2009年04月02日

腰痛が…

皆様こんばんは。ライブ報告もしないでいきなり「腰痛」ってごめんなさい。先週のライブはとんでもなく素晴らしい時間となりました。でもこの話は現在文章やら画像やらを制作中なので、もう少しお待ち下さい。きっと来週中には…と言う状態です。

実は先週の金曜日の朝、腰がギクッと行く寸前の状態になったのです。瞬間的に感づいたので、反射のごとくその姿勢をやめて難を逃れたのですが、それでも後に残る痛みを感じました。それが仕事をしているとどんどん強まってきて、またグキッと行きそうな感覚を幾度となく味わうことになりました。
その日はとにかく耐え抜いたという感じだったのですが、このままでは日曜のライブに影響が出ると感じたので、コルセットを入手することにしました。

以来コルセット着用の上で仕事をする日々…。おかげで痛みも数割くらいに軽減でき、ライブの時はコルセットなしでもしっかり演奏することができました(帰りが来てましたが…)
今はその時よりも楽な状態になりつつあるので、今度の週末も無事に乗り越えられると確信しております。今回は遠士朗のオカリナ初ライブの地なだけに、万全な状態で演奏したいものです。

と言うわけで、今は前回のライブ音源を聞いて色々あがいたりしている今日この頃なのでしたぁ…。
とりあえず、お礼まで…。先週のCar-Denライブを聴いて下さった方々、そしてCar-Denの方々、本当に幸せな時間をありがとうございました。
posted by えんじろう at 22:39| Comment(4) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

誕生日のライブ報告

連続ライブが終了しました。今はちょっとアフターライブ症候群(今考えた名前)で、寂しさいっぱいの遠士朗です。…と言うわけで、早速先週行わせていただいたライブの報告からです。
3月29日は僕の誕生日…。そして亮子さんとの4回目のライブ(音心としては3回目)
とにかくまぁめでたい日だったのです。と言うわけで、盛大に音心 in Car-Den 2009年春のライブ報告の記事のはじまりはじまりぃ。

Car-Denさんでのライブはこれで3回目…。それでもライブは緊張が絶えないものです。この日は6:20の始発バスで浜松を出発。午前中は亮子さんとしっかり全曲一通りリハーサル。お昼を過ぎていざCar-Denへと言う面持ちで出発しました。
Car-Denさんは相変わらずの異空間ぶりですが、この景色も半分懐かしいくらいの感覚を覚えてきました。ト音記号の椅子もしっかり確認…。机を並べたりマイクを準備していただいたり、楽器を並べたりしていると時間はどんどん過ぎてゆく…。こそこそとギターを調律したりしているうちに、14:00が迫ってきました。
今回の作品展はそれぞれの今という内容で、色々な作家の方々の作品を一斉公開していると言うことでした。音心もしっかり今をお伝えできればと思ったりしました。

さぁではここで、今回の曲順です。
風の通り道
白い道
巡る思い / オリジナル (オカリナソロ)
風が谷間を降りてくる / 宗次郎
日だまりのうた

さくら / 森山直太朗
幻想曲さくらさくら (ピアノソロ)
黒猫のタンゴ
おぼろ月夜
明日

青花瓷
元気を出して


今回も12曲を演奏させていただきました。そして前回と違ったのはアンコールが「こちらから迫るアンコール」ではなかったこと…。何せ桜咲く春ですから…(おぃ!)聴いてくださった皆様、本当にありがとうございました。
今回の演奏は、新たなオカリナも交えてオカリナ9本とCar-Den据え付けのピアノ、そして黒檀のコカリナに竹製パンフルート、更にクラシックギターメロディオン…。とにかくたくさんの楽器を使用しました。ちょっと今まで以上に目立ったミスもあったりしましたが、とりあえずその時は勢いで押し切ったりして…。でもまぁ全体的には納得いく演奏ができたし、また新たな目標が見つかったという感じがしています。

音心演奏風景

そして今回は何と、ライブの様子を写した写真が数枚あります!豊田のオカリナ合奏団オカリーナフレンズの一員である平川さんという方が、聴きに来て下さったばかりかデジカメで写真を撮ってくださったのです。僕の携帯電話のおまけ機能とは格段に違うその繊細な写りに、もう感謝で一杯でした。

ピアノと亮子さん K-Emperorと遠士朗 音心と新楽器
音心記念撮影

演奏の後で、音心の記念撮影…。思えばこうやっておおっぴらに写真を公開した事って、今までありませんでしたね…。ちゃんと許可はとってありますよ。

この日は同じくオカリーナフレンズの山本さん(亮子さんと出会うきっかけになった重要人物)も来て下さり、オカリナ絡みの方々もたくさんいらして下さいました。そうそう秋のライブを聴いて下さった方が再来して下さり、すごーくうれしかったです。でもまぁこうなるとものすごいプレッシャーにもなりましたが、オカリナさえ吹き始めてしまえば、誰がいようとも音心の世界…。しっかり吹いてしっかりこけたりしてきたわけですね(笑)

みんなで記念撮影

左から今回写真を撮ってくださった平川さん、そして亮子さん、何か遠士朗、更に山本さんです。
…でも今回のライブはこれだけではありませんでした…。驚きのサプライズ(サプライズって驚きって意味らしいですね…)は、CMの後…
CM早送り…?
posted by えんじろう at 21:34| Comment(8) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

旅は道連れ?

遠鉄バスも最近の不景気にはかなわないのだろうか…。バスの時刻表が変わるたびに、乗り合わせが悪くなっていくような気がしている今日この頃です。
今日は仕事帰りのバスの乗り合わせが悪く、駅で20分待ちという状態になってしまいました。こうなるといつもやることが、そのまま家まで歩いて帰るという試み…。今日もそんな試みをしたのですが、その時のお話しです。

いつもならバスの道に沿って歩いて帰るのですが、今日はちょっと冒険してみようと思い立ち、ショートカットの道を散策することにしました。
だいたいの感で、いつものコースに出られると思われる経路をたどっていくと、やっぱりなんとなく細い道に入ってしまうことになりました。なるべく広い道をたどるようにして歩いていくと、やがてがあって前に進めないところに到達…。
横にそれようとしていると、見知らぬおじさんが声をかけてくれました。白杖の効果なのでしょうが、そのおじさんも同じ方向だったらしいので、しばらく一緒に歩くことになりました。どこに出たいのか聞かれたのでバス通りと答え、そこから幾度となく会話を交わしました。共に通勤途中と言うことですが、おじさんの人の良さと堂々とした雰囲気に、あこがれのようなものを感じたりしました。
やがてそのおじさんは角を曲がりマンションへと続くらしい道に入ってゆきました。丁寧にお辞儀をしてお礼を言って見送りながら、なんとなくいい時間を過ごせたと感じました。旅は道連れってやつなのかな(それは大げさか…)でも、歩いて良かったと感じたひとときでした。

さて、そこからはおじさんの言葉と感を頼りに家路を目指しました。無事にバスと同時刻くらいに家に到着することができ、ほっとしました。
でもでも、もう少し時間短縮経路を見いだせそうな気がしました。研究の余地あり…。
posted by えんじろう at 21:04| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

ライブ報告第2弾

さて、誕生日の幸せなライブを行わせていただいた次の週、再びライブができる機会をいただいていました。この2週間は本当に幸せでした。と言うことで、音心 in 姫様道中 2009年春のライブ報告です。

この日のライブは13時からスタートだったので、前日から浜松にいらっしゃった亮子さんと共に12時くらいに到着するように出かけました。会場付近はガードマンがたくさんいて、物々しい感じでした。週間天気予報ではずっとと言われていた日曜日…。行く途中に幾度となく桜が並んで咲いているのを目にして、天候に恵まれたことにとても感謝しました。
田園空間ステージは通路上にある建物という感じで、小さな駅のようなイメージをして下さると判りやすいかも知れません。そこでとりあえず軽食をとって、機材や楽器の支度を始めました。もう緊張で一杯…。早く始めさせてくれぇ…という感じでした。
ではここで、田園空間ステージでの曲目でございます。

風の通り道
白い道
巡る思い / 遠士朗(オカリナソロ)
風が谷間を降りてくる / 宗次郎
崖の上のポニョ
野を渡る風は優しく… / 古庄由喜子
睡蓮
青花瓷
おぼろ月夜
桜 / 森山直太朗

と言うわけで全10曲を一挙に吹かせていただきました。やっぱりポニョは人を引き寄せる力が強いと感じました。睡蓮は中国、そして青花瓷は台湾の曲です。異国の(アジアの)曲のレパートリーが増えることが、結構楽しかったりします。
野を渡る風は優しく…という曲は、古庄由喜子さんという同じ静岡県内の富士市のプロのオカリナ奏者が作られたオリジナル曲です。実は昨年末にお会いしたとき、この曲をライブで吹かせてもらう許可をいただいてきたのでぇす。実は古庄さんは、僕のオリジナル曲カナリヤを吹いて下さっています。これでお互いの曲を預け合ったと…僕は喜んでいたりします(笑)
さて、やっぱり幾度となくミスはしてしまいましたが、つい先週のライブで得られた反省点をしっかりと生かして吹くことはできたと感じています。
田園空間ステージは音の響きが良く、音がやや小さめの黒陶プロモデルというオカリナでも直の音が結構響いてほっとしました。音心はまだ、自前の音響機器を持っていないのです。今回も司会とギター用に前日オカリーナフレンズの皆様が使用していた音響機器をお借りすると言うことになりました。フレンズの皆様、本当にありがとうございます。

さぁ、田園空間での演奏が終わったらすぐに片付け。そのまま次の演奏場所となる富永商店さんという酒屋さんに向かいました。ではそちらの演奏曲目です…。

風の通り道
ひだまりのうた
風が谷間を降りてくる / 宗次郎
野を渡る風は優しく / 古庄由喜子
幻想曲さくらさくら(ピアノソロ)
黒猫のタンゴ
おぼろ月夜
青花瓷
元気を出して
明日
幻想曲さくらさくら(ピアノソロ)

さくらさくらが2回あるのはアンコールです。田園空間ステージでのみ演奏した曲、富永商店さんでのみ演奏した曲などあり、一応両方聴いて下さった方がいらっしゃっても満足していただけるよう工夫してありました。でもでも、音心は両人そろって、田園空間で次の演奏に関するお知らせをすることを忘れてしまったんです。次回はこんなことのないように気をつけなくては…なんて反省材料となりました。
ところで今回、田園空間ステージは亮子さん、富永商店は遠士朗がそれぞれ司会を担当することに決めていました。亮子さんの司会はいつもながら素晴らしいなぁ…なんて思っていたのです…。でも僕の司会はボロボロ…。言いたいことは忘れるわ言葉に詰まるわ…。挙げ句の果てには自分たちのユニット名の紹介まですっかり忘れていました。カンニングペーパーを使ってこれでは、本当に話になりませんでした。

音心演奏風景 楽器入れ替え パンフルート

さて、今回も写真があるんです。富永商店さんでの演奏の時、一番目の前に座っておられた方が、知らないうちに写真までとって下さっていたのです。その方はこだま28号さんという方で、何と田園空間などで定期的にライブ活動をされている方…。最初にそんな話を聞いてしまったせいで、かなり緊張してしまいました。こだま28号さんのブログでは、この日の記事も書かれていますよ。

今回2度のライブを写真付きで報告できたのは、まさに奇跡的です。本当にありがとうございました。
そして音を通じて現れてくる新たな出会いもありました。もしかしたら音心の演奏の機会がまた増やせるかも知れない…なんだかとってもありがたい一日でした。聴いて下さった方々、本当にありがとうございました。

さぁ、この2週間はライブだらけで音源もたくさん採取(笑)できました。今回は前のように全曲とは行きませんが、またライブ音源公開をさせていただこうと思っております。登録作業が終わったら、また記事を作ろうと思いますので、遠くの皆様も良かったらどうぞお楽しみにぃ…。
posted by えんじろう at 21:20| Comment(8) | TrackBack(0) | LIVE Report | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

1/fのゆらぎ

さて皆様、最近の遠士朗は腰が痛くて体がかゆくて天気あみで時々頭も痛くて(更に頭も悪くて…)という日常を送っているわけですね。仕事もやたらきつくなってきて、本当に腰がつらいです。
と言う愚痴はこのくらいにして…。

本日の話題は1/fです。医療機器に扇風機…色んなところで一時期良く出現していた言葉…。1/f(f分の1)というのは揺らぎの性質の一つで、自然の中にものすごくたくさん溶け込んでいる揺らぎ方なのだそうです。詳しくはこちらなんだか読んでいるうちにとてもわくわくしてきてしまい、気がついたら1/f情報集めで昨晩が終わってしまいました(なぁんてちゃんとオカリナタイムも確保していましたけどね)

1/fのfは周期という意味なのだそうです。揺らぎが発生した時間の周期f、揺らぎの大きさ1/f=の先に来るという感じかなぁ…って勝手に思ってます。頻繁に起こる揺らぎ(fの値が大きい)は小さなゆらぎで、たまに起こる揺らぎ(fの値が小さい)ほどその揺らぎの波が大きいものになる…と僕は理解しました。合ってるか違うかはしぃらない!

木目の太さや曲がり具合や風の方向や強さの変化の仕方、電車の揺れ方やその音まで、大半のものに1/fが含まれていると言うことになるそうです。
音楽の世界にも当てはめてみると、メロディーのみとっても幾重にも重なってこの1/fが存在しているのかも知れないなぁって考えを巡らせてしまいました。ひとつの音に対してそのビブラートに始まり、メロディーの変化の仕方、AメロだぁBメロだぁー着メロ(いやそれは違うでしょ)というメロディーパートにおける揺らぎ、前奏や間奏など起承転結何かも、1/fが入っているのかも知れないって思いました。
妄想するのって楽しいですね。そして学者さんはそれを実験的に実証して証明してみせるんだから、実証できたときの快感はそりゃもうたまらんものがあるのでしょうねぇ。

さて、この1/fは人間が心地よく感じるものの中には多かれ少なかれ存在していると言うことでした。音心まず自分たちが楽しめる音楽を…をモットーにしています。自分たちが心地よい音楽…きっとそこには1/fがあると信じています。

パソコンのモーターが空気の流れの影響なのか微妙に変化しています。洗濯機が水をためるポチョポチョと言う音が聞こえています。外を通る電車が線路をきしませながら、独特の揺らぎを奏でています。
僕も箱に隠り、体が作り出す揺らぎを受けたオカリナちゃんの音をならそうと思います。
あっところで1/fの扇風機ってあれ嘘っぱちじゃないですか?だって僕が知ってるのは単に周期的に強い風と弱い風が吹いていただけですよー。せめて3つくらいの2段階周期を組み合わせて、その関係に1/fを取り入れるってくらいにしてよー(とか今さら文句言ってみたりして…)

あーまた、文脈が乱れて(揺らぎ?)きましたので、この辺で…。
ラベル:1/f 揺らぎ 物理 感覚
posted by えんじろう at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

人の親切は

あいやー、漆黒に輝く焦げ餃子の夕食、おいしかったあるなぁ…。油の量が少なかったのか?水がなくなる瞬間を一瞬見逃していたせいかな…。明日は成功させようと思います。

前置き終了…。実は先日のは、実家に帰っておりました。昨日戻ってきた訳なのですが、駅のバス乗り場のところでちょっと申し訳ない事件がありました。
バスの時間を調べようとしていた僕に、見知らぬ人が声をかけてきたのです。バス会社の人の格好には見えなくて、なにやらスケッチブックのようなものをかけているその人は「どちらまで行かれるのですか?」と聞いてきました。なんだか妙に疑わしい気分になってしまい、自分で調べるからという意味で「大丈夫です」と言ってしまった僕…。その人は「失礼しました」と言ってどこかへ行ってしまいました。

なんとなく不安定な気分のままバスに乗り込むと、運転手さんがさっきの声の人と話をしているのが聞こえてきました。どうやらあの人もバス会社に関連している人らしいことが判りました。
同時に僕の中でものすごい後悔の念がこみ上げてきました。本当に、とんでもなく失礼なことをしてしまった。人の善意を無にする行為…。例えバス会社の人でなかったとしても、なぜもっと素直に応対できなかったのだろうか…。以前乞食に絡まれて以来、バス停で会う人には常に(と言うよりもどこ出会う人にも)警戒するようになってしまっているようです。

人の親切はもっと素直に受けるものだと頭では判っているのですが、不安要素も多分に抱えている…。なぁんかやるせない気分のまま、家路についたのでした。
そして多分見て下さっていることはないと思いますが、あのときの方に…本当に申し訳ないことをしてすみませんでした。
ラベル:親切 素直 疑い
posted by えんじろう at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

連休のご予定は?

さて皆様、ゴールデンウィークが迫って参りましたね。連休のご予定は、いかがなものでしょうか?

僕の方は…ちょっとだけ予定が入ってきています。ここでLIVEの告知…なんぞできるようになったらうれしいことですが…。ライブとは全く関係ない予定なんですねぇ。
まず今週末土曜日に、久々に会う懐かしい仲間と共に飲み会です。最近は飲んでいないので、すっかりお酒に弱くなりました。でも飲むのは次いで、目的は懐かしい面々と話をすることですから、きっと楽しいひとときにできるんじゃないかって思ってます。
そしてゴールデンウィークの3から6日ですが、2日に仕事が終わってから静岡に向かいます。これまたライブとは無関係ですが、昔お世話になった先生の家に泊まりがけで遊びに行きます。こういう恩師がいると言うことは、とっても感謝すべきことだなぁっと感じます。

今のところそれ以降の予定は未定…。あまり詰め込みすぎても後がつらいですし、最近部屋の管理をすっかり怠っているので、全面掃除をしないといけないなぁとつくづく感じています。体の方も早く正常な状態になって欲しいものです…。
パソコンの整理もしたいしオカリナも吹き続けたいし…。あぁ、やりたいことだらけで本当に自分の時間が欲しいです。あぁ、凍り付いた時の中で、永遠にオカリナを吹き続けていたいよぉ…。

皆様もどうぞ、良いゴールデンウィークをお過ごし下さいね。意外と待っている今の時期が、本当に楽しい時期だったりするんですけどねぇ。
posted by えんじろう at 21:45| Comment(6) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

社会の海

自分の家を、一歩踏み出せば
そこは、社会と言う名の海…。
人間達から、波紋のように広がる
様々な感情が、渦巻いている。


憎しみ、ねたみ
悔しさ、あきらめ
悩み、不満
優しさ、満足感


それらは全部、幻で
それらは全部、思いこみで
それらが全部、真実で
それらが全部、結果となる


ドロッとしたところを避け、
サラサラ流れる水に、触れていたい…。
ドロッとしたものを生み出さず、
サラサラした水を、湧き出せるようになりたい…。


社会の海で、溺れそうになりながら
誰かの作り出した水を、感じ続ける。
昨日も今日も、明日も…。
いいわけなど…
ラベル: 人間 社会
posted by えんじろう at 23:09| Comment(3) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

幸せな休日の過ごし方

週の半ばに休みがあるって言うのは、本当に幸せを感じてしまいます。毎週こうなら、もっと仕事ががんばれそうなのになぁ…。ぼやきは辞めて!

今日は緑の日でお休みでしたね。…というのは過去の話。今では昭和の日と呼ぶらしいですね。あまり祝日をあっちゃこっちゃ動かしたり、名前を変えたりしないで欲しいのですが…。
お天気も良くお出かけには良さそうな日だったのですが、僕はずぅっと家に隠ってました。でもオタッキーな過ごし方ではなく、すっごく久しぶりの部屋の全面掃除をしたのです。エアコンフィルターも綺麗にして、満足満足…。掃除をし終わったのは14時過ぎ、急いでお昼を作って食べました(おやつ状態)こういうのは胃に悪いので、気をつけなくてはいけません。
その後はオカリナ用の伴奏を準備したり、久々にキーボードをいじりました。そしてお腹が落ち着いてくるのを待って、やっぱり防音室に隠ってオカリナ吹きまくり状態になったというわけです。幸せ…。久々に楽しい気持でオカリナといちゃつきました。

こうして、ゴールデンウィーク前のお祝いの休日が、終わってゆくのでした。さぁ、明日から3日間がんばって、またお休みが来るのを楽しみにするとしましょう。連休の予定、また一個増えましたぁ(うれしいなぁ)
ラベル:祝日 生活
posted by えんじろう at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary | 更新情報をチェックする