2009年05月02日

連休スタート気分は今日

考えてもみれば、数年前まではゴールデンウィークなんぞなくっていい…なんて思ってました。だって連休まるで関係なしの仕事でしたから…。でも今ではすっかり連休が楽しみに感じる人間になりました。
世間一般では、いよいよ今日からと言うところが大半なのではないでしょうか?僕は今日までが仕事…。最近心身ともに追い込まれるようにストレス源が増大していたりするのですが、この連休だけが楽しみでがんばってきたという感じです。

今日は仕事が終わってから早速静岡に向かいます。そして明後日は名古屋方面に向かいます。東へ西へ…あちらこちらをさまよっている遠士朗は、別に浜松祭りから逃げているわけではないんですよ(笑)
体が重いですが、まずは今日をがんばって乗り切ろうと思ってます。こうして連休前日から予定を詰め込んでおくことで、頭の中は既に連休突入状態なのでした。一日でも長く味わうために…作戦成功という感じです。
posted by えんじろう at 06:14| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

連休最後はアニメで…

皆様こんばんは。浜松祭りもいよいよ最終日…。屋台のラッパの音も、少々寂しげに(って書くつもりだったのに…)昼間の雨のせいでしょうか?なんだか3日間で一番盛り上がっているように感じますよ。テンポもノリノリで速い速い…。
昨年まで祭りと聞くととにかく怖いの一言でした。でもなんだか今年の浜松祭りは、とても自然に流れてくるように感じる。ごく普通にそこでやっているもの…受け入れられるようになったと言うことでしょうか?数年この地で過ごしているうちに、大分馴染み始めているのかも知れませんね。

さて、連休もいよいよ明日が最終日という方が多いのではないですか?そんな最終日はどうやって過ごしますか?遠士朗はつい先ほど、パソコンテレビのギャオで素晴らしいアニメを発見しました。それは蠢師というアニメ…。
生命の根源のような存在に対し蠢(むし)という言葉を使って表現している、壮大なアニメです。1話完結型のストーリーで、飽きることなく見てゆくことができると思います。日本映画っぽい雰囲気で、ただ見せるだけのペラペラな印象とは一線を画し、見るものに考える余地を作ってくれる芸術的なアニメに思えました。効果音もつぼを突いてくるし、画像も嫌みなものを感じないとても自然なアニメです。
連休の最後、是非この映画のような雰囲気の蠢師を見て、感動を感じてみてはいかがでしょうか?なおこの放送は来週の火曜日午前中で見られなくなってしまいます。

連休のレポートは、また後ほど書くことにします。今このとき、この感動を大切に(ってなんだその標語は?)
時間はどんどん過ぎてゆきます…。皆様の明日もいい一日になりますように。
posted by えんじろう at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

連休の過ごし方

とうとうこの日が来てしまったぁ…という感じですね。今日でゴールデンウィークも最終日となりました。色んなブログを確認しても、連休を振り返ったり締めくくる記事が多く見受けられます。
と言うわけで、僕のブログでも連休を締めくくろうと思います。

まず土曜日はかねてから報告していたとおり、仕事が終わった後で静岡の恩師に会いに行ってきました。たくさん話をして、色々と計画も練ったりして(笑)あっという間に日曜日となって連休に突入したという感じでした。日曜日家に戻ってきたのは夕方…。次の日課に向けての支度を調えているうちに終了しました。
月曜日は名古屋に向かって出発!もちろんオカリナ専門店10Holes!!!に行くことがお目当て!昨年に引き続いてのオカリナお迎え旅行というわけです。新たな入荷オカリナについては、また改めてレポートします。
昨日火曜日は母の見舞いで家族と合流して病院に行ってきました。
昨日も一昨日も、やっぱり帰ってきたのは夕方…。今日はもう何も出かける用事をなしにして、部屋でオカリナを吹こうと思っているのですが、今こうしてブログを書いているうちに結構時間が過ぎていっています。

話は変わるのですが、昨日ブログを更新した際、一度記事入力を失敗して全部書き直すという事態が発生しました。
何でそうなったのか良く判らないのですが、このブログの記事入力をリッチテキストエディターに設置してみたら発生しました。便利機能のジャバスクリプトとかその辺りが何かやらかしたのではないかって思っています。一生懸命書いた記事がいきなり消えたときには、やっぱり落ち込みます。結局また普通の入力欄に戻してタグ混在の文章を手書きしています。
最近パソコンの調子が悪く、スクリプトの変な動作もその関係かなって思ったりしています。元々連休の残りを使ってパソコンを再セットアップする予定でしたが、今日は中止しました。と言うわけで、ここからは音楽三昧の時を過ごそうと思っています。

お金を使った連休…こうして、まだ見ぬボーナスの半分を使い切ることとなった。遠士朗はその自らの行為に恐怖した…。
失礼しました。
posted by えんじろう at 08:26| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

恐怖の耳栓騒動

仕事のストレスが多く、寝ても目覚めたときに怠さを感じ続けています。体が重く、頭の体制が変わるたびにグランという感覚に陥ることがあり、このまま休んでしまいたい…と思うことも多々あったりします。
そんな疲れを一掃すべく、昨日の夜寝る前に耳栓をして寝ました。別に隣室がやかましいわけでもないのですが、時折通る電車の音や遠くを走る車の音も、全てシャットして寝てみたくなったのです。

目覚めてみると…あれ?やっぱりだるさは残っていました。ただ残っていなかったのが耳栓…。両方そろってお散歩に行ってしまったようです…。
あちこち探しているうちに、枕の下に片方を発見!しかしもう片方はいくら探しても見つからない…。こんなことで休日の30分を失い、らちがあかないので捜索中止。そのうち出てくるさの精神で構えることにしたのです。…ここからはお食事中の方はお控え下さい。

さぁ、捜索をあきらめて数時間…。ついさっき出てきました。ただ驚いたことに、トイレの便器の中に浮いているんです…。そりゃあもうとんでもなく精神的ダメージを受けました。
朝トイレに行ったとき、着いてきてしまったと言うことなのでしょうね…。すっかりブルーレット臭くなったそれを、どうするか…。現在乾燥させながら検討中であります。
目立つ色をしていて、本当に助かったと思います。変な話でごめんなさい。
posted by えんじろう at 09:11| Comment(4) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

オカリナ購入旅日記

さて、皆様お待たせいたしました。遠士朗のお楽しみ(自己満足)オカリナ購入記でございます。時をさかのぼること1週間ちょっと前…。僕は愛知県にある10Holesというオカリナ専門店に行って参りました。そうです、ちょうど1年前に笑顔の赤字宣言!の記事を書く羽目になったあの場所へ、またしても行ってしまったのです。しかも今回は赤字など覚悟していない。元々積み立てていたんだという覚悟を持って(開き直りというやつか?)の来店でした。

昨年同様東海道線で金山まで行き、そこから中央本線とか言うので千種まで…。そういえば昔、切符売り場で県内の金谷と言うところまで切符を買おうとしたら「金山ですか?」と聞かれたことがありました。まさかそんな金山に、自らの意志で行く日が来るなんて思ってもみませんでした…というかどこにあるのかも知りませんでしたが…。
千種からはやっぱりEZ-Navi10Holesを目指す。…そしてやっぱり「目的地付近です、お疲れ様でした」と勝手に終了(あーっまだ着いてないのにぃ)

もう店主さんとは一度お会いしているので、昨年ほどの変な緊張はない状態でいられました。とりあえず買うと決めて前もって注文しておいたものを試奏。続いて仲間を増やしたい音階毎に、また並べてもらっては試奏。購入候補のオカリナも、2本~3本~4本…うぎゃーっと言う具合に増えてゆきました。

以前と違うところは、オカリナの癖のパターンと自分の吹き方のパターンが一致するかしないかを見分けられるようになったこと。これによってとっても効率的に向き不向きのオカリナを区別できるようになったと感じました。今回選ぶときに重要視したのは次のようなところです。
最優先なのは息の入れ具合…。音階が上がるに従って必要な息圧が上がってくれるオカリナの方が、僕には吹きやすく感じます。そんなわけで息圧が一定になるよう目指して作られているオカリナは、とりあえず外れました。次が音色。吹いてすぐにのどから手が出てこんにちわ~!となったものがターゲット(笑)最後は指穴の位置でしたが、これはうーんと思ったけども妥協したものが1本あったりしました。

そんなこんなで結局5本のオカリナを購入し、昨年を遙かに超える10万円近くの買い物をしてしまったのでありました。ついでにパンフルートもちょっと見せてもらったりしました。
実はこの日は、買い物が終わってから音心の練習をしました。音楽三昧のなぁんかとっても幸せなひとときを過ごして参りました。

今も毎日、購入したオカリナを吹き続けています。いつでも吹ける防音室の存在は、こういうときにつくづくその存在価値を思い知らされます。
さて、実は10Holesさんの店主さんとお話しをしている中で、ブログを書いていることや音心でライブをしていることなんかも、言ってしまいました。そしたら何と、相互リンクして下さると言ってもらえましたぁ。なんだかとっても楽しみです。リンクに恥じぬよう、これからもしっかりオカリナと付き合っていこうと思います(なぁんてもう離れられない関係ですが…)

と言うわけで、大変幸せだった連休最大のイベントのお話しでしたぁ。覚悟の上だったとはいえ、またしても節約生活(エコですね)を継続する羽目になった遠士朗でありました。
posted by えんじろう at 22:55| Comment(4) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

田園ライブ出演報告

GyaOで放送されている蠢師というアニメ…本当にいいですよ。
さて実は今日、またこそこそと黙ってライブしてきました。場所は先月に姫様道中の際に演奏させていただいた田園空間博物館という場所です。天然物のリバーブが働いて、本当に音響的に恵まれている場所です。田園ライブという複数ユニットでの合同ライブです。
実は今年の姫様道中の富永商店さんでの演奏の時、聴いて下さっていた方の中に田園ライブをしておられるこだま28号さんという方がおられました。そして何とこの方に田園ライブへのお誘いをいただいたのです。

会場には1時間ほど前に到着(早すぎました)こだま28号さんを皮切りに、演奏者の方々が続々と入ってきて、どうにも緊張モードになっていました。くじ引きで順番を決めて、音心は4番目の演奏でした。

それぞれ最大3曲ずつ、テーマのに沿った曲を含めた演奏をするという形態だったので、音心では…。

風が谷間を降りてくる
シャボン玉
私の紙ふうせん

を演奏しました。田園空間のとてもいい天然音響の中で、オカリナの性能をしっかり発揮した演奏ができる環境だったのです。なぁのにぃ…って書くとまた落ち込んでしまうので、愚痴りませーん。もっともっともっと練習したい…。
ところで私の紙ふうせんという曲、むかーしみんなのうたで聴いてタイトルも忘れていたのですがメロディーとハモりパートはしっかり記憶に残っていました。名曲というのは、本当にちょっと聴いただけで子供でもその頭の中にしっかり刻み込まれるものだと感じました。そしてこの曲では、初挑戦のダブルオカリナを使用しました。今月4日に買ったばかりの過去最高金額63000円オカリナ…。短期間だったのでまぁ多少音が外れても仕方ないと自分に言い訳した上での演奏でした。

3時間にわたるライブの中で色んな方々の演奏も聴けて、とても充実感を味わいました。そして上手な方々というのは、音を引くと言うことができるというのが身にしみました。ただ前に押し出すのではなく、音を一歩引いた演奏をできると、そこに揺らぎが発生して心地よさが増すというのを、体感しました。多人数の演奏となれば、それがますます生きてきて、ここがこの人の得意分野で見せ場…と言うのがあったりして素直にそこに注目できました。視点が変わると色んな方向からその編成の演奏を聞けたりして、ますますおもしろくなってくる。

音心にもそれらをどんどん還元して行き、肥やしにしてゆこうと感じました。本当、とにかくためになるライブ見学+演奏でした。誘って下さったこだま28号さん、本当に感謝でございます。そして皆様素敵な時間をありがとうございました。

あぁ、明日からまた仕事…(おいっ、最後にそういう事書くんじゃないのぉ!)失礼しましたぁ。
posted by えんじろう at 20:42| Comment(4) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

オカリナと音程

楽しかったライブからもう3日が過ぎてしまいました。本当にあっという間だなぁと感じています。
毎日もっとオカリナが上手くなりたいと願いつつ、帰ってから数十分の防音室練習を繰り返しているのですが、まだまだぜんぜん時間が足りないと感じています。一日が後数時間長ければ…なぁんて事をよく思います。と言うわけで、今回はオカリナの話題を色々と書いてみようと思うわけなのです。

以前にも書いたのですが、オカリナは楽器としては不完全なものと言わざる得ない楽器なのだそうです(お店の人と制作者の両方から言われた言葉です)
何せ吹き方の強さひとつで音程が半音以上動きます。オカリナはチューニングしながら吹く楽器というのがしっくり来ると思います。なので正しい音階のオカリナ…というものは存在しない(定義が成り立たない)と考えるのがいいと思うのです。オカリナ選びで正しい音程が出るか…という評価は成り立たないと、僕は考えるようにしています。

じゃあどうやって選ぶんだっちゅう話になるのですが、僕の場合は自分の息遣いに近いもの。を基準にしています。
僕の好みの吹き方は、低音から音階が上がるごとに必要な息の量が増えて行くタイプ…そのカーブは弓なりに角度が上がるくらいが吹きやすいのです。多分一般的に一番多いタイプなんじゃないかなぁって思ってるのですが、イタリア産のMenaglioがまさにそういうオカリナでした。
逆に吹きにくく感じるのは、音程に左右されず均一な息の量を実現しようと切磋琢磨して作られているオカリナです。こうやって作られたオカリナは音量も全体になだらかになっていると思えますが、高音に勢いが落ちたような不安定感を感じてしまうんです。高い音が不完全燃焼になってしまうのは、感情を殺さなきゃならないからどうも苦手なのです。

って、ただ僕の我が儘を綴っただけの日記になってるし…。とにかくオカリナというのは吹きながらその音を聞いて音程を調節する楽器と言うことが、今回書きたかったことでした。面倒なようですが、これは表現が音階にとらわれず自由と言うことになるので、とても素晴らしいことだと感じます。オカリナ自体が息の量を要求してくるなんて、生き物のようですね。僕はオカリナの手足でしかなく、オカリナの指示に従って吹かせてもらう…と思うと、たまぁに(たまにじゃだめじゃん)とってもいい音が出たりすることがあるんですよぉ。仲良くさえなれば、感情がそのまま出せる楽器…素敵です。
僕はMenaglioを初めて吹いたときには、C管とか言っているのにbから始まってるじゃんと感じたものでした(笑)

あぁ、時間が止まっている中でオカリナを吹き続けていたい…。
posted by えんじろう at 22:08| Comment(3) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

半日休みの昨日

皆様今晩は。時間に飢えてる遠士朗です。さて、実は昨日は午後に仕事を休みました。別にサボりではなく、皮膚科に行ってきたのです。実はいまだに体と唇のかゆみが続いているのです。

午前の仕事が終わったらお昼を食べて退場方針!一旦家に戻り夕飯用のスープをこさえてお出掛け。
皮膚科は14:30から受付開始なのに、もらった番号は既に9番と人気のようです…。前もって診察券を置いて出直してくる人もいるようで、どこの病院にもそういう現象があるんだなぁと思い知らされました。

結局家に戻ってこられたのは17:00頃…。こうなりゃ当然音楽するしかない(やっぱずるじゃないのか?)
でもやるべき事から順番にということで、オカリナではなくまずその伴奏音源作りをしました。…あっという間…。試行錯誤を繰り返しているうちに、気がつくと19:20ではありませんか!
慌ててお風呂をすませ、ご飯が炊けるまでのつもりでオカリナタイム突入!
伴奏データに何度も取り直してオカリナを吹き込んだりしているうちに、もう21:30じゃあないですか!またまた大慌てで夕飯となったのであります。

時間が過ぎるのはなぜにこうも早いのでしょうね?楽しいことをしているときの時間の流れって、それ以外の時の数倍に感じます。万人共通の感じ方ですよね。
何はともあれ、楽しいことをするにも健康一番ですよね。と言うわけで、なんだか締まらない日記でしたぁ。


ラベル:健康 皮膚科 早退
posted by えんじろう at 21:48| Comment(6) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

再セットアップは慎重に

ここのところずっとパソコンの調子が悪かったのです。色々な症状が出ていました。

■ 電源を切ろうとしてもロゴ画面で停止
■ ブラウジング中に突如フリーズ
■ MySoundの音声が出だしでぷつぷつとぎれる
■ クリップボードの機能がおかしくなる
■ QuickTimeを入れたらあらゆる問題発生

特にQuickTimeの問題は決定的でした。ネット上のメディアファイルをブラウザ上で表示しようとしだし、その上エラーが出ました(できないんならやるんじゃない)更にWindows起動時に常駐しようとしたり、とにかくパソコンの状態を引っ掻き回されたのです。

そして昨日…。システムの復元をして更にごちゃごちゃになり、ブラウザソフトすら起動しなくなりネット不能に…。こうなりゃもう決断するしかない!
今のパソコンでは初の再セットアップ。解説書には相談窓口の指示がなければやるなと書かれていたのですが、症状を報告してないから指示があるはずもなく気合いで立ち向かう
ことにしました。

開始時刻は午前10時…。HDDの完全フォーマットも含めて綺麗さっぱりにして行きました。完全フォーマットはさすがに時間かかる…。オカリナ吹いて買い物すませて…。よ
うやく終了したのは12:30頃…。ここからWindowsのセットアップ行程に入り、この辺は慣れているXPなので、順調順調。
しかしその後が問題だった。環境も構築できてきていざネットに…と思ったのに、繋がらない。ルータやらなんやらにすらアクセスできていなさそうな雰囲気…。時間はどぉんどん過ぎて行くばかりです。
15:30くらいになり、ようやく勘で原因にたどり着けました。LAN接続そのものが認識されていない。ネットワークのところにローカルエリア接続と言う項目すらないんで
す。ドライバーが入っていないと言うのが解ればこっちのもの。

でもこの際だから、色々とあがいて汚れたパソコンではいや!再び最初から再セットアップの行程をやり直し、日の目を見たのは19:20くらい…。メールソフトが復旧していないもの、後のものはそこそこ構築することができて、ネット閲覧も正常にできるようになりました。よかったよかった…。

■ 素直に電源が切れる
■ 問題なくブラウジング可能
■ MySoundの再生も正常
■ クリップボードも正常作動
■ QuickTimeなんてもう入れない

再セットアップ後の状況はこんな感じで、とにかく平和になったのです。

ただぁ…懸念材料となっていたものは大半が解決したのですが、ひとつ新たに問題発生!
スタンバイや休止状態にすると、数分後に突如自力で起き上がり黙って立ってるんです。怖いです。現在原因究明と対処法を探索しているという感じです。まぁ致命的というわけでもないですし、慌てず探ってゆけばいいやと思っています。

というわけで、全然休息になっていない休日の出来事でした。一番よかったのはMySoundが問題なく再生されるようになったことかもしれません(笑)

posted by えんじろう at 21:22| Comment(4) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

忘れやすいこと

家に帰って玄関を開けると、そこには僕を待ってくれているものがあった。暖かく迎えてくれるはずだったそれは、すっかり常温に戻り、危険な存在と化していたのです。
牛乳…。それは暖かく体を癒してくれるはずのもの。それが恐怖の腹痛地獄への導入剤へと変貌してしまったのは他でもない、僕が電子レンジの中に忘れて出掛けてしまったから…。

と言うわけで、突然引っ越ししたくなってみたり、やっぱりやめたと思ったり、何だか精神不安定です。仕事面のストレスが多く、無駄に長い昼休みも何となく落ち着いていられません。思いやりを忘れると、悪い感情ばかりが生まれますよ。だからどんなに親しい人でも、少し距離を開けないといけないんだって思ったり…。
人間関係は、思いやりが大前提ですよね?…ね?

我が職場は結構人員の入れ替えが激しいようです。なので新入社員状態の人が常にいるような感じです。
そんな新入社員の方の中には変わった人もいますが(書くなって)、大半は前向きでお客さん側のみならず従業員側に対してもしっかり節度ある態度をとってくれます。そういう方の姿を見ていると、自分の数年前を思い出したりします。紛れもなく自分の意志で今の職場に着いたのです。それが気がつくと仕事させられているかのような大きな勘違いの渦に巻き込まれてしまう…。新入社員の方を見て、自分の腐りかけた態度をもう一度奮い立たせなければいけないんだ…なぁんてブログのために用意したかのような台詞が浮かんだりする、今日この頃であります。今一度気持ちをリセットして、新入社員に負けないくらいに新鮮な気持ちで、仕事に臨みたい(…という理想論なのですが)

じゃ、そんなわけでよろしく(なんだそれは?)とにかくあれです。電子レンジのものは、ちゃんとすぐ飲みましょうね。
ラベル:仕事 誠実 初心
posted by えんじろう at 22:30| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

一定時間で効果が消える

昨日は色々と綺麗事を書いて反省してます。公開してます(いえいえ後悔してます)
日記の原文は昼休みに書き、帰ってから整形して公開してるのですが、帰った時点で気持ちが変わっていることもあるんですね。人は常に揺らいでいる…。そして精神的に不安定な僕は、人より更に揺らぎ方が大きいのかもしれません。揺らぎの中に揺らぎがあり、構造的には1/fかなぁと思うのですが、全体の振幅がやたらでかい…何てのはどうでしょう?(いや誰に聞いてるの)

と言うわけで、初心に返れたのは昨日の午後を中心とした一定期間だけ!でもその間は確かな感覚でいられたと感じます。

精神が不安定な僕にとって、オカリナは確かなものを僕に返してくれる大切な支えです。自分の感情を音としてフィードバックできる。嬉しいとも悲しいときも、透き通っているときも薄汚れているときも…。
だからオカリナとはもう一生離れられない。これからもずぅっと一緒にいたい。離しません(えーっ、今オカリナ家に置いてあるじゃないかって突っ込みはなし)

オカリナという本当にすべてを任せたくなる楽器と出会えたこと、それを生かせる防音室が中古で手に入れられたこと、そして何よりもそれを外で演奏できるユニット音心の存在に、本当に喜びと感謝を感じています。
posted by えんじろう at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

山と谷と揺らぎ

いいことと嫌なこと
交互に来るからいいのかな?

人生山あり谷ありは、
人生を感じるために必要なもの。


人間は、
変化する瞬間にのみ現状を感じられる。

変化がなければ
時は動かない。


杜子春の主人公は、
絶頂とどん底を繰り返した。

ずっとどん底よりも、
ずっと絶頂よりも、
充実していたかもしれない。


少なくとも人一倍、
時間の流れを感じていたのではないか?


安定は求めすぎてはいけないのか?
人それぞれの揺らぎの中で、

適度な感じ方をするように、
生物というものは造られているのかな?
心境などを…
ラベル:揺らぎ 日々 精神
posted by えんじろう at 21:47| Comment(4) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする