2010年06月01日

模様替え

既にお気付きの方もいらっしゃるかもしれない(いたらいいなぁ…)ですが、ブログをちょっとだけ模様替えしました。

目立つのは文字の大きさを変えた点、これでかなり見易くなりました(僕は)
サイドバーの並びやカテゴリーも見直し、LIVE情報を新たなカテゴリーに分類したりしました。更に携帯からの投稿もやり易くして、これまでよりも頻繁に更新ができるようにしました。

というわけで、しばらくは今回のようなちょっとした記事が増えるんじゃないかなぁと思いますが、まぁ気にせず宜しくでございます。昼休みの遠士朗でした。
posted by えんじろう at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

6月の田園LIVE

ずっと続いている天候不純で今が6月であることすらよく判らなくなる昨今、いかがお過ごしでしょうか?
本日の話題は今月の音心LIVE情報でございます。

★ 田園LIVE 2010-6
日付:2010年6月20日(日)
時間:13:00~
場所:浜松市北区細江町気賀4585
HP:田園空間博物館総合案内所

きっとその頃は梅雨の真っ最中ではないでしょうか…。今回もオカリナでは予想外の曲を展開してその可能性をアピール…なぁんて大げさではなく、楽しい時間にしたいと思います。
何と今回は田園LIVE開始から50回目に当たるのだそうですよ。僕たちは時々出させて頂く状態なのですが、そんな素晴らしい機会に参加できてなんだかうれしいです。

梅雨なだけに当日の天気が不安ですが、お近くの方、良かったら遊びにいらしてくださいね。精一杯楽しんで、かつ度胸も付けられればいいなぁと思っとります。ではでは…

posted by えんじろう at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE Information | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

弦交換がんばりました

今日は元気な土曜日です。仕事が終わる15時を回ると、ぐんぐんと元気が復活してゆくのでぇす。と言っておいて、いつも帰りのバスで強烈な眠気に襲われ寝過ごしそうになるのですが…。

今日は駅からヤマハに向かい、オカリナ専門誌クラシックギター用の弦を購入してきました。

オカリナ専門誌

オカリナ専門誌はちょっと前に人から教えて頂いたのですが、実は創刊号なのです。今の眼の状態でルーペで読めるか結構心配でしたが、まだ中身は見ていません(おいっ)見るのは来週の昼休みまでのお預け。これできっと、楽しいお昼のひとときが味わえるんじゃないかなって思います。

弦交換後のギター

一方クラシックギター用の弦はつい先日3月に交換したばかりなのに、保存環境が悪かったためにさびさびになってしまっていたための購入でした。今回弦と一緒に糸巻きをスムーズに巻くための道具(名前忘れました)も購入しました。写真にも入れてあるこれを使うことで、今までよりも弦交換がちょっと楽しくなりました。なんか職人気分…。

明日は特に用事もない休日なので、ひっさしぶりの部屋の掃除やら買い物に精を出し、たくさんのオカリナ交流タイムも作りたいものです。
皆様も、良い休日をお過ごし下さい。
posted by えんじろう at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

昼休みの読書

皆様こんにちは。梅雨が迫ってきてるのか、頭痛持ちには辛い時期でございます。皆様はいかがでしょうか?

さて、先週土曜日に購入したオカリナ専門紙オカリナライフマガジン創刊号のおかげで、僕はとても暖かいお昼休みを過ごさせていただいています。
オカリナの色々な情報も判ります。周囲にオカリナ談義をする人がいないので、本の表紙のオカリナの写真を見ているだけでも、何だかとっても落ち着くのです。既に3つも感動を味わってしまいました。
1札約2000円とやや高い買い物でしたが、数ページ読んだ時点から買って良かったぁと思ってます。ただすぐ眼が参ってしまうので、毎日4ページ程度しか読み進められないのが、歯がゆいです。同梱されていたCDは全部読み終わったら開けます。それもまた楽しみです。

梅雨前の一週間、皆様もどうぞ元気でお過ごしくださいませ。では、今から早速本読みまぁす。
posted by えんじろう at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

別れの夢

今日のお話は今朝見たのお話です。

僕は実家にいて、家には親戚一同と学生の時お世話になった先生が多数集まっています。昔の話などしているうちに僕は親戚のおじさんの車で途中まで送ってもらう事になっており、皆に別れを告げる。父たちはなぜか明るく見送ってくれるのだが、僕にはまた戻ってこられると言う安心感がない。父の笑顔が、とても寂しさを増強させていた。
移動中にどこかのを横切り、お祭り会場の様な所を過ぎてどこかのお店に入った。どうやら僕は、そのお店から駅まで歩いて、電車で旅立つらしい。
更にそこで合流した知らない女性も、途中まで一緒にいくらしい。なぜかその女性に対してはものすごく安心感を感じ、何ならずっと一緒に行きたいとさえ感じた。母親に会ったような感じだった。

さて気がつくとそこには職場の人たちが来ており、いよいよ迫る出発を大勢に見送られた。

さて、別れの夢にはどんな意味があるのか…。目覚めてすぐにネット検索してみると、別れの夢には旅立ちの意味があるとか…。
親との別れは自立心の現れ。友人との別れは旅立ち。恋人なら…あれっ?何だっけ忘れました。
というわけで、僕の見た夢は自立と旅立ちの意識の現れだと言う結論に達したのでした。
夢って面白いですね。皆様もどうぞ、良い夢を見てくださいね。ではさよなら、僕は旅立ちます。
posted by えんじろう at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

愛知県へ

皆さんおはようございます。遠士朗はただいま愛知県に向かう電車の中にいます。
今日は午前中に音心の全体練習があります。全体と言っても2人ですが(笑)そして午後にはLIVE見学をして帰る予定です。

さてそのLIVEなのですがSuguhaloopさんというグループで、実はいつもお世話になっている亮子さんの旦那さんが所属するバンドなのでぇす。
ジャズとかボサノバが中心のようですが、多人数の音楽が聞けるのはとても楽しみなのです。演奏場所はあの三好町の喫茶店Car-Denさんでございます。

いつもは演奏する側な事が多いCar-Denさんですが、今日は聴く側の立場をじっくり楽しもうと思います。今後の音心に取り入れられるものも、発見できればと思ってます。でも実は1曲だけ、僕も混ぜていただくことになってたり…。

梅雨直前の日曜日、いい一日になりますように…。
posted by えんじろう at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

楽しい日曜日でした

日曜日は愛知県での音心練習とCar-DenでのLIVE見学をして参りました。

練習はなかなか充実したもので、色々と再検討しないといけないことがたくさん出てきました。それが判った(というよりも実感か)だけでも、重要な収穫ですよね。今から頑張ります。

その後は14時から行われたSuguhaloopさんのLIVEを見に、Car-Denに行ってきました。音心の亮子さんの旦那さんが所属するボサノバ中心のバンドです。
Car-Denさんは初舞台とのことですが、会場は大盛況。たくさんのお客さんの中、爽やかに…時にはしっとりとした時間が流れて行きました。とにかくバンドの皆さんの息がピタッと揃っており、更にそれぞれの音が格好良くて心地よいの一言。5人もいてなぜここまでピタッといくのでしょう?
前半が終わると僕の緊張はピークに…。後半の1曲目に僕も演奏に入れてもらい、となりのトトロをご一緒させていただく予定になっていたからです。ボサノバ調のトトロはとても楽しい…。ノリノリで演奏し…ノリノリで間違えたりもしながら無事終了。うんきっと無事。

とても緊張したけど、ドラムのカウントが始まると以外とワクワクしてくる。おぼつかないオカリナでしたが、皆さんに守っていただいている様な感覚で大変貴重な体験をすることができました。お誘いくださったボーカルの春田様、Suguhaloopの皆様、本当にありがとうございました。とっても楽しいひとときでしたぁ。
Suguhaloopのドラマーで亮子さんの旦那さんのブログはこちら

posted by えんじろう at 20:19| Comment(4) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

夢は思考の反転

今週もまだ水曜日…。なぁんて感じてしまうのは、日々を充実して過ごせていないということなのかもしれませんね。
実は今朝も変な夢を見たのです。

珍しく僕の家に友達が遊びに来ていました。昔から中の良い友達ですがあれこれと話などしていると、突然玄関のチャイムがなりました。誰かが来る予定もなくなんとなく面倒に思ったので、そのまま居留守にすることにしたのです。
すると鍵をかってあったはずのドアが何かに押されるように開き、僕たちは外に出てみたのです。
目の前には大きな青緑色のショベルカーが、こちらに向かって身構えている。僕らは訳も判らずその一撃を回避し状況把握に努めるが、答えが出るわけもなく回避か破壊を選択する事になった。

自分を殺そうとするこいつに対し、強烈な怒りと根拠もないのにこいつは必ず倒せるという絶対の自信を感じた僕。思いきってそのショベルの部分に飛び乗り、操縦席めがけて走り出した。
…気がつくと僕はショベルカーそのものになっており、逃げて行く犯人をショベルで攻撃!しばらくの一方的な戦いの後、ついに犯人にショベルを命中させることに成功。
犯人がグシャリと潰れた感触を覚えたが、何の後ろめたさも感じず平然としていた。それどころか達成感に喜びすら感じていた自分は、悪魔にでもなったように感じた。
犯人を潰す直前、その顔を見た。なんと自分ではないか?僕は自分の姿を殺していたのでした。

さてこの夢はいったいどんな意味があるというのでしょうかねぇ。またまた夢に関するサイトを巡り、色々情報収集してみたのです。
今回の夢は人を殺す夢…。これは自分の中にある何かを克服する強い意志の表れなのだそうです。何か打ち勝ちたい物事が存在し、それに対して立ち向かえる状態になっていることを指し示しているとかどうとか。つまりかなり前向きないい夢という部類になるようです。
あんなに恐ろしい夢に思えても、まるで正反対なのですね。夢は現実とのギャップを見せることで、自分の感覚をセンターにリセットするための処理なのかも知れませんね。音のバランス調整で行けばパンポットのつまみを現実で右に傾いてしまった分だけ、夢で左に回すという感じかな…。朝には音の定位が中央部に戻って、どんな感覚にも対応できるという感じでしょうかね。

人間の体ってやっぱりおもしろいですね。
posted by えんじろう at 21:25| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

Car-Denの夏でございます

いよいよジメッとした梅雨ですが、皆様お元気でしょうか?
さて本日は梅雨が開ける頃(きっと…)に予定しております、音心のLIVE告知でございます。

日付:2010年7月25日(日)
時間:14:00~15:15くらい
場所:愛知県みよし市黒笹町西新田1205-1
HP:Car-Den Cafe

音心は2008年の7月27日に、このCar-Denさんにて結成初のLIVEをさせていただきました。今回のLIVEが2年目の締め括りですね。いつも通りジャンル無視の色々なタイプの曲を計画してますので、どうぞ遊びにいらして下さいませ。

たくさん練習して、何とか本番に間に合う様に頑張りますね(おぃ!)…というわけで、今回も新曲たくさん用意しまぁす。ドゥッポンポンもやりますので、宜しくでぇす。
暑い季節の暑い時間帯ではございますが、良かったら是非冷たいお飲み物と共に音心の演奏をお楽しみいただければと思います。それでは、さようなら…。

posted by えんじろう at 19:31| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE Information | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

第50回田園LIVE報告

先週日曜日、奥浜名湖田園空間博物館第50回となる田園LIVEが行われました。僕たち音心を誘って下さったこだま28号さんを中心に、僕が浜松に来るよりも以前からずっと積み重ねられてきた田園LIVE。音楽の力ってすごいなぁと感じます。

さすがに今回は50回だけあってか参加人数が多く、MCは曲紹介のみでエントリー順にちゃっちゃとやっていくという方針(司会苦手な僕には好都合だったり…)音心は2番手でした。
というわけで、今回の演奏曲目です。

田園LIVE 2010-6
硝子の少年 / KinKi Kids
雨の物語 / イルカ
Summer / 久石 譲

第50回のお題はでした。歌詞が雨で始まる曲、タイトルに雨を含む曲、雨の多い梅雨に続く季節は…と言うことで、音心は総て雨に絡ませた曲を選んでみました。そして今回は遂にやってしまいました遠士朗初の弾き語りでございます。愛しのオカリナとちょっと離れてギター持って歌いました。もう顔が熱くなり沸騰しそうな程に緊張しました。大好きなイルカさんの曲だし、弾き語りをする人々の前でだったので尚更です。ギターはおぼつかないものでしたが、何とか歌詞は飛ばずに歌いきることができました。ギターの後にオカリナ持ったときの…ほっとしたことといったら、何とも表現できないほどのものでしたよ。

早いうちに演奏できたので、後は落ち着いた精神状態で皆さんの演奏を楽しむことができました。やっぱり50回だからなのか、皆様の演奏にいつも以上のが入っているような感じがしました。そして知っている歌が演奏されると、やっぱり自然とワクワクしてきて体が自然と揺れるのが楽しい…。
最後に皆で記念撮影をしました。写真は田園LIVEの掲示板こだま28号さんのブログでご覧くださぁい(他力本願)それから更に、今回特別のおやつタイムでした。
以外と時間がなくてできない演奏者同士のコミニュケーションができて、これまたいい時間だなぁと感じました。

そんなわけで、とても楽しい時間となりました。1年ちょっと前初めて田園LIVEに出させて頂いた頃よりは、ほんのちょっと緊張が減った遠士朗なのでした。そういえば今回ただいまぁのオカリナ写真を忘れてしまいました。…すみません。
幹事のkei-sanさん、どうもありがとうございました。そしてお疲れ様でした。あの歌が聞けて、幸せでした。演奏者の方々、そして風のように突如現れたお二方も…、お疲れ様でしたぁ。
posted by えんじろう at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

くしゃみの罠

こんにちは。舌が痛い遠士朗です。ここからは昨日の朝のお話です…。

いつも朝御飯を豪華に食べる遠士朗が、合点流ポークソテー(?)を作っていた時の事です。
にわかにくしゃみがしたくなってきたのです。調理中(って程対したものでもない)なので手が塞がっており、くしゃみを止めることも防御することも叶わずヴァーップシュン!とすごい勢いで暴走。
抑えようとしていた反動でかなり勢いがついてしまい、鼻水と唾液があっちゃこっちゃに…。非常に情けない気分だったのですが、それ以上に強烈だったのが舌の痛み…。しばらく部屋の中をうろうろしながら、痛みが止むのを待ちました。
くしゃみの勢いで舌を噛んでしまい、口の中は血がたくさん…。どれだけ思いきり舌を噛んだのかが判りました。今は血豆のようになっておりいじらなければ痛くないのですが、ご飯の時は自然に警戒してしまっています。

ところでこのくしゃみですが、皆さんは止めることってできますか?電車のトンネルで耳がつんとなった時の要領で、鼻をつまんで思いきり鼻水を出すときの動作をします。すると口と鼻の中の圧力が高まり、くしゃみをした後のような感覚になるんです。僕の推測ですけど…。鼻の中の圧力を高めることでくしゃみをしたという錯覚を起こし、くしゃみ反射をしたことにしているんじゃないかと思われます。
良かったら是非、お試しください。どうしてもくしゃみをしたくない職場での一瞬などに、効果を示すかもしれませんよ。

では今日は静岡にお出掛け中なので、今からラーメン食べるです。幸せぇ…。でも舌噛まないように。
posted by えんじろう at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする