライ機能はいったいどっちの方式なんだろう?
説明書を一生懸命見ました。型番を調べてネット検索してみました。でもドライの方式などどこにも記されていません。説明書の文面から察するになんとなく除湿冷房方式のように感じるのですが、確かではありません。
結局ドライを吟味することはやめました。

現在は冷房に設定して風量自動風向きを上に、設定温度を29度にしています。これでも結構涼しい感じなので、外気温の高さに驚きます。
結局すべてを決めるのは設定温度。皆様もどうぞ、気にしてみてください。

ところでエアコンのありがたみを感じるときと言うのは、エアコンの効いている部屋に入った瞬間…。実は瞬間だけなのだと思います。人間の体は外部の変化にしか反応しないようになっています。だからエアコンが効いた部屋にいる間中涼しいとは感じません。涼しさを感じ続けるためには、部屋に入ってからエアコンの設定温度を徐々に下げ続けるしかないのです。
だから部屋に入ってあー涼しいね、よかったね…。で満足するべきなのだと思います。部屋に防音室がありそこから出るたびにエアコンの恩恵を感じられる僕は、幸せ者だと思います。
それと今のエアコンは温度を設定しておけば、設定温度まで一挙に冷やし後は優しく運転してくれるはずです。なのでつけはじめに極端に設定を低くするのは、あまり意味がないのではって思います。

節電にも気を配りながら、この夏を快適に過ごしたいものですね。ところであんた、この記事書くためにどれくらい電力消費しているのかな?(うっ)
posted by えんじろう at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Archive | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

とよたオカリナサミット

皆様こんにちは。えんじろうは昨日愛知県におりました。音心の練習ととよたオカリナサミットの見学をしました。

4:50起きで電車通勤(いえ遊びに行くだけ)なのですが、今月から輪番休業のところがあるためか、電車内は通勤中の方々のお姿も多かったように思います。特に豊田市はまさに普段日といった状況で、休日は無人駅となる駅にも、駅員さんがいたりしました。
午前中は音心の練習。今度のCar-Denさんに向けて曲構成などを吟味調整しております。お昼をいただいてからはオカリナサミットの見学です。オカリナサミットに出られるオカリーナふるさとの皆様と遭遇し、気がつかずにいる僕にお声をかけてくださいました。そこからは亮子さんが参加しているオカリーナフレンズの方々と行動をともにしました。オカリナのつながり…お声をかけていただける幸せに、本当にうれしい気持ちでした。

会場の様子

会場はこんな感じのステージで、13時から約2時間オカリナの音が響き渡っておりました。それぞれの手法と魅力でもって、どの方々の演奏も特徴あるものとなっておりました。アンサンブルが基本でしたので、単独演奏はありませんでした。自分は単独演奏派の人間なので、アンサンブル独特の苦労というものには触れたことがありません。様々なご苦労なども想像しながら、聞かせていただきました。
そして伴奏に関しても生演奏の方々、打ち込みの方、打ち込みと生演奏を併用しておられる方まで様々。昨年の神戸オカフェスを思い出させるような演奏をされる方々もいらっしゃいました。
そして実は音心の亮子さんは、この日出演されたオカリーナフレンズさんのピアノ伴奏、そして最後にみんなでふるさとを歌うコーナーでもピアノ伴奏をなさいました。

さて実は、サミット終了後も音心練習時間を設けました。練習は裏切らない…。音心丸3年(4年目突入)LIVEは、すてきなLIVEにしたいと張り切っております。
家に帰ったのは20時半頃。味噌汁作ってうどんを入れて食べましたとさ(笑)
この日も音楽(オカリナ)つけの幸せな一日を過ごしました。
ラベル:愛知県 オカリナ
posted by えんじろう at 07:01| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

今日は涼しい

皆様こんにちは。今日は比較的涼しい朝を迎えています。そして七夕様ですね。今年もにわか短冊、用意しています。昨年も書きましたが、短冊にはあくまで何とか叶いそうなレベルのお願い事を書くようにしましょうね。そうするとかなり高確率で聞き入れてもらえますよ。

話題は変わってこのブログには震災の後から東京電力の使用電力状況を把握できるブログパーツを設置しています。これを見ることで自分を含め皆さんの節電意識をくすぐることができればという願いからです。
先日中部電力でも使用量を把握する方法があることがわかりました。そんなわけで、東電のブログパーツの下に中電の使用量を示したページへのリンクも追加しました。是非ブログを読んでくださるついでに電気料も見に行っていただければと思います(あくまでブログ読むのを譲ってない…なんてやつだ)

そんなわけで皆様、今の電力でもしっかりやってゆけることを証明しちゃいましょう。
posted by えんじろう at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

やらフェス内定

皆様こんばんは。暑い日が続いておりますが、無事にお過ごしでしょうか?僕は冷房29度に頼りつつ、扇子と手ぬぐいでがんばっています。大きめで紙の扇子は非常に心地よい風を作ってくれますよ。布製は見た目重視という印象で、風量も涼しさもあまり感じられませんでした。

って扇子レポートの記事じゃないんです。数日前にやらまいかミュージックフェスティバル in 浜松の出演内定通知をいただきました。今年もあのやらフェスで音心として出演させていただけることになりました。
場所も時間もまだですので、詳細が決まり次第告知記事も書こうと思います。

出演内定者一覧こちらからご覧頂けます。
音心として活動し始めてから出会ったたくさんの演奏者の方々の名前が載っていて、知っている方の数が毎年増えていることにとても喜びを感じています。そんな感じで、音心のことを覚えてくださっている方も増えているとうれしいな。もっともっと進出してゆきたい音心、このやらフェスでもまた、音楽の輪が広げられることを願うばかりです。

まだ10月は先の話。それまでにもたくさん演奏をして、やらフェスに見に来てくださる方を増やせるようにがんばりまぁす。
…寝る
posted by えんじろう at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

07/17 田園LIVEに参加

皆様こんにちは。いつもぎりぎり告知になってしまって申し訳ないのですが、今週末の田園LIVEにエントリーさせて頂きました。
フォーク系の演奏者による集団ライブでございます。

日付: 2011年7月17日(日)
時間: 13:00 ~ 16:00
料金: 無料
場所: 三方原公民館 講座室 Link
住所: 静岡県浜松市北区三方原町1179-5
地図: Googleマップ Link / NaviTime Link

あれっなんだか高校以降を過ごした我が第二の母校がすぐ近くじゃないですか…。
前回無理なことをしすぎて心地よさのない演奏になってしまいましたので、今回はその辺を反省してオカリナの良さを前面に出せる演奏ができたらと思っております。

やれるときにやれることを精一杯やる。今の僕はそれが義務というくらいに思わないといけないと考えています。それでも独りでできることなどは、たかがしれているという現実もあるわけですが…。とにかく心地よさが出せるように努力します。
よかったら三方原公民館にお越しください。
posted by えんじろう at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Information | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

ポチに習う

ささいなことが 気になって
なかなか先に 進めない
そんなときが あるんだ。


これをやったら こうなりそう
そうなったら どうしよう
そうならないためには どうしたらいい?


そう考えると 巡り巡ったあげく
苦しくなる わからなくなる
そしてこうだ やめた方がいいかもと…。


そこには植物が 生きている
せまっ苦しい 鉢の中
いっぱいの葉を ひしめかせている。


こいつは先のことなど 考えていない
ただまっすぐに どこまでも葉を伸ばし
ただひたすらに 太陽の方をみようとする。


鉢がいっぱいになったら どうしよう
水を忘れられたら どうしよう
そんなことは お構いもしない。


目の前に広がっている 条件の中で
やれることを しっかりとやっている
本当にすごい 本当に立派だ


成長のポチ 過ぎ去りし短冊

ぶつぶつと
posted by えんじろう at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

練習日より

皆様こんばんは。今日は音心の練習日でした。

だいたいいつもなら4時間練習時間をとるのですが、訳あって3時間という限られた練習時間をフルに使い、中身の濃い練習をしました。限られた時間を精一杯使うというのは意外とエネルギーがいることだと、改めて感じました。
そしてそれをさらに発展させたものがLIVE本番ですよね。24日の音心丸3年LIVEが、いよいよ迫って参りました。すばらしい音心結成4年目への幕開けとなるよう一生懸命練習し、録音を聴いてフィードバックしています。きっと楽しいひとときにできると思っています。
是非楽しみに、足をお運び下さい。

それから明日もえんじろうは単独で田園LIVEに参加させて頂きます。そちらもどうぞよろしくお願いします。

さらにさらに今日通知が届いたのですが、先日エントリーしてきた楽器博物館市民サロンコンサートの出演が内定しました。8/20に行われますので、また詳しく判った時点で改めて告知させて頂きます。
楽器博物館の計算されたすばらしい天然音響の中なら、オカリナ単独の音もとってもダイナミックに広がってくれることと思います。

ではでは、変な詩の後で近況報告でした。お休みなさい。
ラベル:音心 練習
posted by えんじろう at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

07/17 田園LIVE 報告

皆様おはようございます。いよいよ蝉の声が高らかと響き渡るようになりましたね。蝉たちもまた、ポチ同様やるべきことを一心にやっているのですね。…ではただいまより昨日参加させて頂きました田園LIVEの報告記事を書かせて頂きます。
今回もエントリーしたのが結構間際でした。前回のいろいろやってみる作戦が不発に終わったことを反省し、今回はシンプルで安心感のある演奏を目指しました…。

会場は三方原公民館、我が母校の割と近くでした。重たい荷物を持ってまずは浜松駅までバスで行く予定でしたが、何となくそのままバス停を通り過ぎ意識不鮮明なまま駅までたどり着いてしまいました(おい!)そこからは当然バスで、そのまんま三方原公民館というバス停まで乗車しました。途中のバス停名が大変懐かしいものばかりで、なんだか学生時代を思い出しました。脳内はほぼその頃のままですが…。
会場到着は12時前。飲食禁止の建物の外に出て作ってきたおにぎりとお茶で一汗、あぁいい汗かいたといって帰っちゃ意味がありませんよ(笑)

さて今回はじゃんけんで大負けしてトップになりました。でも時間制限のある人を優先ということで2番手に変更。まずは用意しておいたオカリナアカペラ演奏曲を3曲やりました。アレンジも一昨日くらいに確定し、やはり今回も練習不足が目立つ結果となってしまいました。1曲だけは数週前にアレンジができていた曲なので、きっちりやることができたのですが、間際の仕込みでは自分はやりくりできないと言うことを改めて痛感でした。
今回は参加人数が少なかった関係で、なんと3週目まで進みました。何となくそうなりそうな予感がしていたので、僕は伴奏音源を用意していました。基本がアカペラでないので、アカペラレパートリーがほとんどないのです。乾電池駆動のアンプとMTRで電源なしのクリーンな演奏(なのか?)でも追加用の曲はその場で選曲したので、やはり久々な曲はミスしていました。
そして今回は大手保人さんが歌われた曲にとてもひかれ、思い切ってコラボさせて頂きました。打ち合わせなしのいきなりなので、僕が足を引っ張ってばかり…。後々のすばらしいギター演奏を聴いて、なんかとんでもない方に図々しいお願いしてしまったと反省な気分でした。さらにKei-sanさんとも共演させて頂きました。Kei-sanさんの僕が大好きなレパートリーでお手伝い(になれたか判りませんが)することができて、とても幸せでした。

ただいまぁのオカリナ&機材

はい、今回のただいまはご活躍のオカリナさんとポータブルアンプとMTRでございます。やはりアンプは重い。でもこうやって音響機器を電池駆動で持ち運べる時代になったのは、すごいって思います。
ご参加の皆様、聴いて下さった方、そして帰りに送って頂いたWaganseのお二人、皆様本当にお世話になりました。

録音聴いて、しっかり反省し修正してゆきます。
posted by えんじろう at 07:48| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

草笛を初めて聴きました

皆様こんにちは。昨日は海の日、僕は喫茶店に行っていました(海関係ないじゃん)この日はTriangleさんで加茂 光広さんという草笛奏者の方の演奏がありました。
草笛に関する様々なお話を交えながら、そのさなかに演奏をするというスタイルです。生まれて初めて聴いた草笛の音は、キーボードなどでプリセットされている音とはまるで違い、とても柔らかく中身の詰まった濃い音でした。音量も結構出ることに驚きました。

途中でお客さんに草笛用の草が配られて、みんなでならしてみる時間がありました。が…
ならん!ぜーんぜんならん。店内は一時スースーという息の音に支配されていました。2パターン目の音の出し方の時、周囲から結構音が聞こえてきました。でも僕は相変わらずぜーんぜんならん!オカリナと草笛では音の鳴り方(仕組み)が違いますし、加茂さんのやることが見えないので自分なりに工夫してもやっぱりだめでした。みんな鳴ってるのに、なんか悔しい(素直に)

そして終盤になってから、加茂さんが持ち方を手で教えて下さり、加茂さんが持っている状態で僕が吹くというのをやって下さいました。するとどうでしょう、鳴ります鳴ります
ここで原因が持つ方にあることを理解。さらに葉っぱと唇でどういう風に振動が生まれるのか?使用した空気がどう流れるのかも実際に音が出る感触を知ったことで理解できました。
でも音階はまるでできません。そしていったん葉っぱを口から離すとまた鳴るところを探すことからやり直し…。オカリナはふきゃ鳴るけど、草笛は鳴るまでが大変。でも得るものがたくさんあり、オカリナの音作りに還元できる材料もたくさんあったような気がします。思い切って行って良かったと思いました。
あっそれでも2パターン目の吸ってならす方法は今でも鳴りません。

草笛の加茂さん 草笛の草

歌声タイムでも演奏されている加茂さんの姿と、大事に持って帰ってきた配られた葉っぱたちの写真です。
音階ができません。いつか正露丸のラッパとかでいいから、できたらいいなぁ。

歌声タイムでは僕もオカリナで参加となり、オカリナ独奏曲も演奏してきました。聴いて下さった皆さん、ポケット拍子して下さった皆様もどうもありがとうございます。
posted by えんじろう at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

おいしいのはラーメン

暑い日が続いております。台風が近くなってきているせいか、風がかなり強いです。皆様どうぞ気をつけて下さいね。
というわけで、今回はラーメンの話題です。

先日買い物に行ったとき、おもしろいものを発見しました。ざる麺と書かれているパッケージに、生麺らしきものが入っている。お店の人に見てもらうと、賞味期限もやたら短くはなかったので、これならと思って購入してみました。
冷凍保存で麺は3分くらいほぐしながらゆでれば完成。つゆは水道ですぐ溶けます。ざるなので麺を水で冷やすよう書かれていましたが、においから直感でそのまま食べた方がよいと判断。

幸せのラーメン ラーメンパッケージ

お椀につゆ入れて、麺をそうめんのように頂く。これはうまい。何せ麺がちゃんと本当のラーメンの味です。つゆもちゃんと本物のラーメンのつゆの味です。最初はぬるいくらいですが、つける麺の熱で少しずつ暖かくなってゆく。それもなんだかおなかに優しくて僕には都合がよいのです。

いやぁこれはいいもの見つけた。ラーメン好きな僕としてはたまらんものです。これからもお世話になり続けるものとなりそうです。でもお値段が冷凍チャーハンに近い位なので、しょっちゅうは買えないですね。そりゃお店のラーメンに比べると遙かにやすいのですが…。とにかく新たな楽しみが見つかって、うれしいです。
ラベル:ラーメン ざる麺
posted by えんじろう at 06:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

蝉と人間

ある風の強い朝のことです。若者(?)が玄関ドアと窓を開けて換気をしていると、ドアのすぐ外から蝉の羽音がしたのです。気になったら放っておけなくなった若者は、玄関を出て音源を探したそうです…。
そこにはひっくり返ってあきらめたようにしている一匹の蝉がおったそうな。

若者は当たり前のように手を出すと、蝉は無抵抗に手に乗りました。玄関内に入れても蝉は全く暴れもせずに、静かに手にとどまっていたそうです。
ベランダの窓を開け手をかざしても、蝉は飛ぼうとしませんでした。エアコンの室外機に乗せてみようとしたら、滑るからいやなのか若者の手を上ってきてしまいます。すのこに移そうとしばらく苦戦していると、蝉は突然飛び立ったのです。
ベランダのフェンスに当たった音がしましたが、そこからは何の音沙汰もなくなりました。

若者はきっとうまく飛んでいったのだろうと思い、お互いがんばろうやと言いました。若者の心は表向きは晴れやかでしたが、なにやらいろんな気持ちが混ざってきました。
もうちょっと蝉といたかったような…。そしてあの蝉にとってこの行動は良いものだったのか?結局若者は、その答えにたどり着くことはありませんでした。
反転モードへ
posted by えんじろう at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

Car-Den LIVEについて

皆様こんにちは。いよいよ今度の日曜に差し迫ってきたCar-Denさんでの音心丸3年(4年目突入)LIVEですが、演奏時間が45分間の休憩なしと言うことになりました。

今回も多くの新曲を携えて演奏させて頂く予定です。また久々のオリジナル新曲も披露させて頂きます。
演奏自体は15時前に終了ですが、その分団らんの時間がたくさんもてればうれしいなぁと思っております。

是非皆様午後の一時、遊びにいらして下さい。
ラベル:音心 live Car-Den
posted by えんじろう at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

疑わしき歯 抜せよ

あっ思わず記事背景を黄色に設定してしまうところだった。実は僕、今度抜歯をすることになってしまいました。怖そう痛そう超不安(死語を使いたくなるほどに)

昨年9月から通い続けている歯医者さんで、ずっと歯周病の治療を行って参りました。自分の歯と真剣に向かい合うことを教えて下さり、そういう気になるような治療の進め方をするところにも大変感謝しています。ブログでも何度か歯磨きの話題でアップしたのですが、そんな長きにわたる歯周病との戦いがつい先日終了となったのです。
歯磨き指導で無駄のない歯磨きを会得し、ブロックごとに分けた徹底した歯石除去も完了。生まれて初めての麻酔注射もだいぶあきらめがつくようになりました。

歯石がなくなると、その下から虫歯が顔を出す。そういうパターンが数カ所見つかりました。その中で歯磨きの段階でも痛みを感じる歯があり、それは結構進行している虫歯だったのです。
僕は元々歯並びが悪く、磨いてもどうしても届かないところがありました。歯が前後に並びその隙間にブラシが入れないのです。入ったとしてもかき出す動きができるスペースがない。そこに虫歯が入り込んでいたようなのです。
並んでいるうち後ろの歯は、噛み合わせにも参加していない使われていないもの。その中で進行して神経に達する可能性の虫歯があるため、除去した方がよいと言うことでした。
他にも歯ブラシが届きにくく虫歯を誘発する可能性がある親知らずを抜くか聴かれましたが、そちらは拒否しました。疑わしき歯抜せよというのは、さすがにやり過ぎに感じますから。

抜歯の日はもう間近。怖そう痛そう超不安(またか)初めての麻酔の時同様に、身を任せるしかないですよね。上顎神経からの情報を脳内の感覚野の手前でカットするのだ。何か違う情報を大量に流して、最優先の痛み情報よりも強く伝達路をいっぱいにするのだ。そっそうだ、音楽の情報なんかよさそう。うっうん、オカリナの情報を大量に送り込んで、伝達系を渋滞させよう。おっおうそれがいい。うっうん、きっとなんとかなるよ…。
じゃっじゃあ失礼します(何を言ってるんだわしは…)

というわけで、LIVE報告などは抜歯が終わってほっとしてからになるかと思います。よろしくお願いしまぁす。
posted by えんじろう at 06:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

07/24 Car-Den 報告

皆様こんばんは。歯抜けえんじろうがお届けする、音心丸3年 夏のCar-Den LIVEレポートでございます。

2008年夏に初めて音心として演奏させて頂いた場所こそが、この愛知のギャラリー喫茶Car-Den cafeさんでした。独特の空間ととてもよく響く音響の中でのオカリナLIVEは、それはもう感動(吹く方が)でした。以来年数回のLIVEを定期的にさせて頂いておりましたが、今回はちょっと間が開いておりました。それ故Car-Denさんでは初披露という曲が多く、とても楽しみにしていたLIVEでした。

当日は朝からリハーサルを繰り返し、ぎりぎりまで調整をしていました。Car-Denさんにたどり着いたのは13時ちょっと。久々に見たト音記号の椅子に、やや緊張です…。
演奏時間が迫ってくると、だんだんとお客さんが集まってきて下さいました。紛れもなく音心を聴くために来て下さった方がいる。3年前にはあり得なかった現象に、積み重ねの重さを感じました。すごくうれしい…。人が来れば緊張するからと言っていたあの頃とは、明らかに違う喜びの感情が芽生えています。

演奏風景 演奏風景2

今回の演奏時間は45分でしたので、気合い入れて中身の濃い8曲を連続で演奏しました。更に最後にアンコールも頂き(音心=アンコールしないと…にしてしまっている気がする)合計9曲でした。
大活躍のオカリナケースから次の曲で使うオカリナをテーブルの上に並べる…。次の曲のメンバーですなどとつい言ってしまい、なんだかとっても楽しいです。今までになくリラックスできているような気もしました。お客様の暖かい雰囲気のおかげですね。

司会風景 司会風景2

そんなこんなで司会も順調。まだ歯を抜く前の口を使って割と気ままにおしゃべりすることができたって思います。あれでも自分にとってはかなり気ままにしゃべれている方です。そうそう、終わった後でおしゃべりも安心して聞けるようになったと言って頂けました。

演奏後のゆったりタイムがいつもより長かったので、聴いて下さった方やギャラリーで展示なさっていた方ともたくさんお話しできました。この時間がやっぱりとても幸せです。そして大好きなCar-Denのリンゴジュースを頂き幸せでした。
ところで今回音心は初めて、アンケートを実施させて頂きました。思った以上にたくさんのご回答を頂けて、とても感謝しております。皆様がとても丁寧に記入して下さっており、本当に温かい気持ちで聴いて頂いていることに、感謝するばかりでした。様々な具体的なご意見もあったりして、今後に備えて身が引き締まる思いでございます。本当にありがとうございました。

たっだいまぁのオカリナ 頂いたお花

ではいつも通りのたっだいまぁのオカリナと、今回頂き物のお花の写真でございます。遠くからお越し下さって写真撮影までして下さったカナさん、ありがとうございましたぁ。

この日もとっても幸せな日となりました。音心はこれで4年目に突入することになります。演奏の度にフィードバックをしっかり行い、今に満足することなくこれからも突き進んでゆこうと思います。2人というメンバーでどこまでの音楽ができるか、そしてスローガンもしっかり遵守(そんなのあったんかい?)して発展してゆこうと思います。
最後に音心のスローガンを掲げて、丸3年LIVEのレポート記事を終了とさせて頂きます。Car-Denの皆様、音心を聴きに来て下さった皆様、本当にありがとうございました

1.まず自分たちが楽しむことで、聴く方に楽しさを伝えられるユニットであること。
2.オカリナが主旋律でピアノが伴奏という囲いを出て、互いが主役であること。
3.ジャンルに捕らわれぬ自由な選曲で、音楽を楽しむこと。


これからも真剣に楽しいユニットでいられますように…。
posted by えんじろう at 19:21| Comment(4) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

初めての抜歯レポート

さて皆様こんにちは。先日から一挙に不安のどん底に行っていた原因が、生まれて初めての抜歯に対する不安でした。
抜歯の執行そのものに対する不安。抜歯後の歯全体の動向に対する不安。そして何よりも空気の通り道の変化によって、オカリナの音がどうなってしまうのか判らないという不安です。

ここからは長くなりますので、格納状態にしておきます。抜歯の疑似体験をしてみたい方は、結構長いですがこのままお進み下さい(笑)
抜歯レポート本編
ラベル:歯医者 抜歯
posted by えんじろう at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする