2010年09月01日

神戸オカフェスのお話

先週の土曜日、えんじろうは神戸の地にいました。以前ご紹介したように、ここで行われた2010 オカリナフェスティバル in 神戸を見学に行ってきたのです。今回はその様子などを書いて行こうと思います。

家を出たのは5:25頃…。今回の計画では、行きは鈍行帰りは新幹線というものでした。なので浜松を出る電車は6:03発。始発バスが6:20なので、当然乗ることができないのです。歩いているとだんだん時間が迫ってきて、途中から早歩きになりました。本当にぎりぎりで電車に乗ることができ、とてもほっとしました。
そこからはひたすら座っていました。快速を2つ乗り継いで行くコースで、前半の2時間40分位の快速は、ずっと座ることができました。ただ後半の1時間40分は経ちっぱなしでした。僕としては、両方座れるよりは返って体には良かったように感じました。
神戸駅から歩いて、例のEZ-Naviと共に神戸文化ホールを目指しました。途中で間違えたり何か神社か何かの集団に突っ込みそうになったりしながら、何とかホール近くまでたどり着いたときには既に開演時間。入口が判らず近くの人に尋ねてみると、その人もホールに入る人で、一緒について行くことにしました。浜松から来たことを話すと、その人は青春時代を浜松で過ごしたと言ってました。こういう偶然があるから、音楽って楽しい(音楽なのか?)

施設の人のお世話になり、ようやく着席できたときには3番目のグループでした。
とにかく皆さんレベルが高い。色んな人がいました。楽しさを伝える人、技術を見せる人、とにかく美しい音を出す人、ビブラートで遊ぶ人、ド早い運指をする人…。それぞれ特徴ある演奏をたっぷり堪能させていただけました。オカリナアカペラグループも結構多く、難しそうだなぁと感じました。そしてソロでアカペラという方も結構いました。勇気も必要ですが、それで聴かせられるくらいとなると相当な繊細さが必要だと感じました。
でも何よりも、皆さんオカリナが本当に大好きという雰囲気がばりばりに出ていました。すごくいい、すごく幸せな時間を送ることができました。

この日のゲストは佐藤一美さんというオカリナ奏者でした。複数管は吹けないとおっしゃりながら、単管オカリナでとんでもない演奏力を披露しておられてもう開いた口がふさがらんという心境でした。いったいどんな指をしているのかと思ってしまうほど、すさまじい早さの演奏でした。でも静かな曲を演奏されるときは本当に感情たっぷりの入り込むような演奏をされて、これまたアカペラ演奏では涙が出てきました。

幸せだった時間(11:00~18:00)はあっという間に過ぎてしまい、帰る時間。オカフェス自体は日曜もやっていたのですが、あいにく僕は浜松で用事があるので土曜だけで帰ることになっていたのです。
そうそうこの日は林楽器さんとプリマ楽器さんのブースが並んでいました。例のTiamo Faenzaや大沢オカリナといった超高級オカリナが所狭しと並んでいて、触ってぶつかってしまったらどうするんだろうと恐いほどでした。
帰りは地下鉄らしい電車で新神戸まで行き、後はひかりで浜松までひとっ飛び。新幹線の真価は、こうした長距離で発揮されることを目の当たりにしてきました。

21:30には家に戻ってきたと思います。もう何だかこの日は興奮状態が冷めず、何がどうなったかよくわかりません。とにかく心臓が飛び出しそうなほどドキドキすることもありました。
神戸に行ってきて良かった。そして来年は出るぞと誓いました。ホールの人からエントリーの仕方も教えてもらいました。心から幸せぇ…そう思えた土曜日でした。
posted by えんじろう at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

音心 田園LIVE9月号

もう9月に入っているのに、全然涼しくなりませんねぇ。今年は暑い期間がまだ続くとラジオで言ってました。とほほでございます。
さて、今月の田園LIVEに音心でエントリーさせて頂きました。

日付:2010年9月19日(日)
時間:13:00~15:30 くらいかな
定員:無し
料金:無し
場所:浜松市北区細江町気賀4585
HP:田園空間博物館総合案内所

例のごとく本来フォーク中心の集団LIVEに混ぜて頂いているわけでございますが、色んな音楽ができて知っている方も増えて行く楽しいひとときです。今回のテーマは何と誕生(生まれる)なかなか難しいお題ですが、半分こじつけモードで選曲しました(おいっ)

こちらで演奏される方は、そのほとんどが浜名湖フォークジャンボリーというイベントで演奏しておられる方です。さすがにフォークの祭典だけに、インストゥルメンタルの音心は出られないわけですが、僕らにとってのやらフェスのようなものかなぁ…なんて思っています。
皆さん暑さに負けずがんばりましょう(人に言える立場でないえんじろうより…)
posted by えんじろう at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Information | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

FOMALHAUTさんと共演

さて虫の音が大迫力のオーケストラになる芸術の秋、とっても幸せなLIVEをさせて頂ける機会に巡り会いました。…ななな何と静岡県富士市を拠点に活動しておられるプロのオカリナ奏者古庄 由喜子さんとプロピアニスト下山 英二さんのユニットFOMALHAUTさんのLIVEに、共演させて頂けることになりました。場所は昨年末僕がLIVEさせて頂いたうたごえ喫茶 Cafe Triangleさんでございます。

日付:2010年10月2日(土)
時間:18:00~20:00 くらい
定員:20名様まで 電話予約制
料金:2000円 軽食ワンドリンク付き
場所:浜松市南区瓜内町312-22
ご予約:090-6596-3313
HP:うたごえ喫茶 Cafe Triangle

きっと夢心地のひとときを過ごすことができると思います(そりゃ自分の気持ちじゃないのか?)僕は精一杯お手伝いができればとか言いつつ、なるべく楽しんでやれるようにしたいとも思っています。どうぞ皆さん東京などでもご活躍されている、FOMALHAUTさんの素晴らしい演奏をお楽しみ下さい。
posted by えんじろう at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Information | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

すこーし変えました

皆様さわやかな日曜の朝、おはようございます。なんて今日もかなりの猛暑日になるという予報ですので、皆さん気をつけましょうね。さて実は最近、このブログを色々と整頓しました。基本的にはこちらでの変更の際に手間が省けるようにと言うのが目的なのですが…。

まず上のブログ説明文をブログ村のプロフィール共に変更しました。バイノーラル音景色を辞めてしまったので、ここで公開する音が音楽のみになったことになります。だからその辺をちょっと表現を変えました。ついでにオカリナ吹きとしてのアピールを強めてみたりなんかしちゃったり…。
そして右側のLIVE情報をLIVE Scheduleとして、各詳細記事へのリンクという形にしました。近々確定しているLIVEを日付と共にここに並べて行き、それをクリックすると詳細記事にリンクするという感じです。よろしくお願いしまぁす(何を…?)
そして右下のリンク集をちょっと変えました。見た目は余り変わっていないのですが、これまでは自分でHTMLタグを書いて作っていたのです。それをブログサイト側のものを使って作り直しました。要は自分がリンク集を追加しやすくなったのです。

なんだ結局自分が楽できるように改造しただけじゃないか…。と言うわけで、お騒がせ日記でした。これからもがんばるぞぉ。
posted by えんじろう at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

音心 楽器博物館で演奏

世界の楽器が勢揃いと言えば、楽器の町浜松の楽器博物館でございます。駅から歩いて行ける所にあり、たくさんの楽器が展示され音色(楽器の録音)も聴くことができます。そこにはオカリナの原型と言われるものも展示されております。
そんな素敵な楽器博物館で、ついに音心の演奏の機会を得ることができました。やったぁ!

日付:2010年10月3日(日)
時間:14:00~17:00
定員:無し
料金:博物館入館料 Link
場所:静岡県浜松市中区中央3-9-1
HP:楽器博物館展示室 天空ホール

全部で8団体(個人)のアマチュアが出演する、ジャンル固定無しの自由なコンサートです。これは楽器博物館の15周年記念企画の一つで「電子楽器の未来を探る~電子チェンバロの可能性~」と言う副題がつけられています。
さてこの楽器博物館ですが、僕にとっては憧れの場所でした。楽器がたくさんあるからと言うのもそうですが、以前ここで僕が尊敬するオカリナ奏者の古庄 由喜子さんがオカリナを演奏されているからです。今回の主役は電子チェンバロの可能性を探ると言うことでチェンバロの方なのですが、ここでオカリナが吹けることはとてもうれしいです。持ち時間いっぱい使って、丁寧に楽しく演奏できればと思っております。楽器博物館の入館料がかかりますが、良かったらお近くの方は是非とも遊びにいらして頂ければと思います。

また一つ、音楽の輪が広げられればいいなぁと思っております。
posted by えんじろう at 06:52| Comment(4) | TrackBack(0) | LIVE Information | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

自動お掃除ロボット

皆さんこんにちは。まだまだ暑くて、掃除をすると体中から汗が出てしまいますね。この暑さは、いつまで続くのでしょうか?

ところで先日ネット徘徊をしていたら、とってもおもしろいものを発見しました。iRobot Romba 自動掃除機 ルンバっちゅう名前の掃除機。なんかおもしろそうだなぁと思ったので、レビューなどを見ていました。
何とアメリカ製軍事用地雷撤去ロボットの技術を転用して作られたものなのだそうですよ。部屋中を探索しながら掃除するという感じで、壁で向きが変わるのはもちろん段差を避けたりちょっとしたカーペットの段差なら乗り越えたりと判断しながら進みます。内部には人工知能が入っているんだそうです。
充電式で機種によっては、バッテリーがなくなってくると自主的に充電装置のところに帰って充電するところまでやるんだそうですよ。しゅ、しゅごい。なんだか使っているうちにかわいらしく思えるようになるかも知れないですよね。知らないうちにどこからともなくたまっている埃…。独り者にはとっても重宝する掃除機かもって思いました。自分がやるよりうまいというレビューもありましたよ(笑)

ところで人工知能と言えばドラクエ4ですよね。クリフト君がいきなりラスボスにザキを使うゲームでした。しかしこれで負けると、カセットに入っている人工知能AIがラスボスにザキは無駄と言うことを覚えて、その後は使わなくなるとか…。掃除機も学習して、同じところを繰り返し掃除しているうちにお掃除効率が上がったりするのでしょうかねぇ。いやぁ何だかワクワクしますね(買ってないのに)

あーっ話がそれすぎた。この自動お掃除ロボットは、いくつかシリーズに分かれているようです。持ってる方がいらっしゃいましたら、是非どんなもんか使い勝手など教えて下さぁい。
posted by えんじろう at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

音心 やらフェス出まぁす

さて今年も、音楽の浜松祭の時期がやって参りました。今回で第4回となるやらまいか ミュージックフェスティバル in 浜松でございます。何と今年は2日間に渡って開催。音心は2回目の出演をさせて頂けることになりました。浜松の街中がジャンルの壁すら打ち破り、音楽の楽園になるこのイベント。とってもとってもワクワクします。この日にお会いする人は、なぜかみんな友達になれてしまいそうな素敵なイベントです。
やらフェス(略称)自体は10月9日と10日にかけて行われます。以下は音心の演奏場所と時間でございます。

日付:2010年10月10日(日)
時間:15:00~15:30
定員:無し
料金:無し
場所:浜松市中区鍛冶町321-6 ヤマハ8階
HP:かじまちヤマハホール

音心は日曜日、何と昨年に続きまたあのヤマハホールでの演奏ができることになりました。あそこにあるピアノはとんでもない金額の高級ピアノ…。もちろん僕は恐いからさわんない(いや弾けないでしょうが)音響もピアノが美しく響くように作られていて、アコースティックなライブにはとってもありがたい場所かと思います。
ただ難点は場所…。外から見えないから何かやってるぞとのぞきに来ることができませんし、8階だから知ってないと来て頂けない。と言うわけで、是非とも皆さんこの記事を見ていたら遊びにいらして下さい。

ところで先日、このやらフェスのミーティングに行って参りました。ヤマハステージの顔合わせでは昨年知り合った方々もたくさんいらして、ものすごく心強いものを感じました。更に以前たまたまライブしている所を拝見させてもらった方がいらっしゃったりもして、浜松に来てよかったぁとしみじみ思ってしまいました。
やらフェス、素敵な2日間になると思います。是非皆様もあちこち見て楽しんで下さい。そしてヤマハにも是非来て下さいねぇ。

更にボランティアとして運営して下さっているやらフェススタッフの皆様方、本当にお疲れ様でございます。


こんなの見つけましたよ。
このオレンジな方々がいらっしゃらなければ、やらフェスは存在すらしないのです。本当に感謝感謝です。
posted by えんじろう at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Information | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

波長

激しいクマゼミの声も聞こえなくなり、は確実に近づいているのを感じる今日この頃です。と言ってもまだまだ毎日暑いですが…。

僕は先日実家に帰ったのですが、その乗換駅でミンミンゼミが頑張って独奏しているのを聞きました。
ミーンミンミンミンミンミンミーィ!

なく度にこのミンの数が違うんですよね。これには何か法則とかあるのだろうか…。電車がなかなか来ないので、そんなことを考えながら聞き続けていたのですね。
ないっ!結論はそうなりました。きっとこれはこのセミの持つf/1揺らぎなのだろう…(大分前の記事でこんな話題ありましたね)何て思いました。

どれっその揺らぎと僕の持つf/1揺らぎはどう違うかな?そんなことを思い、セミと一緒に(勿論心の中で)ミンミンやってみました。1/3くらいの確率で合いませんが、割りと合いました。同じタイミングでミーィ!のフィナーレを迎えられると、妙に嬉しさを感じます。オカリナと息があったときのような…。
続いてツクツクホウシも…まるでダメ。こちらはほとんどタイミングが合いませんでした。

…そうか、僕はミンミンゼミに近いタイプの揺らぎをもっているんだな?
それにしても、ツクツクホウシはバリエーションとテクニックが豊富ですね。

そんなことを思いつつ、実家に向かっていたある日の日記でした。って原文でき上がっちゃったのに、まだ電車来ないぃ
posted by えんじろう at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

時間が…

あぁ時間が欲しい…。

もっともっとたくさん練習したい。
もっともっといい音でオカリナを奏でたい。
もっともっと息が長く続くようになりたい。
もっともっと疲れない体になりたい。


少しずつだけど、進んでいる。
つまずいたり、滑ったりしてるけど…。
確実に、ちょっとずつ進んでいる。
だからこそ!


もっともっとたくさん練習したい。
部屋の温度が数度上がっても、
部屋の湿度が数十パーセント上がっても、
腕を上げたいんだ。


欲張りなんです。
弁解
posted by えんじろう at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

練習日

時間はどんどんと過ぎて行きます。悲鳴をあげても待ってはくれない。だから無駄にしてはもったいない。今はそんな心境です。オカリナが僕に急かしてくるんです。

日曜日は音心の練習日でした。いつも通り電車を乗り継ぎ、ピアノの亮子さんのいるお隣の県を目指す。この移動も最近では、あまり遠い所に行くというイメージではなくなってきました。

午前中を使い、これからのLIVEの曲順や構成などを相談し、課題山積であることを再確認しました。
音出しもさせて頂き、充実した時間を送りました。

そして午後は名古屋のヤマハに行ってきました。悔しいことに浜松のヤマハよりオカリナ熱が強いのです。試奏が前提だったので予め電話すると、背景からオカリナの音…。聞いてみるとこれから演奏があるのでリハをしているのだとの事。なぬ~っ!
というわけで、ヤマハに着いてからまず演奏を聴き、それから試奏させてもらう事にしました。誰が吹くのかも知らずに…。

ステージの案内を見ると、なんと以前浜松のヤマハで2度演奏を聴かせて頂いたオカリナデモンストレーター深瀬 欽吾さんという方ではありませんか。この日もたくさんのオカリナを使い、フォークからポップスにジャニーズ系など様々なジャンルの曲を演奏されておりました。しかも今回はトリプル管も使用され、音楽もオカリナも新しいものを常に受け入れておられるこのお方にものすごく尊敬を覚えました。勿論従来のオカリナも非常に大切に考えており、まさに温故知新の精神。初めて演奏を聴かせて頂いた日から、そのお人柄と共に憧れの人です。

そしてその後は試奏祭り(笑)かなり久々ですが、新たな一本を購入してしまいました。
今日は愛知に来てよかった。ヤマハに行って良かった。全てがそうなるように仕組まれているかのような、ものすごく充実した一日でした。
posted by えんじろう at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

小指が弱い

今更ながら、気づいたことがあります。皆さんは手の小指が自由に動かせますか?僕はどうもぎこちなくなってしまうのです。

今日オカリナを吹いていて、どうもうまくいってない音がある。音は出るけど音程が合っていない。オカリナにも疑いの目を向けたりしたのですが、時々ちゃんと合った音が出ることもある。と言うことは原因は演奏者側にあると言うこと。ったく、誰が演奏してるんだ(…あっわしだった)と言うわけで、あれこれ試行錯誤しながらたどり着いたのが右手小指だったのです。
僕の小指は中間のとこら辺が外側(中指と反対側)に開いているんです。だからしっかり指をそろえようとしても、薬指と小指の間にちょっと隙間ができます。更に指の曲げ伸ばしをするとき、中指と薬指が仲良く一緒に動いてしまう以上に薬指と小指の分離した運動ができません。なので小指が安定して穴を抑えられていないのだろうと思うのです。特に薬指を離して小指は押さえるというような状況で、不安定になりやすい。

体育会系のようにひたすら指を曲げ伸ばししたり、指立てをしてみたりしてもだめ。指の力と言っても指先で穴を押さえてはいけないのです。小指ので穴を押さえられるようにするしかない。
そのためには結局、吹くしかない。小指の単独運動を必要とする曲で練習しまくるしかない。そういう結論に達しました。

と言うわけで、がんばるぞぃ。
posted by えんじろう at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

オカリナのお手入れ

今日は、オカリナの話題です。確か前回もオカリナの話題…いやいやその前から既にオカリナの話題じゃなかったか?(…いいの!)

先日オカリナの吹き口を掃除するための棒を作りました。音心のパンフレットに使用した片面が和紙風の紙が余っていたので、それを利用させて頂きました。この紙を切って小さくして、それを縦に折って棒状にしました。

オカリナお掃除道具 いっぷくのオカリナ

オカリナを吹いた後は、吹き口にこれを差し込んでしばらく待ってから抜きます。前は割と中でがさごそ動かしてみたりしたのですが、最近は優しくただ入れて水分を吸い取ってもらうようにしました。紙の先がオカリナの音の出口部分に絶対行かないように気をつけます。そこが傷つくとアウトなのだそうです。
右の写真がオカリナに紙が刺さっているところ。何だかたばこでも吸って一服しているみたいですね。

大切なオカリナと少しでも長く一緒にいるために、メンテナンスも出来る限り気を遣わないとと思ってます。お陰様でLIVEの際に人前で演奏してきたオカリナ達は、どれも現役で働ける状態です。同じ陶器のお茶碗とどっちが長持ちするでしょうか?
これからも頼むねと言いながらオカリナを掃除すると、何となく仕方ないなぁと言ってくれているような気がする妄想えんじろうでした。
posted by えんじろう at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

歯磨き指導

今日の記事は歯について。お食事中の方などは、食事の後で読んで下さいね。

これは虫歯と言うよりも歯周病から来る違和感だと思いますよ。
…そう言われたのはつい先日。どうも強くかんだときに歯に痛みのような感覚が起こるので、今のうちにと思って歯医者さんを受診しました。虫歯であの削るのをやるんだろうなぁと緊張しながらの通院の結果が歯周病でした。

歯周病は聞く言葉だけど余り詳しくは知りませんでしたし、まさか自分に起こっているなんて気づきもしませんでした。歯磨きで血が出るのも、この歯周病の典型的な例と言うこと。きっと今までも毎回出ていたのだろうと思うのですが、余りよく見ていませんでした。
僕は歯茎の腫れがかなりひどいけど、歯や骨にはそんなに影響は出ていないという段階だそうです。今からならしっかり歯磨きをすることで完治まで持って行くことができるといってもらえました。

歯磨きはもちろんしていたのですが、磨き方がだめだったようです。先日の説明では歯と歯茎の間を横にこするのがよいのだそうで、歯磨き指導をしてもらってきました。次回受診時も歯磨きチェックが主な内容になるのだそうです。この年になって歯磨き指導なんて、何だか恥ずかしかった。
指導はを使うことを進めるようですが、僕はその鏡じゃよく判らんので、自分の歯茎の感覚をつかむしかない。爪を切るときも爪切りの当たる爪側の感覚で切っています。それと同じ要領を会得するしかないと感じています。それにしても、歯医者さんで歯周ポケットを計る検査がわりと痛かった。普通こんなの痛くないのだそうで、自分への警告なんだと言うことを思い知らされた。

とにかく歯磨き(歯茎磨き)を時間かけて丁寧に行い、長い目で確実に治せるようがんばりまぁす。恥ずかしい話ですが、ブログで書くことで自分をちゃんと追い込めると思って書きました(笑)
posted by えんじろう at 07:09| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

さぁ行くぞ

おはようございます。今日は田園LIVE参加の日です。朝目覚めたらまだ真っ暗。遠足の日のように早くに目覚めてしまう。日曜日の日の出は、なぜかとても心地よく感じます。

午前中は亮子さんとリハーサルをして、それから会場に向かいます。今日は練習の段階から色々楽しみな気持ちです。
音心として、これからやることはたくさんあります。それらを少しでも最高に近い状態でやって行けるように、がんばりたいと思います。

の虫の声がたくさん聞こえるようになってきました。日中はまだまだ暑いですが、朝晩はましになってきました。朝外の空気を吸ったときのっぽい雰囲気(香りでしょうか?)が好きです。そんなことを思いつつ、鼻炎っぽい鼻水すすっているえんじろうでした。

今日も良い一日になりますように…。
ラベル:田園LIVE 音心
posted by えんじろう at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

9月の田園LIVE終了

先日9月19日に、気賀の田園空間博物館で田園LIVE9月号が行われました。まだまだ暑い日が続く中、大勢の方々が集まってかわりばんこの演奏会。音楽やっている方々は、誰もが生き生きと幸せそうに見えます。

さてそんな田園LIVEで、音心は今回8番目での演奏でした。くじ引きで決めていったのですが、珍しく後半の方でした。ではそんな音心の演奏曲目です。
シャボン玉 / 中山 晋平
また君に恋してる / ビリー・バンバン
The Water Is Wide / アイルランド民謡

今回のお題は誕生・生まれると言うことで、選曲にはシャボン玉の歌詞を引っ張ってきました。
今にして思えば、この曲順にして正解だったと感じています。どうもこの日はむちゃくちゃ緊張していました。聴き手がものすごく近い位置だったというのもあるのかな。オカリナ持つ手が震えて仕方ありませんでした。今までは震えたとしても、演奏開始直後に解消しているのです。しかしこの日は演奏中も全然安定した心持ちになれず、虚勢で乗り切ったという感じでした。最後のWater Is Wideの後半だけは、それでも安心して吹くことができたので救いです。心臓ばくばくでした。
ところで今回のまた君に恋してるは、つい最近覚えた曲でした。本当に綺麗なメロディーで、すぐに惚れ込みました。坂本冬美さんのカバーもビリー・バンバンさんの原曲もどっちも好きです。僕が引かれるのは、やっぱりメロディーなのだろうなって実感しました。そして今回は前日の急遽思いつきで最後をハモり付きにすることにしました。つい先日購入したばかりのオカリナを使い、ちょっと強引な運指でハモりました。でも練習不足と楽器そのものとまだ仲が深められていないのとで、一番聴かせたい最後のハモりがずれていた…。そしてその場ではずれに気づけなかったことが、悔しいのなんのってもう。録音聴いてキーッとなっている申年えんじろうです。

この日は田園で初めて聴いて惚れ込んでしまったアコーディオン奏者けまさんの演奏が聴けて、とっても幸せでした。サトウキビ畑の歌で寒気を感じたり、美しいアルペジオに聞き惚れたり、ゆとりの歌声に憧れたり…。今回も中身の濃い時間を過ごさせて頂きました。今度参加させてもらうライブでご一緒する方から声をかけてもらえたりもしました。この先も盛りだくさんで行きたいです。

ただいまぁのオカリナ

はい、恒例のただいまぁのオカリナです。でもこの中で演奏に使っていないものがありました。左にある黒いオカリナ、これは朝亮子さんと練習したときに使っただけでした(笑)どうもすいやせん。

と言うわけで、この日は演奏後もとても素敵な時間を過ごすことができました。ジブリの世界のお家に遊びに行ってきました(笑)幸せいっぱいなひととき、音楽にとても感謝した一日でした。
posted by えんじろう at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする